EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM:キヤノン(canon)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > キヤノン > EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMのレビュー・撮影記

もっと見る

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMのGANREFマガジン最新記事

キヤノン、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」「EOS Kiss X7i」を発表

キヤノン株式会社は、3月21日、従来のエントリーモデルよりも大幅に小型・軽量化した「EOS Kiss X7」、バリアングル液晶モニターを搭載した「EOS Kiss X7i」、および動画撮影時のAF駆動の向上を図った交換レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を発表した。

公開日: 2013年03月21日

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 2
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 447

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMの新着写真

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMのマガジン記事

キヤノン、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」「EOS Kiss X7i」を発表

公開日: 2013年03月21日

「EOS Kiss X7」(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM装着時)

「EOS Kiss X7」(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM装着時)

「EOS Kiss X7i」(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM装着時)

「EOS Kiss X7i」(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM装着時)

「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」

「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」

小型化された「EOS Kiss X7」と
バリアングル液晶モニター搭載の「EOS Kiss X7i」

 キヤノン株式会社は、3月21日、従来のエントリーモデルよりも大幅に小型・軽量化した「EOS Kiss X7」、バリアングル液晶モニターを搭載した「EOS Kiss X7i」、および動画撮影時のAF駆動の向上を図った交換レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を発表した。

 「EOS Kiss X7」「EOS Kiss X7i」はともに、撮像素子は有効画素数約1,800万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)を、映像エンジンはDIGIC 5を搭載。常用ISO感度の範囲は100~12800、感度拡張でISO 25600相当まで設定可能だ。またファインダー視野率は約95%となっている。
 「EOS Kiss X7」の最大の特徴として、従来のデジタル一眼レフカメラと比べて大幅に小型・軽量化されている点が挙げられる。ボディのサイズは約116.8×90.7×69.4mm(W×H×D)、重さはボディのみで約370g(「EOS Kiss X6i」はサイズ約133.1×99.8×78.8mm、重さはボディのみで約520g)。またバッテリーは「EOS M」と同じ「バッテリーパック LP-E12」が採用されており、「EOS Kiss X6i」「EOS Kiss X7i」とは異なる。
 AF性能に関しては、ライブビュー撮影時の「ハイブリッド CMOS AF」が「ハイブリッド CMOS AF II」に進化。「EOS Kiss X6i」のライブビュー映像表示範囲に対する撮像面AF可能範囲の割合はヨコ約38%、タテ約26%だったが、「EOS Kiss X7」ではヨコ約80%、タテ約80%に拡大された。なお、「EOS Kiss X7i」の撮像面AF可能範囲は「EOS Kiss X6i」と同様となっている。
 撮影機能としては、1度の撮影でエフェクトあり/なしの2枚の画像が保存される「エフェクトショット」、プレビュー結果を見ながら背景のぼけ具合を直感的に制御することができる「ぼかしシミュレーション」、静かな場所や三脚撮影時に有効な「静音撮影」などが新たに搭載された。なお、ライブビュー撮影時の「静音撮影」での連写中はミラーアップしたまま連続撮影が行われる。そのほかの機能としては、PCを使わずカメラ内でトリミングできる機能が加わっている。トリミングのアスペクト比は3:2、4:3、16:9、1:1から選択できる。

 「EOS Kiss X7i」はバリアングル液晶モニターを搭載したモデルだ。「EOS Kiss X7」よりも優れている点として、連写速度(「EOS Kiss X7i」は最高約5コマ/秒、「EOS Kiss X7」は最高約4コマ/秒)、クロス測距(「EOS Kiss X7i」は全9点クロス、「EOS Kiss X7」は中央1点クロス)、動画録音(「EOS Kiss X7i」はステレオ、「EOS Kiss X7」はモノラル)、内蔵ストロボのガイドナンバー(「EOS Kiss X7i」は13、「EOS Kiss X7」は9.4)などが挙げられる。
 ボディのサイズは約133.1×99.8×78.8mm(W×H×D)、重さはボディのみで約525g。バッテリーは「EOS Kiss X6i」と同じ「バッテリーパック LP-E8」が採用された。

 「EOS Kiss X7」「EOS Kiss X7i」のラインアップはともにボディのみ、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」が付属するレンズキットが用意されるほか、「EOS Kiss X7」は「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」が付属するダブルズームキットが、「EOS Kiss X7i」は「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」が付属するレンズキットが用意される。

 同時に発表された「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」は、ステッピングモーターの搭載や新設計のフォーカス機構により、動画サーボ対応のカメラとの組み合わせで、静かでスムーズな動画サーボAFを実現しているという。

 今回発表された製品の発売予定日と価格は下の表のとおりとなっている。

レポート:GANREF編集部

製品名 希望小売価格
(予想実勢価格)
発売予定日
EOS Kiss X7 ボディ オープン価格
(80,000円前後)
2013年4月下旬
EOS Kiss X7
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM レンズキット
オープン価格
(90,000円前後)
2013年4月下旬
EOS Kiss X7
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
EF-S55-250mm F4-5.6 IS II ダブルズームキット
オープン価格
(120,000円前後)
2013年4月下旬
EOS Kiss X7i ボディ オープン価格
(90,000前後)
2013年4月下旬
EOS Kiss X7i
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM レンズキット
オープン価格
(100,000円前後)
2013年4月下旬
EOS Kiss X7i
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM レンズキット
オープン価格
(130,000円前後)
2013年4月下旬
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 37,800円 2013年4月下旬
「EOS Kiss X7」(正面)

「EOS Kiss X7」
(正面)

「EOS Kiss X7」(背面)

「EOS Kiss X7」
(背面)

「EOS Kiss X7」(上面)

「EOS Kiss X7」
(上面)

「EOS Kiss X7」(グリップ側側面)

「EOS Kiss X7」
(グリップ側側面)

「EOS Kiss X7」(端子カバー側側面)

「EOS Kiss X7」
(端子カバー側側面)

「EOS Kiss X7」(底面)

「EOS Kiss X7」
(底面)

「EOS Kiss X7i」(正面)

「EOS Kiss X7i」
(正面)

「EOS Kiss X7i」(背面)

「EOS Kiss X7i」
(背面)

「EOS Kiss X7i」(上面)

「EOS Kiss X7i」
(上面)

「EOS Kiss X7i」(グリップ側側面)

「EOS Kiss X7i」
(グリップ側側面)

「EOS Kiss X7i」(端子カバー側側面)

「EOS Kiss X7i」
(端子カバー側側面)

「EOS Kiss X7i」(底面)

「EOS Kiss X7i」
(底面)

「EOS Kiss X7i」(背面液晶モニター展開時)

「EOS Kiss X7i」
(背面液晶モニター展開時)

「EOS Kiss X7i」(背面液晶モニター展開時)

「EOS Kiss X7i」
(背面液晶モニター展開時)

「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」

「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」

本ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声等)の著作権は、各著作者が保有し、許可なく複製、転用、販売などを行うことを禁じます。

参考になった: 1

この記事のURL:http://ganref.jp/items/lens/canon/2491#imp_465


↑ページの先頭へ