EOS 80D:キヤノン(canon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > キヤノン > EOS 80D

EOS 80Dのレビュー・撮影記

もっと見る

EOS 80DのGANREFマガジン最新記事

キヤノン、「EOS 80D」「PowerShot G7 X Mark II」などを発表

キヤノン株式会社は、2月18日、2,420万画素CMOSセンサー、オールクロス45点AFセンサーを搭載した「EOS 80D」、新開発の「NANO USM」を搭載した交換レンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」などのデジタル一眼レフカメラおよび関連アイテム、1型センサーとDIGIC 7を搭載した「PowerShot G7 X Mark II」などコンパクトデジタルカメラ5機種を発表した。

公開日: 2016年02月18日

EOS 80Dの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 36
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 145

EOS 80Dの新着写真

EOS 80Dのマガジン記事

キヤノン、「EOS 80D」「PowerShot G7 X Mark II」などを発表

公開日: 2016年02月18日

「EOS 80D」(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM装着時)

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」

「PowerShot G7 X Mark II」

2,420万画素、オールクロス45点AF、ミラー振動制御システム搭載

 キヤノン株式会社は、2月18日、2,420万画素CMOSセンサー、オールクロス45点AFセンサーを搭載した「EOS 80D」、新開発の「NANO USM」を搭載した交換レンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」などのデジタル一眼レフカメラおよび関連アイテム、1型センサーとDIGIC 7を搭載した「PowerShot G7 X Mark II」などコンパクトデジタルカメラ5機種を発表した。

 「EOS 80D」は、「EOS 70D」の後継モデルとなる、ミドルクラスをメインターゲットとしたデジタル一眼レフカメラだ。撮像素子は有効画素数約2,420万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)を採用。常用ISO感度の範囲は100~16000で、感度拡張でISO 25600相当まで使用できる。なお「EOS 70D」の有効画素数は約2,020万画素、ISO感度の範囲は100~12800(感度拡張でISO 25600相当)だった。

 AFに関しては、オールクロス45点AFセンサーを採用。フォーカスポイントは45点と、「EOS 70D」の19点から大幅に増加している。中央1点はF2.8対応デュアルクロスとなっている。また低輝度限界性能も向上していて、中央で-3EVとなっている。連写速度は、ファインダー撮影時で最高約7コマ/秒。ライブビュー撮影時のAFについては、「EOS 70D」「EOS 7D Mark II」では対応レンズのみデュアルピクセルCMOS AF(撮像面位相差AF)で合焦となっていたが、「EOS 80D」ではMP-Eレンズ、TS-Eレンズを除くすべてのレンズでデュアルピクセルCMOS AFで合焦する。

 測光システムには、7,560画素RGB+IR測光センサーと、色情報を加味した測光アルゴリズムを採用。IR画素は赤外検知だけではなく、RGB画素とともに色検知にも利用されており、近赤外光検知やフリッカー検知などを加味した精度の高い露出制御を実現しているという。また、測距点自動選択での撮影時、7,560画素RGB+IR測光センサーとの連携により、人物が入っている場合は肌色を検知して人物にピントが合う確率が高くなっているという。そのほか、蛍光灯などの光源下で、速いシャッター速度で撮影した際に発生する露出や色のばらつきを軽減するフリッカーレス撮影も可能となっている。

 ピクチャースタイルには、「スタンダード」よりもエッジが細く、階調性や細部の表現を重視した「ディテール重視」を追加。彩度は「スタンダード」に近く、階調性は「ニュートラル」同等としている。またオートホワイトバランスに「ホワイト優先」を追加。白熱電球下などで撮影したときに、赤みの少ない写真にすることができるという。

 ファインダー視野率は約100%、ファインダー倍率は約0.95倍。ミラーには、「EOS 5Ds」や「EOS 7D Mark II」に続き、メインミラーとサブミラーそれぞれの衝突前にブレーキをかけてミラー衝突時の衝撃の低減を図る、ミラー振動制御システムを搭載している。
 モードダイヤルは、各シーンモードを「スペシャルシーンモード」として統合。またクリエイティブフィルターとHDR仕上がり効果は「クリエイティブフィルターモード」にセットすることで、各モードを選択することができる。

 ボディのサイズは139×105.2×78.5mm(W×H×D)、重さはボディのみで約650g。Wi-Fi/NFC内蔵。背面液晶モニターには、バリアングル式のタッチパネル液晶モニターが搭載されている。

 ラインアップはボディ単体のほか、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」が付属する18-55 IS STM レンズキット、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」が付属するダブルズームキット、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」が付属する18-135 IS USM レンズキットが用意される。

 同時に発表された「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」は、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」の光学系を継承しつつ、新開発の「NANO USM」を搭載した高倍率ズームレンズだ。「NANO USM」により、STM比、最大約4.3倍のAF高速化を実現しているという。また、手ぶれ補正効果は従来製品の3.5段分から、4段分へと向上しているという。「EOS 80D」のキットレンズに採用されている。
 そのほか、動画撮影で使用するアクセサリーも発表。「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」に装着することでズーム操作を電動化する「Power Zoom Adapter PZ-E1」、純正のステレオマイクロホン「DM-E1」が発売される。

「PowerShot G7 X Mark II」ほかコンパクトデジタルカメラ5機種

 「PowerShot G7 X Mark II」は、有効画素数約2,010万画素の1型CMOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラだ。映像エンジンには「DIGIC 7」を搭載。画質の向上だけではなく、手ぶれ補正効果の向上も実現しているという。ISO感度の範囲は125~12800。
 「PowerShot G7 X Mark II」の手ぶれ補正「デュアルセンシングIS」は、従来から使用されているジャイロセンサーによるぶれの検知に加え、撮像センサーの画像情報からぶれ量を検知。これらふたつの情報処理によりIS性能が向上し、4段分の手ぶれ補正効果(「PowerShot G7 X」は3段分)を実現している。そのほか、高感度時や絞り込んだ際の解像感、オートライティングオプティマイザの画質、主被写体の検出性能、動体の追尾性能が向上しているという。
 撮影機能については、流し撮りモードが搭載された。このモードにすると、カメラが被写体の特徴を解析して主被写体のぶれをISで抑制すると同時に、パンニング速度をカメラが解析して、設定した流し効果(背景のぶれ量)に適したシャッタースピードに自動的に設定される。
 ボディのサイズは105.5×60.9×42.2mm(W×H×D)、重さはボディのみで約294g。ボディの操作性については、コントローラーリングの動きをクリックとスムーズの2種類から選択できるようになった。変更はコントローラーリング部分にあるクリック/スムーズレバーを使用。焦点距離は35mm判換算24~100mm(F1.8~2.8)、背面液晶モニターは上180度、下45度のチルト式が搭載されている。

 そのほか、焦点距離35mm判換算24~960mm、サイズ109.7×63.8×35.7mmのコンパクト40倍ズームモデル「PowerShot SX720 HS」、焦点距離35mm判換算24~1,008mmの42倍ズームモデル「PowerShot SX420 IS」、焦点距離35mm判換算24~240mmの10倍ズームモデル「IXY 190」、焦点距離35mm判換算28~224mmの8倍ズームモデル「IXY 180」が発表された。

 今回発表された製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格・税別
(予想実勢価格)
発売予定日
EOS 80D ボディ オープン価格
(130,000円前後)
2016年3月25日
EOS 80D 18-55 IS STM レンズキット
(「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」付属)
オープン価格
(139,000円前後)
2016年3月25日
EOS 80D ダブルズームキット
(「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」付属)
オープン価格
(167,000円前後)
2016年3月25日
EOS 80D 18-135 IS USM レンズキット
(「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」付属)
オープン価格
(177,000円前後)
2016年3月25日
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM 83,000円 2016年3月25日
Power Zoom Adapter PZ-E1 25,000円 2016年6月下旬
DM-E1 39,000円 2016年6月下旬
PowerShot G7 X Mark II オープン価格
(78,000円前後)
2016年4月下旬
PowerShot SX720 HS オープン価格
(45,000円前後)
2016年3月下旬
PowerShot SX420 IS オープン価格
(32,000円前後)
2016年2月25日
IXY 190 オープン価格
(18,000円前後)
2016年2月25日
IXY 180 オープン価格
(13,000円前後)
2016年2月25日

「EOS 80D」(正面)

「EOS 80D」(背面)

「EOS 80D」(上面)

「EOS 80D」(グリップ側側面)

「EOS 80D」(端子カバー側側面)

「EOS 80D」(内蔵ストロボポップアップ時)

「EOS 80D」(背面液晶モニター展開時)

「EOS 80D」(背面液晶モニター展開時)

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」

「PowerShot G7 X Mark II」(正面)

「PowerShot G7 X Mark II」(背面)

「PowerShot G7 X Mark II」(上面)

「PowerShot G7 X Mark II」(底面)

「PowerShot G7 X Mark II」(背面液晶モニター展開時)

PowerShot SX720 HS(ブラック)

PowerShot SX420 IS

IXY 190(ブラック)

IXY 180(シルバー)

メーカーサイトで「キヤノン EOS 80D」の情報を見る
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/80d/index.html

メーカーサイトで「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」の情報を見る
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef-s/ef-s18-135-f35-56is-usm/index.html

メーカーサイトで「PowerShot G7 X Mark II」の情報を見る
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g7xmk2/

メーカーサイトで「PowerShot SX720 HS」の情報を見る
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/sx720hs/

メーカーサイトで「PowerShot SX420 IS」の情報を見る
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/sx420is/

メーカーサイトで「IXY 190」の情報を見る
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/ixy/190/

メーカーサイトで「IXY 180」の情報を見る
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/ixy/180/

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 1

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/canon/2907#imp_536

EOS 80Dの主要スペック比較(旧機種、ライバル機種)

キヤノン EOS 80D キヤノン EOS 70D
画素数 2420万画素 2020万画素
撮像素子 CMOS CMOS
記録メディア SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード
液晶モニター 3.0型 約104万ドット 3.0型 約104万ドット
大きさ 139×105.2×78.5mm 139×104.3×78.5mm
重さ 約730g 約675g

関連写真

このカメラで撮影された写真


↑ページの先頭へ