50mm F1.4 EX DG HSM:シグマ(sigma)

現在表示しているページ
ホーム > カメラ・レンズ > レンズ > シグマ > 50mm F1.4 EX DG HSM

50mm F1.4 EX DG HSMのレビュー・撮影記

もっと見る

銀杏並木

カメラ: α900

レンズ: 50mm F1.4 EX DG HSM

50mm F1.4 EX DG HSMのGANREFマガジン最新記事

標準~中望遠単焦点&マクロレンズの「ぼけ」大全:ニコン Fマウント編

レンズの性格を表現する言葉として「ぼけ」はあまりにも有名だ。英語圏に住む海外のカメラファンの間でも、原語に近い発音である「Bokeh」という言葉が広く使われている。 

公開日: 2010年03月18日

50mm F1.4 EX DG HSMの掲示板

もっと見る

気になる機材に追加する

気になる機材に登録されましたみんなはこの機材についてどう感じてる?
掲示板をチェック&書き込みをしよう

この機材が気になる人: 259
持っている機材に追加する

持っている機材に登録されましたみんなの悩みや迷いをあなたが解決!
購入の決め手になった特徴・魅力を書き込んで
機材仲間を増やそう

この機材を持っている人: 1,116

50mm F1.4 EX DG HSMの新着写真

50mm F1.4 EX DG HSMのマガジン記事

標準~中望遠単焦点&マクロレンズの「ぼけ」大全:ニコン Fマウント編

公開日: 2010年03月18日

イメージ  レンズの性格を表現する言葉として「ぼけ」はあまりにも有名だ。英語圏に住む海外のカメラファンの間でも、原語に近い発音である「Bokeh」という言葉が広く使われている。さてレンズにおけるぼけの定義にはさまざまな解釈があり、ぼけの感じ方も十人十色だ。光学的にはピントが合っている部分以外のすべての描写がぼけの対象となるが、一般的には主要被写体に対して最も大きくぼけている部分を「ぼけ」とする場合が多い。またぼけの発生についてのメカニズムも複雑であり、単に絞り値が小さいからといってすべてのレンズが美しいぼけを表現できるとは限らない。今回はそれらの現象を実際に目視できるよう、描写テストを実施。絞りにより変化するぼけの様子や、レンズごとに異なるぼけのテイストを探ってみることにした。使用カメラはAPS-C機専用レンズ:D300S、フルサイズ対応レンズ:D700。絞り優先AEを使用し、1/3EVステップで、1クリックずつ絞り込みながら撮影した。

どこをどう見れば良いかを理解しよう

イメージ  ひとくちでぼけを見るといっても、ぼけのどの部分を見ればいいのかベテランでも迷うことだろう。ぼけにはその描写性によってさまざまな尺度が存在。ぼけそのものの大きさから、ぼけの形や周囲とのなじみ方までが評価基準となる。ぼけについてはMTF特性図のように性能を示すグラフはないが、光学設計時にはぼけの良しあしを判断できる光路図があり、そのグラフを見れば専門家であればぼけの性質を理解できる。しかしこれらのデータはメーカー門外不出であり、われわれは実写画像からぼけの性質を読み解くしかない。以下はぼけを評価する上で代表的な項目であるが、これですべてが決定されるわけではない。あくまでぼけの良しあしを判断する上でのアウトラインであると理解されたい。なお、下にある画像は、左の画像の各番号部分を拡大したもの。

① ぼけの大きさ

大きい 大きい 小さい 小さい  ぼけの大小を示す評価基準。特に大きさについての規定は存在しないが、ほかと比較する上で用いられる。絞り値と密接に関係しており、開放F値が小さいほどぼけの大きさは大きくなる傾向がある。背景に設置した点光源のぼけの大きさを比較対象物にするとわかりやすい。

② ぼけの柔らかさ

柔らかい 柔らかい 硬い 硬い  ぼけの柔らかさとは、ぼけの描写がいかにソフトであるかを示す評価基準。ぼけの中心をピークとした場合、なだらかに周囲に溶け込むぼけが理想的といえる。ぼけのエッジに硬さがあるとざわついたイメージとなり、直線で構成される被写体では二線ぼけにつながりやすい。また絞りの形が出てしまうことも硬軟に影響する。

③ 口径食の影響

口径食が少ない 口径食が少ない 口径食が多い 口径食が多い  口径食とは入射する光がレンズの鏡胴部などに遮られる現象であり、周辺光の現象を引き起こす。ぼけにおいては点光源のぼけが真円ではなくラグビーボール状にゆがむことから、イルミネーションの撮影や玉ぼけを生かす撮影でしばしば問題となる。程度の差こそあれ口径食は発生するが、いかに低レベルであるかがポイントだ。

※以下の作例は絞り開放から3クリックごとの画像を掲載しています。
※ニコンのカメラでは、マクロレンズ使用時のF値は撮影倍率によって変動する実効F値が表示されます。そのため、例えば開放値がF2.8のレンズであっても、開放時の値がF2.8よりも大きい場合があります。このような時も、絞り自体は物理的には開放になっているので、ぼけの描写には影響しません。

写真/レポート:高橋良輔(通称・カメ高)

APS-C機専用レンズ(使用ボディ:D300S)

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

F1.6までが勝負どころ

F1.8 F1.8

F2.5 F2.5

F3.5 F3.5

絞っても点光源崩れず

F3 F3

F4 F4

F5.6 F5.6

近接すればさらに良し

F2.2 F2.2

F3.2 F3.2

F4.5 F4.5

90mmからの伝統を受け継ぐ滑らかさ

F3.5 F3.5

F5 F5

F7.1 F7.1

一般撮影ではぼけ小さめ

フルサイズ対応レンズ(使用ボディ:D700)

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

ややエッジが強め

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

絞っても点光源崩れず

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

開放ならば焦点距離以上

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

開放勝負でぼけを呼び込め

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

開放で使って吉

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

絞っても点光源崩れず

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

開放が最も美しい

F1.8 F1.8

F2.5 F2.5

F3.5 F3.5

多角絞りのクセを把握せよ

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

滑らかなぼけが続く

F3 F3

F4 F4

F5.6 F5.6

ぼけは小さいが描写は素直

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

点光源までも柔らかい

F3 F3

F4 F4

F5.6 F5.6

近接すればより大きなぼけも

F3 F3

F4 F4

F5.6 F5.6

開放で柔らかさを引き出せ

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

硬さは残るが大きさは十分

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

ぼけの重なりが芸術的

F1.8 F1.8

F2.5 F2.5

F3.5 F3.5

エッジの立ちは好み二分

F3.2 F3.2

F4.5 F4.5

F6.3 F6.3

絞り込みにも強い

F3.5 F3.5

F5 F5

F7.1 F7.1

柔らかいがぼけは小さめ

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

ぼけ足が滑らかになじむ

F3.2 F3.2

F4.5 F4.5

F6.3 F6.3

絞っても点光源崩れず

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

点光源の描写は必見なり

F3 F3

F4 F4

F5.6 F5.6

柔らかいが口径食やや多め

F3.2 F3.2

F4.5 F4.5

F6.3 F6.3

F3,5以降は点光源やや注意

参考になった: 117

この記事のURL:http://ganref.jp/items/lens/sigma/181#imp_358

50mm F1.4 EX DG HSMのマガジン記事

標準~中望遠単焦点&マクロレンズの「ぼけ」大全:キヤノン EFマウント編

公開日: 2010年03月05日

イメージ  レンズの性格を表現する言葉として「ぼけ」はあまりにも有名だ。英語圏に住む海外のカメラファンの間でも、原語に近い発音である「Bokeh」という言葉が広く使われている。さてレンズにおけるぼけの定義にはさまざまな解釈があり、ぼけの感じ方も十人十色だ。光学的にはピントが合っている部分以外のすべての描写がぼけの対象となるが、一般的には主要被写体に対して最も大きくぼけている部分を「ぼけ」とする場合が多い。またぼけの発生についてのメカニズムも複雑であり、単に絞り値が小さいからといってすべてのレンズが美しいぼけを表現できるとは限らない。今回はそれらの現象を実際に目視できるよう、描写テストを実施。絞りによって変化するぼけの様子や、レンズごとに異なるぼけのテイストを探ってみることにした。使用カメラはAPS-C機専用レンズ:EOS 7D、フルサイズ対応レンズ:EOS 5D Mark II。絞り優先AEを使用し、1/3EVステップで、1クリックずつ絞り込みながら撮影した。

どこをどう見れば良いかを理解しよう

イメージ  ひとくちでぼけを見るといっても、ぼけのどの部分を見ればいいのかベテランでも迷うことだろう。ぼけにはその描写性によってさまざまな尺度が存在。ぼけそのものの大きさから、ぼけの形や周囲とのなじみ方までが評価基準となる。ぼけについてはMTF特性図のように性能を示すグラフはないが、光学設計時にはぼけの良しあしを判断できる光路図があり、そのグラフを見れば専門家であればぼけの性質を理解できる。しかしこれらのデータはメーカー門外不出であり、われわれは実写画像からぼけの性質を読み解くしかない。以下はぼけを評価する上で代表的な項目であるが、これですべてが決定されるわけではない。あくまでぼけの良しあしを判断する上でのアウトラインであると理解されたい。なお、下にある画像は、左の画像の各番号部分を拡大したもの。

① ぼけの大きさ

大きい 大きい 小さい 小さい  ぼけの大小を示す評価基準。特に大きさについての規定は存在しないが、ほかと比較する上で用いられる。絞り値と密接に関係しており、開放F値が小さいほどぼけの大きさは大きくなる傾向がある。背景に設置した点光源のぼけの大きさを比較対象物にするとわかりやすい。

② ぼけの柔らかさ

柔らかい 柔らかい 硬い 硬い  ぼけの柔らかさとは、ぼけの描写がいかにソフトであるかを示す評価基準。ぼけの中心をピークとした場合、なだらかに周囲に溶け込むぼけが理想的といえる。ぼけのエッジに硬さがあるとざわついたイメージとなり、直線で構成される被写体では二線ぼけにつながりやすい。また絞りの形が出てしまうことも硬軟に影響する。

③ 口径食の影響

口径食が少ない 口径食が少ない 口径食が多い 口径食が多い  口径食とは入射する光がレンズの鏡胴部などに遮られる現象であり、周辺光の現象を引き起こす。ぼけにおいては点光源のぼけが真円ではなくラグビーボール状にゆがむことから、イルミネーションの撮影や玉ぼけを生かす撮影でしばしば問題となる。程度の差こそあれ口径食は発生するが、いかに低レベルであるかがポイントだ。

※以下の作例は絞り開放から3クリックごとの画像を掲載しています。

写真/レポート:高橋良輔(通称・カメ高)

APS-C機専用レンズ(使用ボディ:キヤノン EOS 7D)

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

F1.8以降点光源やや注意

F2.8 F2.8

F4 F4

F5.6 F5.6

点光源の描写も得意

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

90mm譲りの安定感

F2.8 F2.8

F4 F4

F5.6 F5.6

F3.2でベストなぼけ

フルサイズ対応レンズ(使用ボディ:EOS 5D Mark II)

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

開放時の柔らかさは必見

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

F2.5までが勝負どころ

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

ワイドだがぼけ味も良し

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

開放のぼけは50mmクラス

F1.2 F1.2

F1.8 F1.8

F2.5 F2.5

ぼけの重なりすら柔らか

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

開放で勝負して吉

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

ぼけの重なりに技アリ

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

F2まで幅広く使える

F1.8 F1.8

F2.5 F2.5

F3.5 F3.5

F2までで勝負を決めたい

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

F2.2で点光源が落ち着く

F2.5 F2.5

F3.5 F3.5

F5 F5

ぼけ狙いならば近接必要

F2.8 F2.8

F4 F4

F5.6 F5.6

絞っても点光源崩れず

F2.8 F2.8

F4 F4

F5.6 F5.6

ぼけ狙いなら近接せよ

F1.2 F1.2

F1.8 F1.8

F2.5 F2.5

大きさ、滑らかさ抜群

F1.4 F1.4

F2 F2

F2.8 F2.8

エッジの描写に自信アリ

F1.8 F1.8

F2.5 F2.5

F3.5 F3.5

開放で使って吉

F2.8 F2.8

F4 F4

F5.6 F5.6

絞ってもぼけ味良し

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

開放でさらに冴えるぼけ

F2 F2

F2.8 F2.8

F4 F4

絞っても点光源崩れず

F2.8 F2.8

F4 F4

F5.6 F5.6

絞っても点光源崩れず

F2.8 F2.8

F4 F4

F5.6 F5.6

ぼけの滑らかさはIS優位か

F2.8 F2.8

F4 F4

F5.6 F5.6

シャープだがぼけも美的

F2.8 F2.8

F4 F4

F5.6 F5.6

ぼけ狙いなら開放付近で

参考になった: 178

この記事のURL:http://ganref.jp/items/lens/sigma/181#imp_357

50mm F1.4 EX DG HSMのマガジン記事

SIGMA シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM

公開日: 2009年10月02日

キヤノン EOS-1Ds MarkⅢ

巨大な前玉は伊達じゃない
写りにこだわった
シグマ渾身の一作

シグマがいつかは作りたかったという50mm。MACRO 50mm、APS-C用の標準レンズ30mmを経て、ついにフルサイズ用を発売。こだわりの逸品である。

レポート:河田一規

 

ズームレンズに飽きた人の表現をするための50mm

 シグマから50mm F1.4 EX DG HSMが発売された。50mm F1.4といえば、かつては標準レンズの王道であり、一眼レフを買ったひとが最初に手にするレンズとして全盛を誇った時代があったわけだが、それは20年以上も昔の話。いまや一眼レフといっしょに最初に買うレンズは標準ズーム、もしくは高倍率ズームが圧倒的多数なのはご存じのとおりだ。そんな状況にともなって単焦点標準レンズである50mm F1.4の役割も20年前とは大きく変わってきていて、以前の「誰もが最初に手にする標準レンズ」から「表現するためにそろえておきたい大口径レンズ」というポジションにシフトしつつある。
 というわけで、シグマ50mm F1.4 EX DG HSMである。従来からあるメーカー純正品の50mm F1.4との大きな違いは、シグマが最新の設計であることと、設計思想が大きく異なるということ。じつは、メーカー純正品の50mm F1.4はどれも設計があまり新しくない。なかにはマニュアルフォーカス時代の設計をそのままキャリーオーバーしてAF化したレンズもあったりと、基本設計が古いのだ。
 また、実物を見ればわかるとおり、今回のシグマ50mmはかなり大きく重い作りになっている。たとえば50mm F1.4としては比較的大きめなキヤノンEF50mm F1.4 USMでさえフィルター径58mm、重さ290gなのに対して、シグマ50mmはフィルター径77mm、重さ505gと、圧倒的にビッグなのだ。
 もちろん、これにはちゃんと理由がある。先に書いたとおり、メーカー純正品50mm F1.4は一眼レフボディとキットで買われる標準レンズという立場から、それほど高価にはできないし、大きさもあまり大きくはしにくいという事情があった。そのため、周辺光量や口径食などの光学性能面ではある程度妥協していたわけだ。これに対し、シグマ50mm F1.4には時代的にそういったキットレンズ的な配慮が不要であり、あくまでも光学性能最優先で作ることができ、結果的にメーカー純正品50mmよりも大きくなったというわけである。
 実際に撮影してみると、恐ろしくクリアでヌケがいいことに驚く。今回はキヤノンマウントで試用したので、EF50mm F1.4 USMと撮り比べたのだが、逆光もしくは半逆光時の両者のクリアさの違いはファインダーをのぞいただけでわかるほど。また、周辺光量落ちはないわけではないのだが、50mm F1.4としてはきわめて少ないレベルに抑えられているのは大きな前玉のおかげだろう。輪郭線が強調されない自然なぼけ描写も美しく、たしかに光学性能は非常に高い。「もう50mm F1.4は持っているからなぁ」という人も多いだろうが、そんな人でもこのシグマ50mmはおおいに試してみる価値がある。きっと違いに驚くはずだ。

シグマ 50mm F1.4 EX DG HSMとキヤノン EF50mm F1.4 USMの画質比較

シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM
シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM
キヤノン EF50mm F1.4 USM
キヤノン EF50mm F1.4 USM

キヤノン EOS-1Ds MarkⅢ/絞り優先AE(F2、1/1,000秒)/ISO 100/WB:オート
メーカー純正品の50mm F1.4としては基本設計が比較的新しめのキヤノンEF50mm F1.4 USMと絞り開放、ほぼ最短撮影距離で撮り比べてみたが、半逆光状態ではごらんのとおりシグマのほうがフレアが圧倒的に少なくクリアな描写。これはコーティングの違いだろう。キヤノンのほうはぼけ部分のエッジが強調されるが、シグマにはそれがなく、ぼけ部の美しさはシグマのほうがいい。ピント合焦部分のシャープさもシグマのほうが高く、全体的に設計の新しさと大きさの違いが写りに表れているといえる

キヤノン EOS-1Ds MarkⅢ/絞り優先AE(F2、1/1,000秒)

キヤノン EOS-1Ds MarkⅢ/絞り優先AE(F2、1/1,000秒)/ISO 100/WB:オート
画面周辺でも点光源の形状がラグビーボール状につぶれることはなく、丸さを保ったままなのはさすが。ぼけ味が自然なので、ついついアウトフォーカス部の多い構図で撮影したくなる

 

レンズ構成図

レンズ構成図

スペック

レンズ構成 6群8枚
最短撮影距離 0.45m
フィルター径 φ77mm
大きさ φ84.5(最大径)×68.2(長さ)mm
重さ 505g
標準価格 63,000円
実勢価格 51,000円前後

MTF曲線

MTF曲線

コントラストカーブは絞り開放時の50mm F1.4としては異例にハイレベル。放射・同心円方向の曲線も比較的よく揃っており、ぼけの自然さがうかがえる

デジタルカメラマガジン2008年8月号掲載

参考になった: 54

この記事のURL:http://ganref.jp/items/lens/sigma/181#imp_327

シグマのレンズのオークション情報

リンク先:Yahoo!オークション

関連写真

このレンズで撮影された写真


↑ページの先頭へ