GANREF被写体別ワークショップ 特別編 礒村浩一先生のポートレート撮影ゼミ

現在表示しているページ
ホーム > GANREF被写体別ワークショップ > 礒村浩一先生のポートレート撮影ゼミ
受付は終了しました

GANREFメンバーの皆さん、こんにちは。来たる2016年5月8日(日)に、「GANREF被写体別ワークショップ 礒村浩一先生のポートレート撮影ゼミ」を開催します。

「礒村浩一先生のポートレート撮影ゼミ」の概要

日時 撮影実習:2016年5月8日(日) 10時~19時頃まで
作品講評会:2016年6月4日(土) 時間未定
場所 撮影実習:小湊鐵道沿線(千葉県)
作品講評会:インプレスセミナールーム(千代田区神保町)
講師 写真家・礒村浩一先生
募集人数 10名(先着順) ※最大13名、最少催行人数6名
受講料(税込) 一般メンバー:21,600円
プレミアムサービス加入者:21,100円
(撮影実習には旅行傷害保険料を含む)

※受付延長期間中は加入状況に関係なく一般メンバー価格となります

集合解散場所 撮影実習:JR/小湊鐵道・五井駅
作品講評会:講評会会場
申し込み締切 2016年4月25日(月) 12時(正午)
※受付期間中でも定員に達した場合は締め切らせていただきます

鉄道・風景・旅、さまざまな切り口で撮影できるポートレート撮影会

プロフェッショナルメンバー・礒村浩一先生と参加者のみなさんで、小湊鐵道沿線でのポートレート撮影を行います。撮影に加えて別途、作品講評会も予定しており、被写体の魅力や実際の撮影/仕上げのテクニックなどを体験しながら学ぶ、楽しい企画です。

講師 礒村浩一先生からのメッセージ
都心から最も近い里山を走るローカル鉄道として、人気の高い小湊鐵道とその沿線を舞台にしたスナップ&ポートレート撮影ワークショップです。第4回となる今回は、レトロな鉄道路線として有名な小湊鐵道沿線の光景や駅舎などを背景に実践的なポートレート撮影実習を行います。今年もモデルにはGANREFで人気の夏弥さんをお迎えしますので、レトロな鉄道風景にて魅力的なモデルさんのポートレート撮影を楽しみましょう。

撮影実習ではニッシンジャパンのワイヤレスコントロールストロボ「ニッシンデジタルAti1+Di700A」を使ったワイヤレスライティング実習も行います。また露出計メーカーのセコニックの協力により、 ワークショップ参加者への露出計の貸し出しも予定されています。 ポートレート撮影を通じてより正確な露出設定を導きだせる露出計の使い方も学べます。 またセコニックのカラーメーター「スペクトロマスターC-700」の体験使用も出来ます。
更にプロ用機材を多く取り扱うアガイ商事(http://www.agai-jp.com)の協力により高機能レフ板やディフューザーを実際に使用していただき、その効果を実感していただく実践的なワークショップとなります。

礒村浩一先生プロフィール
写真家。人物ポートレートから商品、建築、舞台写真、アート作品など幅広く撮影を行う。GANREF、デジカメWatch等にて撮影テクニックや新製品デジカメ&レンズなどのレビュー記事も寄稿。 GANREF特別企画「ポートレート撮影術&おすすめアイテム」「写真家・礒村浩一が教える簡単レタッチのススメ 初めてでもこの5ワザで印象的な作品に仕上がる!~ペンタブレット活用~」 にてレポートを担当。CP+、Photonextにおいても講師としてセミナーを担当。 2015年9月よりデジタルハリウッド「カメラの学校」講師。カメラグランプリ2016選考委員。
» ポートフォリオを見る
» 礒村浩一先生のホームページ

夏弥プロフィール
多彩な表情とポージングで人気のモデル。おもに個人撮影や撮影会のモデルとして活躍するとともに、GANREF特別企画やデジカメWatch新製品レビューなどでも作例モデルとしての活躍の場を広げる。GANREFメンバーにもファンが多く、彼女を捉えた多くの作品がポートフォリオに公開されている。
» GANREFで夏弥さんの写真を見る
» 夏弥さんのブログ「Beatiful Summer」

礒村浩一先生が撮影した作品
日時と場所

<撮影実習>
2016年5月8日(日)
10時:JR/小湊鐵道・五井駅に集合。小湊鐵道沿線をロケ車で移動しながら撮影。
19時:五井駅解散。

※撮影実習だけの参加もOKです。
※雨天決行です。ただし公共交通機関に影響がある天候の場合、または警報が発令された場合は中止することがあります。

<作品講評会>
2016年6月4日(土)時間未定

募集人数
10名(先着順)

※最大13名まで。お申し込みが最少催行人数(6名)に満たない場合は、開催を取りやめる場合があります。

受講料(税込)
一般メンバー:21,600円
プレミアムサービス加入者:21,100円
(撮影実習には旅行傷害保険料を含む)

※受付延長期間中は加入状況に関係なく一般メンバー価格となります
※受講料は、「インプレス直販サービスサイト」でのお支払いとなります。
※お支払いは「クレジットカード」「コンビニ決済」のみとさせていただきます。
※参加時にかかる費用(集合解散場所までの交通費等)は各自で負担してください。
※ワークショップ当日に、注文確認メールのプリントアウトを確認させていただきます。
※申し込み後は、いかなる場合も受講料の返金はできません。ただし、開催が中止となった場合は返金いたします。

申し込み資格
GANREFクラブメンバーであること →GANREFクラブメンバー登録はこちら

※GANREFクラブメンバーを退会すると受講資格を失います。
※15歳以上の未成年の方が参加する場合は、親権者の同意書提出が必要です。
※15歳未満の方が参加する場合は、親権者の同意書提出に加えて保護者の同伴が必要です。
※未成年者が参加する場合の詳細は運営スタッフまでお問い合わせください。

申し込み締切
2016年4月25日(月) 12時(正午)
※先着順で定員になり次第終了
申し込み方法
このページの一番下にあるボタンをクリックすると表示されるページに必要事項をご入力の上、送信してください。その他の方法では申し込みいただけません。
参加者の決定、通知、受講料のご入金
参加が受理された申し込み者には、メールにて受付完了のお知らせをお送りします。受講料のお支払いについては、催行が決定した段階で改めてご連絡します。

※申し込みが完了しても、定員を超える申し込みがあった場合は参加いただけないことがあります。
※指定の期日までに受講料支払手続きとご入金が確認できない場合は、ワークショップに参加いただけません。
※「ganref.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。

持ち物について
  • デジタルカメラ
  • レンズ
  • バッテリー
  • メモリーカード
  • 三脚
  • ケーブルスイッチ・リモコン等
  • 露出計(お持ちの方)
  • 屋外での実習となるため気候を考慮した服装、歩きやすい靴、雨天決行の為の雨具等
ご注意
  • 本ワークショップでモデルを撮影した写真は、GANREFでの発表以外には他に掲載する事はできません。それ以外に発表した場合は、法的な責任が問われることがあります。

  • 申し込みされていないご家族、お知り合い等の同伴はお断りさせていただきます。
  • 参加時の撮影機材は各自ご用意ください。
  • 当日に撮影した作品をフォトコンテストにご応募いただくことは可能です(被写体の肖像権、著作権などの問題等は各自でクリアしてください)。
  • 雨天決行です。公共交通機関に影響が出るような天候の場合は日時変更、あるいは中止とさせていただく場合があります。
  • ワークショップの模様はGANREF等でレポート(写真・動画含む)が掲載されることがあります。
申し込み時にご入力いただく個人情報の取り扱いについて
申し込み時にご入力いただいた個人情報は、申し込み者への連絡以外の目的には使用いたしません。

GANREF被写体別ワークショップについて

「GANREF被写体別ワークショップ」とは、毎回、ある被写体/テーマに絞って、そのジャンルのプロ写真家を講師に招き、ワークショップ(体験型講座)形式で、被写体に関すること、機材選び、撮影方法、作品の仕上げ方などを学ぶ、GANREF主催のユーザー参加型企画です。
すでにその被写体/テーマに魅了されて作品作りに取り組んでいる方、その被写体/テーマに興味があっていつかやってみたいと思っている方、メインの被写体/テーマが決まらずまだ被写体探しをしている方、どんな方でも大歓迎です。
プロ写真家の案内で、気になる被写体/テーマの魅力的な世界を体験してみてください。

受付は終了しました


↑ページの先頭へ