D850のスペック

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > ニコン > D850 > スペック

D850の掲示板

もっと見る

D850で撮影された写真

  • 栄村、野々海池
  • 黄昏に祈る
  • 本日の一枚 パパのダイブ
  • 帰港、そして家路へ
  • コンパニネーチャン2(D850撮り)
  • コンパニネーチャン1(D850撮り)
気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 122
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 147
主な仕様
型式 レンズ交換式一眼レフレックスタイプデジタルカメラ
記録媒体 SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード、XQDメモリーカード
撮像画面サイズ 35mm Full
ピクセルピッチ 4.3μm
使用レンズ ニコンFマウント
有効撮影画角 等倍
レンズマウント ニコンFX
撮像素子
形式 CMOS
有効画素数 約4,575万画素
アスペクト比 3:2
ローパスフィルター なし
ダスト除去機能
  • 自動センサークリーニング
  • 手動センサークリーニング
  • ダストデリート(ソフトウェア)
  • ボディ内手ぶれ補正機構
    ボディ内手ぶれ補正機構 非搭載
    最大効果(シャッタースピード換算)
    記録形式
    ファイルサイズ ・撮像範囲[FX(36×24)]の場合:
    8256×5504ピクセル(サイズL:4544万画素)
    6192×4128ピクセル(サイズM:2556万画素)
    4128×2752ピクセル(サイズS:1136万画素)
    ・撮像範囲[1.2×(30×20)]の場合:
    6880×4584ピクセル(サイズL:3153万画素)
    5152×3432ピクセル(サイズM:1768万画素)
    3440×2288ピクセル(サイズS:787万画素)
    ・撮像範囲[DX(24×16)]の場合:
    5408×3600ピクセル(サイズL:1946万画素)
    4048×2696ピクセル(サイズM:1091万画素)
    2704×1800ピクセル(サイズS:486万画素)
    ・撮像範囲[5:4(30×24)]の場合:
    6880×5504ピクセル(サイズL:3786万画素)
    5152×4120ピクセル(サイズM:2122万画素)
    3440×2752ピクセル(サイズS:946万画素)
    ・撮像範囲[1:1(24×24)]の場合:
    5504×5504ピクセル(サイズL:3029万画素)
    4128×4128ピクセル(サイズM:1704万画素)
    2752×2752ピクセル(サイズS:757万画素)
    ・動画撮影メニュー[撮像範囲]を[FX]に設定し、動画撮影中に静止画撮影した場合:
    8256×4640ピクセル(サイズL:3830万画素)
    6192×3480ピクセル(サイズM:2154万画素)
    4128×2320ピクセル(サイズS:957万画素)
    ・動画撮影メニュー[撮像範囲]を[DX]に設定し、動画撮影中に静止画撮影した場合:
    5408×3040ピクセル(サイズL:1644万画素)
    4048×2272ピクセル(サイズM:919万画素)
    2704×1520ピクセル(サイズS:411万画素)
    RAW記録bit数 14bit
    色彩設定 オート、スタンダード、ニュートラル、ビビッド、モノクローム、ポートレート、風景、フラット、いずれも調整可能、カスタムピクチャーコントロール登録可能
    ホワイトバランス
    種類 オート(3種)、自然光オート、電球、蛍光灯(7種)、晴天、フラッシュ、曇天、晴天日陰、プリセットマニュアル(6件登録可、ライブビュー時にスポットホワイトバランス取得可能)、色温度設定、いずれも微調整可能
    色温度補正 2500K~10000K
    ファインダー
    方式 ペンタプリズム
    視野率 約100%
    倍率 約0.75倍
    アイポイント 接眼レンズ面中央から17mm(-1.0m-1のとき)
    視度調整範囲 -3~+1m-1
    フォーカシングスクリーン B型クリアマットスクリーンVIII(AFエリアフレーム付、構図用格子線表示可能)
    ミラー クイックリターン式
    オートフォーカス
    方式 TTL位相差検出方式
    測距点 フォーカスポイント153点(選択可能55点)、クロスタイプセンサー99点(選択可能35点)、F8対応15点(選択可能9点)
    輝度範囲 -4~+20EV(ISO 100、常温(20℃))
    フォーカスモード ・オートフォーカス:シングルAFサーボ(AF-S)またはコンティニュアスAFサーボ(AF-C)、被写体条件により自動的に予測駆動フォーカスに移行
    ・マニュアルフォーカス(M):フォーカスエイド可能
    AFフレーム選択 シングルポイントAFモード、ダイナミックAFモード(9点、25点、72点、153点)、3D-トラッキング、グループエリアAFモード、オートエリアAFモード
    露出制御
    測光方式 180Kピクセル(約180,000ピクセル)RGBセンサーによるTTL開放測光方式
    測光範囲 マルチパターン測光、中央部重点測光:-3~20EV、スポット測光:2~20EV、ハイライト重点測光:0~20EV
    ※ ISO 100、f/1.4レンズ使用時、常温20℃
    露出制御方式 P:プログラムオート(プログラムシフト可能)、S:シャッター優先オート、A:絞り優先オート、M:マニュアル
    ISO感度 ISO 64~25600(1/3、1/2、1ステップ)、ISO 64に対し約0.3、0.5、0.7、1段(ISO 32相当)の減感、ISO 25600に対し約0.3、0.5、0.7、1段、2段(ISO 102400相当)の増感、感度自動制御が可能
    最高ISO感度 ISO 102400
    露出補正 ±5段(1/3、1/2、1ステップ)
    AEロック 輝度値ロック方式
    シャッター
    形式 電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター、電子先幕シャッター(静音撮影、静音連続撮影、ミラーアップ撮影時)
    シャッター耐久回数
    シャッター速度 1/8,000~30秒(1/3、1/2、1ステップ)、Bulb、Time、X250
    最高シャッター速度 1/8,000秒
    セルフタイマー 作動時間:2、5、10、20秒、撮影コマ数:1~9コマ、連続撮影間隔:0.5、1、2、3秒
    リモコン
    内蔵ストロボ
    形式 非搭載
    調光方式 180Kピクセル(約180,000ピクセル)RGBセンサーによるTTL調光制御:i-TTL-BL調光(マルチパターン測光、中央部重点測光またはハイライト重点測光)、スタンダードi-TTL調光(スポット測光)可能
    ガイドナンバー
    充電時間
    照射角
    ストロボ調光補正 範囲:-3~+1段、補正ステップ:1/3、1/2、1ステップ
    FEロック
    ドライブ関係
    ドライブモード 1コマ撮影、低速連続撮影、高速連続撮影、静音撮影、静音連続撮影、セルフタイマー撮影、ミラーアップ撮影
    連続撮影速度(高速) 最高約9.0コマ/秒
    連続撮影速度(低速) 約3.0コマ/秒
    連続撮影可能枚数(JPEG)
    連続撮影可能枚数(RAW)
    連続撮影可能枚数(RAW+JPEG)
    ライブビュー機能
    撮影方式 ライブビュー撮影
    フォーカス コントラストAF方式、全画面の任意の位置でAF可能(顔認識AFまたはターゲット追尾AFのときは、カメラが決めた位置でAF可能)
    測光方式
    測光範囲
    動画機能 搭載
    液晶モニター
    形式 チルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)
    画面サイズ 3.2型
    ドット数 約236万ドット
    インターフェース
    USB端子 SuperSpeed USB(USB 3.0 Micro-B端子)
    ビデオ出力端子 HDMIミニ端子(Type C)搭載
    拡張システム端子 外部マイク入力、ヘッドホン出力、10ピンターミナル
    電源
    使用電池 Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15a
    撮影可能枚数 約1840コマ(カメラ本体でLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15a使用時)CIPA規格準拠
    大きさ・重さ
    大きさ(幅×高さ×奥行) 146×124×78.5mm
    重さ 約1,005g
    動作環境
    防滴防塵機能 搭載
    動作環境 0~40℃
    使用可能湿度 85%以下(結露しないこと)

    ※上記スペックは、メーカー発表時に公開された情報を参考に記載しています。詳細についてはメーカーのWebサイトをご確認ください。


    ↑ページの先頭へ