EOS 7D Mark II:キヤノン(canon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > キヤノン > EOS 7D Mark II

EOS 7D Mark IIのレビュー・撮影記

もっと見る

EOS 7D Mark IIのGANREFマガジン最新記事

キヤノン、「EOS 7D Mark II」「PowerShot G7 X」「PowerShot SX60 HS」などを発表

キヤノン株式会社は、9月16日、最高約10コマ/秒の連写速度を実現したデジタル一眼レフカメラ「EOS 7D Mark II」、交換レンズ3本「EF-S24mm F2.8 STM」「EF400mm F4 DO IS II USM」「EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」、およびコンパクトデジタルカメラ2機種「PowerShot G7 X」「PowerShot SX60 HS」を発表した。

公開日: 2014年09月16日

EOS 7D Mark IIの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 264
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 931

EOS 7D Mark IIの新着写真

EOS 7D Mark IIのマガジン記事

キヤノン、「EOS 7D Mark II」「PowerShot G7 X」「PowerShot SX60 HS」などを発表

公開日: 2014年09月16日

「EOS 7D Mark II」(正面、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM装着時)

「EOS 7D Mark II」(正面、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM装着時)

「PowerShot G7 X」(正面)

「PowerShot G7 X」
(正面)

「PowerShot SX60 HS」(正面)

「PowerShot SX60 HS」
(正面)

オールクロス65点AFセンサーを搭載した「EOS 7D」後継モデル

 キヤノン株式会社は、9月16日、最高約10コマ/秒の連写速度を実現したデジタル一眼レフカメラ「EOS 7D Mark II」、交換レンズ3本「EF-S24mm F2.8 STM」「EF400mm F4 DO IS II USM」「EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」、およびコンパクトデジタルカメラ2機種「PowerShot G7 X」「PowerShot SX60 HS」を発表した。

 「EOS 7D Mark II」は、「EOS 7D」の後継モデルとなる、APS-Cフラッグシップ機だ。撮像素子は有効画素数約2,020万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)を採用。常用ISO感度の範囲は100~16000で、増感設定でISO 51200相当(動画撮影時はISO 25600相当)まで使用できる。なお「EOS 7D」の有効画素数は約1,800万画素、ISO感度の範囲は100~6400(増感設定でISO 12800相当)だった。
 連写速度は最高約10コマ/秒(「EOS 7D」は約8コマ/秒)、レリーズタイムラグは最速55m/sec(「EOS 7D」は59m/sec)とレスポンスが向上しているほか、AFセンサーは65点オールクロスセンサーとなっており、「EOS 7D」の19点から測距点数が大幅に増加している。中央1点はF2.8対応デュアルクロスとなっている。また低輝度限界は中央で-3EVと、こちらも「EOS 7D」の-0.5EVから進化している。なお、測距エリアは「スポット1点」「1点」「領域拡大(上下左右)」「領域拡大(周囲)」「ゾーン」「ラージゾーン」「65点自動選択」から選択可能。ボディ背面には測距エリア選択レバーが設置されており、素早く測距エリア選択モードを切り替えられるようになっている。さらに、被写体の顔や色を認識する「EOS iSA System」をAFに活用。被写体が、速度や方向の急変により測距点を外れても、認識した情報から測距点を移動させてピントを合わせ続けるという。ライブビュー中のAFに関しては、デュアルピクセルCMOS AFが採用されている。
 AIサーボAFも進化しており、AIサーボAF IIIでは被写体が測距点から外れたり、障害物が入ったりしても、被写体をできる限りとらえ続ける高い予測精度、安定性を実現しているという。また、AFカスタム設定で「Case1」~「Case6」を被写体に合わせて選ぶだけで、AIサーボAF特性を最適化するという。
 新機能については、フリッカー光源を検知し、特に連写時、露出や色のばらつきを抑えられる「フリッカーレス撮影」や、指定した間隔と回数で自動撮影をする「インターバルタイマー」、バルブモード時に指定した時間の間バルブ撮影を続ける「バルブタイマー」などが搭載された。
 ボディは、トップ、リア、フロントカバーにマグネシウム合金を採用。防塵・防滴性能も強化されているという。ボディのサイズは148.6×112.4×78.2mm(W×H×D)、重さはボディのみで820g。カードスロットはCFとSDのダブルスロットが採用された。また、GPS機能が内蔵されている。ファインダーは視野率約100%で、フォーカシングスクリーンの交換が可能となっている。同日、専用の縦位置グリップ「バッテリーグリップ BG-E16」も発表された。
 ラインアップはボディ単体のほか、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」が付属するEF-S18-135 IS STM レンズキット、「EF24-70mm F4L IS USM」が付属するEF24-70 F4L IS USM レンズキットが用意される。

 同時に発表されたレンズは、「EF-S24mm F2.8 STM」「EF400mm F4 DO IS II USM」「EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」の3本。
 「EF-S24mm F2.8 STM」はEF-Sレンズ初のパンケーキレンズで、APS-C専用となっている。35mm判換算38mm相当の画角で、最短撮影距離は16cm、最大撮影倍率は0.27倍。非球面レンズを採用することにより、高画質を実現しているという。
 「EF400mm F4 DO IS II USM」は、従来モデルから光学性能を大幅に向上させた小型・軽量の超望遠レンズだ。DOとはDiffractive Opticsの略。光が障害物の端を通過するときに障害物の裏側に回り込む「回折」という現象があり、DOレンズでは、この現象を利用して光の進路をコントロールすることで各収差を補正するという。手ぶれ補正の段数も向上。また「EF400mm F2.8L IS II USM」の約半分の重量(約2,100g)となっている。
 「EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」は、35mm判フルサイズモデル向けのIS搭載標準ズームレンズだ。STM採用により、快適な静止画・動画撮影を実現しているという。

1型センサーを搭載した「PowerShot G7 X」と
65倍ズームの「PowerShot SX60 HS」

 「PowerShot G7 X」は、有効画素数約2,020万画素の1型CMOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラだ。レンズは35mm判換算24~100mm相当の光学4.2倍となっている。AF枠は31点、連写速度は最高6.5コマ/秒、最短撮影距離は5cm。星空モードを含むシーンモードや、NDフィルターも搭載している。ボディのサイズは103×60.4×40.4mm(W×H×D)、重さはバッテリー、メモリーカードを含めて約304g。背面液晶モニターは3型・約104万ドットで、180度展開できるチルト式タッチパネルが採用された。また、Wi-Fi、NFC機能を搭載している。
 「PowerShot SX60 HS」は35mm判換算21~1,365mm相当の光学65倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラだ。望遠側での撮影時に、被写体が画角から外れた際の被写体探索をアシストする「フレーミングアシスト」機能を搭載。これは、探索ボタンを押すことでズームアウトして被写体を探し、探索ボタンを離すと元の画角に戻るという機能だ。センサーサイズは1/2.3型で、有効画素数は約1,610万画素。背面液晶モニターは3型・約92万ドットで、バリアングルとなっている。また、Wi-Fi、NFC機能を搭載している。

 今回発表された製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
EOS 7D Mark II ボディ オープン価格
(208,000円前後)
2014年11月上旬
EOS 7D Mark II EF-S18-135 IS STM レンズキット (「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」付属) オープン価格
(248,000円前後)
2014年11月上旬
EOS 7D Mark II EF24-70 F4L IS USM レンズキット (「EF24-70mm F4L IS USM」付属) オープン価格
(338,000円前後)
2014年11月上旬
バッテリーグリップ BG-E16 29,000円 2014年11月上旬
EF-S24mm F2.8 STM 23,000円 2014年11月下旬
EF400mm F4 DO IS II USM 899,000円 2014年11月下旬
EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM 70,000円 2014年12月下旬
PowerShot G7 X オープン価格
(67,000円前後)
2014年10月3日
PowerShot SX60 HS オープン価格
(57,000円前後)
2014年10月3日
「EOS 7D Mark II」(正面)

「EOS 7D Mark II」
(正面)

「EOS 7D Mark II」(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM装着時)

「EOS 7D Mark II」(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM装着時)

「EOS 7D Mark II」(EF24-70mm F4L IS USM装着時)

「EOS 7D Mark II」(EF24-70mm F4L IS USM装着時)

「EF-S24mm F2.8 STM」

「EF-S24mm F2.8 STM」

「EF400mm F4 DO IS II USM」

「EF400mm F4 DO IS II USM」

「EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」

「EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」

「PowerShot G7 X」(正面)

「PowerShot G7 X」
(正面)

「PowerShot G7 X」(背面)

「PowerShot G7 X」
(背面)

「PowerShot G7 X」(上面)

「PowerShot G7 X」
(上面)

「PowerShot SX60 HS」

「PowerShot SX60 HS」

   

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 0

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/canon/2697#imp_507

EOS 7D Mark IIの性能テスト比較(旧機種、ライバル機種)

キヤノン EOS 7D Mark II キヤノン EOS 7D
解像力

解像力

  • 解像度:3,164本
  • 画素数(短辺):3,648画素
  • 解像効率:0.867

解像力

  • 解像度:3,035本
  • 画素数(短辺):3,456画素
  • 解像効率:0.878
ダイナミックレンジ

標準

標準

  • ハイライト側階調:3.3段
  • シャドウ側階調:5.4段
  • ダイナミックレンジ(合計):8.7段
  • 実効ISO感度:119

標準

標準

  • ハイライト側階調:3.2段
  • シャドウ側階調:5.9段
  • ダイナミックレンジ(合計):9.1段
  • 実効ISO感度:123
ISO感度

高感度NR:しない

100

高感度NR:しない

1600

高感度NR:しない

高感度NR:しない

100

高感度NR:しない

1600

高感度NR:しない

EOS 7D Mark IIの主要スペック比較(旧機種、ライバル機種)

キヤノン EOS 7D Mark II キヤノン EOS 7D
画素数 2020万画素 1800万画素
撮像素子 CMOS CMOS
記録メディア CFカード(UDMA対応)、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード CFカード(UDMA対応)
液晶モニター 3.0型 約104万ドット 3.0型 約92万ドット
大きさ 148.6×112.4×78.2mm 148.2×110.7×73.5mm
重さ 約910g 約820g

関連写真

このカメラで撮影された写真


↑ページの先頭へ