Please wait... loading

注目製品レビュー ~キヤノン PowerShot G9 X Mark II 編~」 モノクロの世界への新たな挑戦 (第6章)『イマジネーションを活かして』

現在表示しているページ
ホーム > Fattysharkさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年2月 > 注目製品レビュー ~キヤノン PowerShot G9 X Mark II 編~」 モノクロの世界への新たな挑戦 (第6章)『イマジネーションを活かして』

投稿日:2017/02/28

レビューした機材・用品 キヤノン PowerShot G9 X Mark II キヤノン PowerShot G9 X Mark II
注目製品レビュー ~キヤノン PowerShot G9 X Mark II 編~」
モノクロの世界への新たな挑戦 (第6章)『イマジネーションを活かして』

 今回は、コンパクトで自由度の高い創造を可能にするG9 X Mark IIを活用しての作品づくりについてレビューをしてみたいと思います。もちろん、モノクロでの作例を使って。
 モノクロ写真の魅力を自分なりの解釈をもとに、ここで再度、整理してみます。
① 色情報が少ない分、作品を見る人が自由に物語を創ることが出来る。
② しかも、色情報が溢れる中で、新鮮な印象を与えることが出来る。
③ いつもより少しレトロに。
④ しかもセンチメンタルに。
⑤ 平凡を非凡に代える。 等々・・・・・・・・・・
たくさんのサヨナラが交叉する卒業式シーズンを前に、この時期、我々、白鳥撮影隊には悲しい別れが待っています。それは、彼らの北帰行です。2月26日日曜日、いつもの重たい機材は車に積んだまま、G9 X Mark IIを胸にかけて物語を探しに、いつもの東庄町に繰り出しました。課題は、イマジネーションを活かした作品づくり。この日、晴れの予報は外れて、この時期らしい厚い雲間から薄日が射す撮影条件。主役の白鳥たちは旅立ちに備えて、無心に餌を啄んでいましたが、おなか一杯になった順番に家族ごとに鳴き合わせをして北風に向かって飛び出して行きました。しかし、いつもとは違う方向へ、しかも、いつもとは違う編隊を組んで、どんよりした空の中を遥か彼方へ消え。そこに、その光景を眺めるそれぞれに距離感が違うカップルが2組。一組はともに視線を白鳥たちの飛翔へ向け『またね』、もう一組はともに視線を啄む白鳥たちに向け『サヨナラ』。いろいろなイマジネーションが次々に湧いてきました。それをG9 X Mark IIに伝え、今年もたくさんの想い出を残してくれた白鳥たちに感謝の気持ちと、再会の約束を込めて構図を作り、夢中でシャッターを押し続け・・・。軽快な連射音が白鳥たちの声や羽ばたきに同調して消えて・・・。
光の淵を

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F4.9
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Manual

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/1250秒
絞り数値:
F6.3
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Manual

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
10.2 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/1250秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Manual

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/1250秒
絞り数値:
F6.3
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Manual

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/1250秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Manual


思い立ったら、幾つものイマジーネーションを描きながら、日常の少しだけ外側に小さな旅に出ましょう。G9 X Mark IIを持って、全てをG9 X Mark IIに託して。
1.0型大型CMOSセンサーに取り込まれた情報は、静態でも動態でも、思った以上の諧調表現で自分のイメージを映し出してくれます。今回も、レビューと言うより拙い撮影記になってしまったことをお許し下さい。

コメント(1,000文字以内)

5件中 1〜5件目

ぺんごっち
白黒の濃淡でその風景の雰囲気が伝わってきますね。

2017年03月02日 22:52

Yoshey
ステキなシーンばかりですね。モノクロが想像を掻き立てます。

2017年03月02日 21:27

legacy7010
モノクロであっても色を呼び起こさせてくれる表現だと思いました。さすがの腕ですね。

2017年03月02日 00:22

kazuleo
焦点距離の制約はあっても、この画質。。。
雲の繊細な表情や階調まで表現されてます。
さして、すでにモノクロをモノにしましたね〜〜!

2017年03月01日 21:57

s-limited
モノクロは色という要素が無くなって、画像が簡素化された分、感性にストレートに訴えかけることができるのが強みですね。
どれも素敵な作例で、感心しております。
これがコンパクトで撮れるんですから、技術の進歩って凄いですね。

2017年02月28日 23:41

5件中 1〜5件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

Fattyshark

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
2053015
メインカメラ
ライカQ

プロフィール

写欲の向くまま、気の向くままに、徒然ならぬこの世に 偶然の賜物を探しなが...

↑ページの先頭へ