Please wait... loading

PowerShot G9 X Mark Ⅱ レビュー 回折現象について

現在表示しているページ
ホーム > Binさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年3月 > PowerShot G9 X Mark Ⅱ レビュー 回折現象について

投稿日:2017/03/21

レビューした機材・用品 キヤノン PowerShot G9 X Mark II キヤノン PowerShot G9 X Mark II
映像エンジンDIGIC 7が搭載され、回折現象の軽減により小絞り時の解像力アップという事で実際に確認してみました。
作例の撮影状況ですが、ワイド側にて青信号の位置まで40m離れたところから撮影。
青信号からみて右側のほぼ同じ距離のところに民家があり、その瓦屋根にピントを合わせてます。
その元画像から青信号の部分のみトリミングしてます。

実は性能が良いからなのか? 撮影条件の良い場面だと回折現象の違いが確認出来なかったため、今回は逆光から狙ってみる事にしました。
レビュー記事には枚数制限があるためF4.0からF11までのわかり易い部分の5枚を抜粋して紹介します。

F4.0


F5.6


F8.0


F9.0


F11


いかがでしょう?
F5.6までは青信号LEDのドットがくっきりしてますがF8.0から少しずつボヤけはじめてくるのが分かると思います。

因みに同じ位置でのオートモード撮影だとF5.6に設定されました。
撮影条件によっても様々でしょうがパンフォーカスでの風景撮影にはF8までが使える範囲でしょうかね…

-------------------- 「注目製品レビュー ~キヤノン PowerShot G9 X Mark II 編~」企画にレビューワーとして 参加中!! http://ganref.jp/common/monitor/canon/g9xmk2/

コメント(1,000文字以内)

3件中 1〜3件目

ぺんごっち
F4の写りが良く見えます。

2017年03月22日 22:34

kazuleo
尻上がりに深〜くなっていくね〜
小絞りボケ防止機能があっても、やはり絞りすぎないことだね。一眼レフに比べセンサーサイズも小さいし、レンズも制約が大きいだろうから。

2017年03月22日 18:35

legacy7010
わかりやすい作例ありがとうございます。

借りている期間中はオート、あるいは絞り優先でF5.6固定で撮ることが多かったので、ここまで明確な違いは気がつかず・・・というか、気にせずすみました。DIGIC7の優秀さのおかげですね。

2017年03月21日 12:17

3件中 1〜3件目

同じ機材で撮影された写真

GOLD 2

Bin

GANREF Point
225460
Next Point
24540
メインカメラ
OLYMPUS PEN-F

プロフィール

カメラを持って散歩するのが好き。 とくに決まったジャンルはありませんがマ...

↑ページの先頭へ