α7 II:ソニー(sony)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > デジタル一眼レフカメラ > ソニー > α7 II

α7 IIのレビュー・撮影記

もっと見る

桜とメジロ

カメラ: α7 II

レンズ: FE 90mm F2.8 Macro G OSS

α7 IIのGANREFマガジン最新記事

ソニー、ボディ内手ぶれ補正機構を搭載した「α7 II」を発表

ソニー株式会社は、11月20日、光学式5軸手ぶれ補正機構をボディに内蔵した、ミラーレスタイプのEマウントデジタル一眼カメラ「α7 II」を発表した。

公開日: 2014年11月20日

α7 IIの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 145
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 374

α7 IIの新着写真

α7 IIのマガジン記事

ソニー、ボディ内手ぶれ補正機構を搭載した「α7 II」を発表

公開日: 2014年11月20日

「α7 II」(Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS装着時)

「α7 II」(Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS装着時)

「α7 II」(背面)

「α7 II」(背面)

「α7 II」(上面)

「α7 II」(上面)

 ソニー株式会社は、11月20日、光学式5軸手ぶれ補正機構をボディに内蔵した、ミラーレスタイプのEマウントデジタル一眼カメラ「α7 II」を発表した。

 「α7 II」は、35mm判フルサイズセンサーを搭載したミラーレスタイプのデジタル一眼カメラだ。撮像素子は有効画素数約2,430万画素のExmor CMOSセンサー、画像処理エンジンは「BIONZ X」を搭載。ISO感度の範囲は100~25600、感度拡張により最低ISO 50相当まで設定可能となっている。また、高速連写した4枚の画像を合成して、設定したISO感度から最大約2段分のノイズ低減効果が得られる「マルチショットNR(ノイズリダクション)」機能により、最高ISO51200相当の高感度撮影も可能だ。
 「α7 II」の大きな特徴は、35mm判フルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼カメラでは初となる、光学式5軸手ぶれ補正機構をボディに内蔵している点だ。一般的なレンズ内補正式が採用する角度ぶれへの対応に加え、シフトぶれや回転ぶれにも対応しているという。補正効果はCIPA規格準拠で最高4.5段分となっている。また、静止画撮影中の手ぶれ補正効果は、シャッターボタン半押し中やピント拡大機能、MFアシストによる拡大表示中に、ライブビュー映像で確認ができる。なお、レンズに手ぶれ補正機構が搭載されている場合は、角度ぶれの手ぶれ補正のみレンズ側が優先され、ボディ側はシフトぶれと回転ぶれを補正する。
 AFシステムは、位相差AFとコントラストAFを併用する「ファストハイブリッドAF」を採用している。測距点数は位相差AFが117点、コントラストAFが25点。連写速度はAF追従で最高約5コマ/秒となっている。
 ボディについては、トップやフロントカバー、内部構造体にマグネシウム合金を採用。主要な操作ボタンやダイヤル、ボディ内部にシーリング処理を施し、防塵防滴にも配慮した設計になっているという。背面液晶モニターには、約122.9万ドット・3型の「WhiteMagicディスプレイ」を採用。また、上方向に約107度、下方向に約41度まで角度を調整できるチルト可動式となっている。電子ビューファインダーは、「α99」などと同じ「XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」が搭載されている。
 ラインアップはボディ単体のみ。発売日は12月5日予定。価格はオープンで、予想実勢価格は19万円(税別)となっている。また、専用縦位置ブリップ「VG-C2EM」、ソフトキャリングケース「LCS-ELCB」、アイピースカップ「FDA-EP15」も同時に発表された。

 また同日、Aマウントレンズ「70-300mm F4.5-5.6 G SSM II」を発表。ナノARコーティングを採用しており、また防塵防滴に配慮した設計となっている。発売は2015年2月予定となっている。

 今回発表された製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格・税別
(予想実勢価格)
発売予定日
α7 II ボディ オープン価格
(190,000円前後)
2014年12月5日
縦位置ブリップ VG-C2EM 35,000円 2014年12月5日
ソフトキャリングケース LCS-ELCB 15,000円 2014年12月5日
アイピースカップ FDA-EP15 1,300円 2015年3月
70-300mm F4.5-5.6 G SSM II 142,000円 2015年2月
「α7 II」(正面)

「α7 II」(正面)

「α7 II」(背面)

「α7 II」(背面)

「α7 II」(上面)

「α7 II」(上面)

「α7 II」(グリップ側側面)

「α7 II」
(グリップ側側面)

「α7 II」(グリップ逆側側面)

「α7 II」
(グリップ逆側側面)

「α7 II」(底面)

「α7 II」(底面)

「α7 II」(背面液晶モニター展開時)

「α7 II」(背面液晶モニター展開時)

「α7 II」(背面液晶モニター展開時)

「α7 II」(背面液晶モニター展開時)

縦位置ブリップ「VG-C2EM」

縦位置ブリップ
「VG-C2EM」

「70-300mm F4.5-5.6 G SSM II」

「70-300mm F4.5-5.6 G SSM II」

   

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 3

この記事のURL:http://ganref.jp/items/camera/sony/2737#imp_509


↑ページの先頭へ