Please wait... loading

ニコンD850レビュー (4)D850のフォーカスエイドの良い点悪い点

現在表示しているページ
ホーム > ゆうさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年11月 > ニコンD850レビュー (4)D850のフォーカスエイドの良い点悪い点

投稿日:2017/11/02

レビューした機材・用品 ニコン D850 ニコン D850
まだ土日が訪れていないため
なかなか外に撮影に行けない日々が続いています。
ほぼ未使用のD850と大きなレンズが部屋に飾ってあるのを見ると
何ともさびしい気持ちに…早く撮りに行きたい!

というわけで本日は家の中でもできることとして、
D850のフォーカスエイド機能を使ってみました。

フォーカスエイドとはD850公式サイトによると下記の通り説明されています。
『マニュアルフォーカス時に、ファインダー内のピント表示(●)の点灯で合焦を知らせる「フォーカスエイド」。ピント検出精度が一段と向上したD850は、ファインダー像では判断しづらい場合でも、ピント表示の確認でより厳密なピント合わせが可能です。』

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot S90
焦点距離:
22.5 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
0.6秒
絞り数値:
F4.9
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto


このように、ピントが合うとファインダー左下に「●」が表示されます。

そしてここからがD850の素敵なところですが、
ピントがずれている場合、「▶」とか「◀」とかが表示されるのですが、
この矢印の方向がピントの合う方向ですよ、ということを表しており、
矢印の方向にピントリングを回していくことで
徐々にピントが合っていきます!

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot S90
焦点距離:
22.5 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/5秒
絞り数値:
F4.9
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto


たとえば上の画像の状態であれば、ピントリングを右に、

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot S90
焦点距離:
22.5 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
0.5秒
絞り数値:
F4.9
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto


こちらであれば、ピントリングを左に回していくことで、
1枚目の写真のような状態(=ピントが合った状態)に持っていくことができます!

参考までに、動画も撮ってみたのでよかったらご覧ください。
キーボードというほぼ真っ白な場所でピント合わせをしているので
なかなかバチッとピントが決まっていないですが、
まぁほぼ合ってるよね、というところでシャッターを切っています。



※微妙なピント位置だったり、測距エリアに前ピンと後ピンが入り混じる場合には両方が表示されるようです。


というわけで最後にD850のフォーカスエイドの良い点と改善点をまとめてみたいと思います。

■D850のフォーカスエイドの良い点
(1)測距点に連動してフォーカスエイドが可能
考えてみれば当たり前かもしれませんが、自分で選んだ測距点に対し、ピントが合っているか否かを判定してくれます。
また、ニコンの場合は半押しタイマーが継続中であればマニュアルフォーカスの場合、常に作動してくれ、またフルマニュアルレンズでももちろん可能です。
キヤノンを含め、他社の場合、意外と制約がある場合もあるので、これは嬉しいところです。

(2)ピントリングを回す方向が表示される
既に本文中で触れた通りですが、ピントリングを回す方向が矢印で表示され、その方向に回せばピントが合う、というのは直観的でとても分かりやすいです。
ただ、注意したいのは、当たり前ではありますが、これは純正レンズもしくは純正レンズと同じ回転方向のレンズのみでしか当てはまらないということ。
ピントリングの回転方向が逆のレンズを使う場合、矢印の方向は当然逆になるので注意しましょう。


■D850のフォーカスエイドの改善点
(1)電子音もしくはスーパーインポーズと連動させてほしい!
D850の場合、ピントが合っても「●」が左下に表示されるだけです。
この問題点は

▽「●」までの視線の移動距離が長い

です。

静物撮影であれば大きな問題ではないのでしょうが、
通常の撮影の場合は基本的には被写体や背景や四隅等、意識しないといけない部分が沢山ありますので、左下の「●」は距離が遠すぎてなかなか見に行くのが厄介です。
もちろんこれはD850のファインダー視野率が大きすぎるということも見づらい理由のひとつなのでしょうが。。

そのため、目で確認しなくても良いように、
・電子音:ピントが合ったら「ピピッ」と音を鳴らす
・スーパーインポーズ:ピントが合ったらファインダー画面を赤く光らせる
等の機能があれば素敵だな、と思います。
ちなみにキヤノンにはこの機能がありますので、花のマクロ撮影のときには大変重宝しております♪


(2)ピントが合ったと同時にシャッターを切ってほしい!
これはキヤノンにもないので実現可能なのかよくわかりませんが、
マクロ撮影などで、花弁の先端にピントを合わせたいことはよくあります。
そんなとき、指定のAFポイントで、ピントが合ったと同時にシャッターが自動的に切れるようになればもうちょっと打率が上がるのかなぁ…なんて感じたりします。

さらに、こちらはもっと難しそうですが、置きピンなどをしている場合、「ピント位置に被写体が来たらシャッター」みたいなことができれば最高に便利だなぁ、ッとも!


(3)マニュアル撮影の際、「今ピントが合っている場所はどこか」が分かるよう、「現在ピントが合っている位置のAFフレームを表示」する機能がほしい!
これも、ハイエンド機ならではのAFゾーンの広さと網羅性によりもし実現できれば結構便利そうです。ただ、これって既にD850でもライブビュー撮影では「ピーキング」という機能で実現されていたりします。これがファインダー撮影でもできるようになれば素敵ですよね!恐らくミラーレスカメラだとこういう事がやりやすいんだろうなぁ…と思いますが、レフ機だと難しそうですね。。
ちなみにキヤノンには「ピーキング」すらありません!

これはもはやネタかもしれませんが、「3」という数字がキリがいいので強引に付け加えてみました(笑)


本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


=================
注目製品レビュー ~ニコン D850編~
http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d850/

--------------------------------------------------------
■D850レビューの一覧
・ニコンD850レビュー (1)開封の儀
http://ganref.jp/m/arajin2000/reviews_and_diaries/review/11173
・ニコンD850レビュー (2)D850が使いやすくなるお勧めの設定【保存版】
http://ganref.jp/m/arajin2000/reviews_and_diaries/review/11184
・ニコンD850レビュー (3)キヤノンEOS 5D Mark IVとの操作性の違い5選
http://ganref.jp/m/arajin2000/reviews_and_diaries/review/11185

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

ゆう
>駄馬なんですさん
ですね!私はよく、「最短撮影距離」で撮りたい時、半押ししながら遠ざかると「ピカッ」と光ってくれるので重宝しておりますが、D850は光ってくれないので、若干分かりづらいところではあります。。

2017年11月14日 13:26

駄馬なんです
そういえば、こういった機能ありましたね。
存在すら忘れていました。
マクロで撮るなどする時は、有用なんですね。

2017年11月13日 22:50

ゆう
>くにさん
ほんと、ピントがバチッと合うのは撮っていてテンションが上がっていきますよね。
そういわれてみると確かに周りが暗くないと「光った!」と感じないですね。。
昨日も昼間モデルさん撮っていて、「ピント合ってるのかな??」と思って何度かファインダー左隅のピントマークを確認してしまったほどです。

2017年11月06日 09:22

くに
NikonのAF機能は精度が高いので、MF時にもアシストしてくれるのは嬉しいです。
そういえば、D850のフォーカスポイントのイルミネーションって暗くないですか?

2017年11月06日 08:21

4件中 1〜4件目

同じ機材で撮影された写真

GOLD 2

ゆう

GANREF Point
171900
Next Point
78100
メインカメラ
EOS 5D Mark IV

プロフィール

ただ撮ればいいって訳じゃない。写真って、その瞬間の想いを伝えるもの。 結婚...

↑ページの先頭へ