GANREF被写体別ワークショップ 米津 光先生の身近な被写体をアートに変える撮影術

現在表示しているページ
ホーム > GANREF被写体別ワークショップ > 米津 光先生の身近な被写体をアートに変える撮影術
受付は終了しました

GANREFメンバーの皆さん、こんにちは。来たる2016年12月17日(土)に、「GANREF被写体別ワークショップ 米津 光先生の身近な被写体をアートに変える撮影術」を開催します。

「米津 光先生の身近な被写体をアートに変える撮影術」の概要

日時 2016年12月17日(土) 11時30分~17時00分
※作品講評会も同日に実施します
場所 東京都・目黒区立田道住区センター会議室
講師 写真家・米津 光先生
募集人数 20名(先着順) ※最少催行人数10名
受講料(税込) 一般メンバー:9,799円
プレミアムサービス加入者:9,299円

※プレミアムサービス加入者は受講料が割引になります。初めての方は利用料金が初月無料となります(当月中に解約すれば利用料金は発生しません)。サービス内容とお申し込みはこちらから。

集合解散場所 現地集合・解散
申し込み締切 2016年12月7日(水) 12時(正午)
※受付期間中でも定員に達した場合は締め切らせていただきます

被写体を見極め、アート作品に昇華させる視点を学ぶ

プロフェッショナルメンバー・米津光先生の指導で、身近な被写体をアートに変える撮影術を学びます。
撮影実習に加えて、作品講評会も予定しており、被写体の魅力や実際の撮影/仕上げのテクニックなどを体験しながら学ぶ、楽しい企画です。

講師 米津 光先生からのメッセージ
撮影に出かけても、お天気に恵まれなかったから撮れなかったとか、魅力的な被写体に出会わなかったから撮れなかったという経験があると思います。
どのような撮影でも被写体に恵まれなければ良い作品には繋がりません。
しかし仮に良い被写体があっても、それを見逃していたり的確な撮影をしなければ、これも作品には繋がりません。
今回はすぐそばにあるものを、被写体として利用する視点と意識を持つことで、今後のどのような状況にも対応できる技を身につけることを目的としたWSです。
WSの内容は会議室での撮影となります。
部屋の窓や壁がつくりだす線と面、入ってくる光がつくる陰影などを無駄の無い構図で切り取り、そしてその構図を生かす画面の色調や濃度の決定の仕方を考えます。このような地味と思える作業の繰り返しが、その後のスナップ、風景、ポートレート、静物等の撮影時に必ず生きてきます。
この考え方に共感してくださる方々のご参加をお待ちしています。

米津 光先生プロフィール
1956年生。大阪芸術大学写真学科中退。その後独学で広告写真の道へ。本業のかたわら、2005年より風景撮影を始める。 日本各地の国道および主要道路沿いにある何げない風景の中に潜む美を被写体にする作品を制作。日本広告写真家協会会員
» ポートフォリオを見る
» 米津 光先生のホームページ

米津 光先生が撮影した作品
日時と場所

<撮影実習>
2016年12月17日(土)
11時30分:目黒区立田道住区センター会議室に集合し、撮影。
15時30分:撮影終了し、プロジェクターで作品講評。
17時:作品講評会終了、解散。

※昼食は各自ご用意下さい。
※雨天決行です。ただし公共交通機関に影響がある天候の場合、または警報が発令された場合は中止することがあります。

定員
20名(先着順)

※お申し込みが最少催行人数(10名)に満たない場合は、開催を取りやめる場合があります。

受講料(税込)
一般メンバー:9,799円
プレミアムサービス加入者:9,299円

※プレミアムサービス加入者は受講料が割引になります。初めての方は利用料金が初月無料となります(当月中に解約すれば利用料金は発生しません)。サービス内容とお申し込みはこちらから。
※受講料は、「インプレス直販サービスサイト」でのお支払いとなります。
※お支払いは「クレジットカード」「コンビニ決済」のみとさせていただきます。
※申し込み後は、いかなる場合も受講料の返金はできません。ただし、開催が中止となった場合は返金いたします。

申し込み資格
GANREFクラブメンバーであること →GANREFクラブメンバー登録はこちら

※GANREFクラブメンバーを退会すると受講資格を失います。
※15歳以上の未成年の方が参加する場合は、親権者の同意書提出が必要です。
※15歳未満の方が参加する場合は、親権者の同意書提出に加えて保護者の同伴が必要です。
※未成年者が参加する場合の詳細は運営スタッフまでお問い合わせください。

申し込み締切
2016年12月7日(水) 12時(正午)
※先着順で定員になり次第終了
申し込み方法
このページの一番下にあるボタンをクリックすると表示されるページに必要事項をご入力の上、送信してください。その他の方法では申し込みいただけません。
参加者の決定、通知、受講料のご入金
参加が受理された申し込み者には、メールにて受付完了のお知らせをお送りします。受講料のお支払いについては、催行が決定した段階で改めてご連絡します。

※申し込みが完了しても、定員を超える申し込みがあった場合は参加いただけないことがあります。
※指定の期日までに受講料支払手続きとご入金が確認できない場合は、ワークショップに参加いただけません。
※「ganref.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。

持ち物について
  • カメラ(デジタル1眼レフ、またはミラーレスカメラ)
  • レンズ 標準、標準ズーム、マクロをはじめ焦点距離は自由です
  • 予備バッテリー
  • SD、CF等のメディア
  • 三脚(無くても可)
  • PL、ND等のフィルター(無くても可)
ご注意
  • 当日に撮影した作品をフォトコンテストにご応募いただくことは可能です(被写体の肖像権、著作権などの問題等は各自でクリアしてください)。

  • 雨天決行です。公共交通機関に影響が出るような天候の場合は日時変更、あるいは中止とさせていただく場合があります。
  • ワークショップの模様はGANREF等でレポート(写真・動画含む)が掲載されることがあります。
申し込み時にご入力いただく個人情報の取り扱いについて
申し込み時にご入力いただいた個人情報は、申し込み者への連絡以外の目的には使用いたしません。

GANREF被写体別ワークショップについて

「GANREF被写体別ワークショップ」とは、毎回、ある被写体/テーマに絞って、そのジャンルのプロ写真家を講師に招き、ワークショップ(体験型講座)形式で、被写体に関すること、機材選び、撮影方法、作品の仕上げ方などを学ぶ、GANREF主催のユーザー参加型企画です。
すでにその被写体/テーマに魅了されて作品作りに取り組んでいる方、その被写体/テーマに興味があっていつかやってみたいと思っている方、メインの被写体/テーマが決まらずまだ被写体探しをしている方、どんな方でも大歓迎です。
プロ写真家の案内で、気になる被写体/テーマの魅力的な世界を体験してみてください。

受付は終了しました


↑ページの先頭へ