GANREF被写体別ワークショップ 小澤太一先生の“撮らない”ゼミ ゲネプロ版

現在表示しているページ
ホーム > GANREF被写体別ワークショップ > 小澤太一先生の“撮らない”ゼミ ゲネプロ版
受付は終了しました

GANREFメンバーの皆さん、こんにちは。来たる2016年8月20日(土)に、「GANREF被写体別ワークショップ 小澤太一先生の"撮らない"ゼミ ゲネプロ版」を開催します。「ゲネプロ版」としているのは、内容が今までになく革新的なゼミでありその初回のため、受講者のみなさんにも「ゲネプロ(通し稽古)」に参加いただきたいという思いも込めています。みなさんといっしょに新しい形のゼミを作れればという気持ちです。

「小澤太一先生の“撮らない”ゼミ ゲネプロ版」の概要

日時 2016年8月20日(土)13:00~19:00
ゼミは「セミナー」「撮影実習」「講評会」の3部構成です。
場所 セミナー・講評会:インプレスセミナールーム(千代田区神保町)
“撮らない”撮影実習:新宿区神楽坂周辺
講師 写真家・小澤太一先生
募集人数 10名(申込み多数の場合は講師による選考で決定)
※最大12名、最少催行人数1名
受講料
(税込)
3,240円(旅行傷害保険料含む)

※竹橋-神楽坂の往復の交通費は各自負担
※プレミアムサービス加入者割引はありません

集合解散場所 インプレス(千代田区神保町)
申し込み締切 2016年8月8日(月) 12時(正午)

神楽坂で街歩きスナップ……でも普通には撮らない!?

プロフェッショナルメンバー・小澤太一先生の指導を受けながら、参加メンバーの皆さんで、迷路のような横丁や情緒あふれる路地などのレトロな街並みが残る神楽坂を散策しながらのユニークな撮影実習を行います。撮影前後にはセミナー、講評会も予定しています。

講師 小澤太一先生からのメッセージ
今回のワークショップは『撮らないWS』と銘打った、かなりの実験です!

普段ならまずは撮影をしてしまって、それがうまく撮れているかどうかチェックしたりするのが、よくある撮影の流れだと思いますが、今回のWSは違います。最初にやるのは、『なにを見てシャッターを切ろうとしたのか』をしっかり理解することです。

いいな……と思ってシャッターを切っても、後からその写真を見返すと、最初に思ったほどの感動が写ってなかった、いい写真にならなかった……なんてこと、結構ありますよね? それは何が原因なのでしょう?

技術なのか、感性なのか、他の要素なのか……それをしっかり探ってみます。きっとこれまでにないタイプ(?)のWSになると思います。

とはいえ、最後にはシャッターを切るんですよ。なので、WSにはしっかりカメラも持ってきてくださいね(笑)。やっと切ったシャッターの写真を見ながら、自分の感動が写真に写っているのかを当日中に検証します。これも普段とは違う『写真の発表方式』を計画しています。この作業が結構大事なポイントになるはずです。

最終的にこのWSがどのような結果を生み出すのか、現時点では未知数です。なので『お試し』ということで、参加しやすい料金になっています。ぜひ一緒にこの未知数WSを作り上げる仲間を募りたいと思います。

きっと参加してみると、これからの撮影の仕方が少しだけ変わるかもしれませんよ。それだけ意味のある実験をしたいと思っているし、なにより僕自身も『これ、なんだか面白そう!』と思っているのですから…。

【一緒にワクワクドキドキソワソワしてみませんか?】

小澤太一先生プロフィール
1975年名古屋生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、アシスタントを経て独立。雑誌を中心とした人物撮影が活動のメイン。写真雑誌ではテクニックの解説やエッセイなど執筆したり、キヤノン、リコーなどでは講師としても活動している。海外でのスナップ撮影をライフワークとして、写真展なども開催している。
» ポートフォリオを見る
» 小澤太一先生のホームページ

日時と場所
<セミナー・撮影実習・講評会>
2016年8月20日(土)
13時:インプレスに集合してセミナー
14時30分:神楽坂にて撮影実習
17時:講評会

※雨天決行です。ただし公共交通機関に影響がある天候の場合、または警報が発令された場合は中止することがあります。

定員
10名(申込多数の場合は講師による選考)

※お申し込みが最少催行人数(1名)に満たない場合は、開催を取りやめる場合があります。

受講料(税込)
3,240円(旅行傷害保険料含む)

※プレミアムサービス加入者割引はありません
※受講料は、「インプレス直販サービスサイト」でのお支払いとなります。
※お支払いは「クレジットカード」「コンビニ決済」のみとさせていただきます。
※参加時にかかる費用(集合解散場所までの交通費等)は各自で負担してください。
※竹橋-神楽坂の往復の交通費は各自負担になります。
※申し込み後は、いかなる場合も受講料の返金はできません。ただし、開催が中止となった場合は返金いたします。

申し込み資格
GANREFクラブメンバーであること →GANREFクラブメンバー登録はこちら

※GANREFクラブメンバーを退会すると受講資格を失います。
※15歳以上の未成年の方が参加する場合は、親権者の同意書提出が必要です。
※15歳未満の方が参加する場合は、親権者の同意書提出に加えて保護者の同伴が必要です。
※未成年者が参加する場合の詳細は運営スタッフまでお問い合わせください。

申し込み締切
2016年8月8日(月) 12時(正午)

※定員になり次第終了

申し込み方法
このページの一番下にあるボタンをクリックすると表示されるページに必要事項をご入力の上、送信してください。その他の方法では申し込みいただけません。
参加者の決定、通知、受講料のご入金
参加が受理された申し込み者には、メールにて受付完了のお知らせをお送りします。受講料のお支払いについては、催行が決定した段階で改めてご連絡します。

※申し込みが完了しても、定員を超える申し込みがあった場合は参加いただけないことがあります。
※指定の期日までに受講料支払手続きとご入金が確認できない場合は、ワークショップに参加いただけません。
※「ganref.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。

持ち物・服装について
  • デジタルカメラ
  • レンズ
  • バッテリー
  • メモリーカード
  • 動きやすい服装
ご注意
  • 申し込みされていないご家族、お知り合い等の同伴はお断りさせていただきます。
  • ワークショップの模様はGANREF等でレポート(写真・動画含む)が掲載されることがあります。
申し込み時にご入力いただく個人情報の取り扱いについて
申し込み時にご入力いただいた個人情報は、申し込み者への連絡以外の目的には使用いたしません。

GANREF被写体別ワークショップについて

「GANREF被写体別ワークショップ」とは、毎回、ある被写体/テーマに絞って、そのジャンルのプロ写真家を講師に招き、ワークショップ(体験型講座)形式で、被写体に関すること、機材選び、撮影方法、作品の仕上げ方などを学ぶ、GANREF主催のユーザー参加型企画です。
すでにその被写体/テーマに魅了されて作品作りに取り組んでいる方、その被写体/テーマに興味があっていつかやってみたいと思っている方、メインの被写体/テーマが決まらずまだ被写体探しをしている方、どんな方でも大歓迎です。
プロ写真家の案内で、気になる被写体/テーマの魅力的な世界を体験してみてください。

受付は終了しました


↑ページの先頭へ