Please wait... loading

注目製品レビュー ~キヤノン PowerShot G9 X Mark II 編~」 モノクロの世界への新たな挑戦 (第7章)『happier photographerを目指して』

現在表示しているページ
ホーム > Fattysharkさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年3月 > 注目製品レビュー ~キヤノン PowerShot G9 X Mark II 編~」 モノクロの世界への新たな挑戦 (第7章)『happier photographerを目指して』

投稿日:2017/03/02

レビューした機材・用品 キヤノン PowerShot G9 X Mark II キヤノン PowerShot G9 X Mark II
注目製品レビュー ~キヤノン PowerShot G9 X Mark II 編~」
モノクロの世界への新たな挑戦 (第7章)『happier photographerを目指して』

 『Let’s be a better and a happier photographer』
今回のレビュー第1章でも紹介させて頂いたハービー山口先生のフォトエッセイ集のサブタイトルです。この素晴らしいタイトルを課題にすること自体は荷が重いので、先ずは分相応に自分自身が笑顔になれるような作品を創りたい、そんな思いを胸に秘めてG9 X Mark IIを手に、千葉県香取市の小京都『佐原』の街と、都電荒川線沿線へとプチ遠征しました。
安直ですが、その対象として『子供』を被写体として選択し、加えてG9 X Mark IIの動態撮影をレビューするために、その動きを切り撮る事にチャレンジしてみました。
ボクの歩幅

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program Auto
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F4.9
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Manual

作例① ボクの歩幅
これは、都電荒川線大塚駅停車中の車内から、踏切を渡る人々の様子を撮影したものです。
勿論、主人公は『ボク』1歳半くらいでしょうか、体格以上に凛とした姿勢で、しっかりと自分の歩幅で歩いています。周囲には忙しく大きな歩幅で歩くサラリーマン、笑顔で語り合いながら歩く若者などなど。それらの被写体と比較しても、小さくても圧倒的な存在感です。隣で、両手をポケットに突っ込み、少し心配そうな表情でそれを見つめる父親、一歩線路の方に踏み出したその歩幅も印象的でした。この光景を、わずかにマイナス補正にして、背景の街並みに人々の歩みが浮き出すように工夫して作画してみました。撮影モードはこれもプログラムオートですが、自分の意図したようにG9 X Mark IIは反応してくれました。(Photoshop Elements14でコントラスト調整)

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F4.9
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
320
ホワイトバランス:
Manual

作例② 僕等の歩調
これも、都電荒川線王子駅で内から撮影した作品です。女の子と男の子が、はしゃぎながら、出発間際の電車に向かって走って来ました。まるで歩調を合わせるかのように、ともに笑顔を湛えながら。その瞬間を逃すまいと連射し切り撮り。そして二人も何とか滑り込みセーフ。僕を含めて何人かの乗客がその様子を見ていましたが、みんな二人を歓迎するかのような微笑みを浮かべていました。その後の少し照れくさそうにしている二人の表情は残念ながら撮影できませんでしたが、次の次の駅で彼らが降車するまで、とてもハッピーな時間が車内に流れていました。きっと初めてのデートではなかったのでしょうか?自分の淡い初恋を思い出しながらG9 X Mark II内でRAW現像してラフモノクロ効果を使い作画しました。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
10.2 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/1250秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Custom

作例③ 僕らの歩影
これは、千葉県香取市の小京都『佐原』の街での一コマです。この日は気温も晴天で19度まで上昇。青空に浮かぶ白い雲の形が面白く、それを背景に順光の被写体を撮影しようと狙っていました。するとそこに、スキップしながら石畳を駆ける少年、そして眩しそうな表情で後を追う少女の姿。液晶画面で確認しながらチャンスを伺うと、その少年の影が踊っていました。これにタッチしてパシャリ。狙い通り、背景の白い雲、主人公の少年の表情、そしてフォーカスを合わせた歩影、満足の瞬間を切り撮ること出来ました。軽快なフットワークで、自由なアングルで、狙ったチャンスを切り撮るG9 X Mark IIに思わずキスしたくなる時間を過ごしました。
(Photoshop Elements14で周辺減光しコントラストを補正しています。)

コメント(1,000文字以内)

9件中 1〜9件目

ウッチーパパ
以前、機材レビューの撮影会で佐原を訪れたことがあります。
とても素敵な街ですよね!
モノクロもマッチしてます♪

2017年03月06日 18:07

Yoshey
ステキなモノクロ作品ですね。特に③はとても好きです。素晴らしい!

2017年03月05日 23:31

ぺんごっち
素敵なスナップ写真ですね。雰囲気がとても良いです。

2017年03月05日 11:11

kazuleo
沿線の風景とともに子供達の無邪気な姿に和まされます。そしてモノクロの優しい色調もと相まって、ハートがポッと温かくなります。

2017年03月04日 18:48

legacy7010
モノクロの扱い方、そして作例を撮る過程、心象風景までありとても勉強になりました。

2017年03月04日 00:02

sisitou
モノクロ編、面白いです。
画面タッチでピン取れるのはイイですね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

2017年03月03日 10:21

iman
撮る前にテーマがあるのだから良い写真が撮れる訳だと納得です。
納得しても出来ない私ですが。(笑)
それにしても、説得力のある文才にも感心しています。

2017年03月03日 08:44

ふわり
一瞬一瞬に思いを込められた作品、とても勉強になりました。

2017年03月03日 00:04

s-limited
ハッと思った瞬間に、その衝動を即座にシャッターに伝えられるというのは、スナップを撮る上で貴重な性能ですよね。
魅力溢れるモノクロ作品群に、興味津々です^^

2017年03月02日 23:44

9件中 1〜9件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

Fattyshark

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
2339395
メインカメラ
ライカQ

プロフィール

写欲の向くまま、気の向くままに、徒然ならぬこの世に 偶然の賜物を探しなが...

↑ページの先頭へ