Please wait... loading

写真を載せない撮影記、小学校の運動会

現在表示しているページ
ホーム > ぶなしめじさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年7月 > 写真を載せない撮影記、小学校の運動会

投稿日:2017/07/17

アップロード画像

写真を拡大する

焦点距離:
86.4 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F6.9
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Manual

娘も三年生になり、3回目の運動会となりました。
多少ノウハウもたまってきたので、来年の為にまとめてみました。

ここでは、子供本人に見せて、あの時どうだったかを思い出す写真を残すのを目的としており、SNSへの投稿は前提としません。
ですので、ここでは競技の写真は載せません。
代わりにイメージカットで勘弁してください。

肖像権や個人情報等の問題ですが、顔や氏名がはっきり写っているなど、個人を特定できる状態はNGと理解しています。(個人的な理解です)
ただし、それが投稿する写真に対しての問題なのか、撮影自体の制限なのかと考えた場合、後者とすれば、家族で見るだけの写真についても、はっきりと顔を写すのは避けた方が良くなります。
今のところ、前者の理解として特に制限なく撮っています。
撮影自体は学校やPTAのルールに従い、投稿はSNS のルールに従う、で良いかと考えています。
(苦情があったらどうしようか、ではあります。投稿しないと宣言しても、口約束と思われてしまえば、撮影自体を自粛するしかないです。)

と言うわけで、やっと本題です。

■事前準備
スケジュールの把握。
当日、どの競技に参加するのか。各競技でどの位置にいて、どう動くのかを確認する。

■当日の競技が始まるまで。
以下を確認。
・事前準備を元に、撮影ポイントを絞る。複数の候補があるといい。
・スムーズに移動できるルートを探しておく。
・あまり混雑しないポイントも数ヶ所見つけておく。

■開会式、閉会式
子供の姿が見えたらアップで、そうでなければ引きで全体を撮る。
閉会式での勝ち負け発表では、感情の動きを見ながらシャッターのタイミングを予測する。
難しそうであれば、連写か動画で撮っておく。

■徒競走
・スタート直後は撮りやすい上に動きが良い。
・コーナーの入口~中間では、まだ勝負を諦めていないせいか、表情が良いことが多い。上手くいけば、順位毎の表情の違いも写る。
・コーナー後半~ゴールへのストレートに入るポイントでは、写せる時間が長いのが良い。
・ゴール付近は混雑するので、無理には撮らない。
 撮影タイミングが短いのが良くない。絵的に魅力を感じるのであれば、頑張って撮る。
・バトン渡しも絵的には映えるが、混戦になると撮りにくいし、撮影タイミングが短い。慣れが必要。
・流し撮りは成功率が低い。慣れていればやる。
 失敗による撮り逃しのリスクと、成功の満足感を秤にかけて判断。

■綱引き
優勢劣勢が変わる時が写し時。
表情に気持ちが出るし、踏ん張り具合まで写せばなお良し。
勝敗が決まった時の表情が分かりやすいので、表情が変わる前から連写で押さえておく。

■演舞
・躍りの動きとシャッターのリズムを合わせる。
 規則的な動きであれば、動作の始まりと終わりを狙うと締まりのあるポーズになることが多く、被写体ブレも少ない。
 ジャンプの時は、飛び上がった頂点を押さえておきたいが、その前後でも撮り時があると思って良い。
・ブレで動きを出すのは、慣れないと成功率が低い。動きはポーズや姿勢で表すのがベター。手足の動きと重心の移動を観察しながら撮る。
・躍りのテンポがずれた時も押さえ時。揃っても良し、ずれても良しと考える。

■応援合戦
応援席を正面から撮ろうとすると、どうしても遠くからになるので、望遠でがんばる。
群衆シーンを撮れるように普段から練習しておく。

■玉入れ
玉を拾う➡投げる動作の繰り返しなので、予測しやすい。
アップで撮れる位置ならば、頑張って追いかける。
そうでなければ、撮る動作を絞って、引きの画面でも子供が目立つタイミングをとる。
玉を数える時の表情も押さえておく。

■騎馬戦
未経験

■その他
・競技が始まる前の待ち時間と、終わった直後の表情は押さえておく。
・ローアングルにすることで迫力が出やすくなる。
 顔部分が背景の応援席に重なるのが少なくなるし、表情が帽子に隠れずに写りやすい。
 リレー等では足元の砂ぼこり、足の筋肉の張りも写り、迫力が増す。背の高い子ならば、成長具合を実感しやすい。
 可能であれば、観覧場所の前列を確保し、しゃがんで撮る。そうした行為が邪魔にならないように、混雑ポイントを避けるか、ポイント候補を複数探しておく。
(しゃがむことで後ろの人も見やすくなる気がするのですが、しゃがんで撮っている人はほとんど見ません。)
 場所の都合上、ハイアングルでないと写せない場合には、一脚等を使用して上から撮るのもアリ。ただし、帽子で顔が隠れやすくなる。
・ここでないと絶対ダメという場所は作らない。撮影場所候補は複数検討しておく。
・特定の場所を長時間占有しない。学校側のお願い事項の類いには従う。
・先生や友達と一緒の時も押さえておく。
 特に先生との身長差も記録になるはず。
・子供が何かを見ている時は、見ているであろうものも撮っておく。
・子供だけを見ない。子供が何に反応するか注意することで、シャッターチャンスを予測する。予測が難しい場合は連写でカバーする。
・食事中は撮らない。(それぞれの事情によるでしょうが)

■注意点
・機材の持ち運びは、周囲にぶつからないように注意。 レンズ(フード)の向き、一脚類(使う場合は)の扱いについても注意する。
 走って移動する子供もいるし、未就学児が足元で遊んでいる場合もあります。
 とにかく余計な事故は避けます。

■つけたし
ここまで書いてて気がつきましたが、結局記録なんです。
作品を撮ろうとは思わずに、記録を残すことに集中していました。

とりあえず、そんなところです。
長い文章で失礼しました。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス PENTAX K-30
焦点距離:
210.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/750秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
+0.5EV
ISO感度:
400

コメント(1,000文字以内)

6件中 1〜6件目

ぶなしめじ
HIDEさん、コメントありがとうございます。
戦時中の経験がなく伝聞でしか知ることができないので、なんとも言えないところではあります。

運動会について、私がまだ親になる前は、性的な目的で撮りにくる人や、過剰な撮影競争のせいでトラブルの発生もありました。今は「シェア」の名のもとに当事者の預かり知らぬところでやり取りされている不安があります。
今に限らず、何らかの問題があって、その対応もベストでないことの方が多い印象です。

今回は、ということであれば、何かしらの制約がある中でどうやって撮るかを考えた結果、主役である子供達の為に撮るという目的をハッキリさせた方が良いと判断しました。
撮る人間の写欲を基準に考えると窮屈でしたが、視点を変えるだけでかなり自由に撮ることができました。

2017年07月25日 00:28

ぶなしめじ
小小島島さん、コメントありがとうございます。
>大人の常識の範囲で一任されています。
学校側からそう言われたら、こちらも自然と大人な行動になりそうです。子供が見てますしね。
>学校側もあまり厳しく取り締まってはおりません。
大人のわがままに学校側に面倒をかけるのは違う気がしますし、余計なトラブルや運動会の進行に支障をきたさないのであれば、特に問題としなくても良いのかと思いました。

2017年07月24日 23:49

ぶなしめじ
PotomacRiverさん、コメントありがとうございます。
小学校により、事情が違うようですね。
ネットへのアップロードが禁止ということで、撮影することは問題なしでしょうか?

2017年07月24日 23:39

HIDE
建前論ばかりのいやな渡世ですね。
戦時中のような息苦しさです。

2017年07月23日 15:53

小小島島
こちらの小学校では、まだSNSの制限は掛かっておりません。
大人の常識の範囲で一任されています。
運動会でも撮影エリアは指定された場所からのみです。
レンズ、三脚、ストロボ使用などの制限は特にありません。
最前列での日傘使用、立ち撮影は禁止されていますが、ルール
違反もしばしば見かけますが学校側もあまり厳しく取り締まっ
ってはおりません。

2017年07月23日 15:45

PotomacRiver
ウチの子の小学校ではネットへのアップロードは
完全禁止です。なので万国旗とか、いい絵になるなあ、と思っても自粛してます。

2017年07月19日 00:46

6件中 1〜6件目

GOLD 3

ぶなしめじ

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
495000
Next Point
5000
メインカメラ
PENTAX K-30

プロフィール

ぶなしめじと申します。よろしくお願いいたします。 沢山の写真に触れながら...

↑ページの先頭へ