Please wait... loading

注目製品レビュー イルフォード ファインアートメディア編<3>

現在表示しているページ
ホーム > Akihisa Onoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年3月 > 注目製品レビュー イルフォード ファインアートメディア編<3>

投稿日:2017/03/02

注目製品レビュー イルフォード ファインアートメディア編<3>

【紙】どの紙を選ぶか
①あなたは、その写真で「何を伝えたいですか?」
②最終成果物(今回の場合は作品の展示)を思い浮かべてみてください。

①はプリントに限らず、ネット上の写真にも言えることだと思います。
プリントがプリントたる所以は、②によるものですね。

ざっくり言うと光沢か半光沢かマットか。
額装はどんな風か。

回覧されたサンプルペーパーを見ると、水の飛沫の光沢(きらきら感)や紙自体の白色がかなり違うことがわかります。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/210秒
絞り数値:
F1.4
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/120秒
絞り数値:
F2.8
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F2.8
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


イルフォードはプリントのみならず額装も手がけているので、プロラボのような仕上がりが期待できそうです。
イメージした最終成果物は、エプサイトで確かめることになるでしょう。

さて、プリント体験でまずサンプルペーパーとして用意されたのは、
1. 光沢系バライタペーパーの「ギャラリー・プレステージ・ゴールドファイバーシルク」
2. マットペーパーの「ギャラリー・プレステージ・スムースコットンラグ」
の二種類で、A4サイズでプリントして、違いを感じてもらって本番用の紙(A3ノビサイズ)をチョイスしてプリントする流れです。

当日用意されたEPSONのSC-PX5VIIは、光沢紙とマット紙とでインクの設定を切り替える必要があるため、レビューワー5人が二手に分かれて移動しながらサンプルプリントを行います。この時点でレビューワーの作品の方向性を聞いて、あらかじめどちらかを選ぶようにすれば、もう少し効率的に作業ができたかもしれません。

私は光沢系で行こうと決めていましたので、最初から光沢系でサンプル出力できればよかったのですが、マット・セッティング側に着席したので、結局バライタペーパーでのサンプル出力なしに本番プリントを敢行したのでした。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F3.2
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
2000
ホワイトバランス:
Auto


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F2.8
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
1000
ホワイトバランス:
Auto


ドキドキする瞬間

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
レンズ:
富士フイルム XF16mmF1.4 R WR
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/120秒
絞り数値:
F1.4
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


プロジェクターもPCもプリンターもすべてEPSONです。さすがです。
それにしても、印刷された写真が出てくるこの瞬間は、いつもドキドキしますね。

実際のプリントは額装され、3月10日(金)~3月23日(月)にエプソンイメージングギャラリー エプサイトで開催される「ILFORD Masters Photo Exhibition vol.2」(http://www.ilford.co.jp/news/news_exhibition201703.html)にて展示されます。

レビューワー仲間の作品もとても素晴らしいので、足を運んでいただけると嬉しいです。


**************************************************************************************************
注目製品レビュー イルフォード ファインアートメディア編
http://ganref.jp/common/monitor/jetgraph/ilford1702/
**************************************************************************************************

コメント(1,000文字以内)

7件中 1〜7件目

なすナス
トラブルにも冷静な対応ぶりが貫録でした♪

2017年03月21日 01:16

Akihisa Ono
製剤屋さん、kazuleoさん、れんずさん、legacy7010さん
コメントをありがとうございます。

製剤屋さんには早速展示もご覧いただいて感謝です。
今回は紙も額装もうまく写真にマッチしたかなと思っていましたので、そう感じていただいて嬉しいです。

2017年03月11日 23:36

製剤屋
拝見させていただきました!
紙の表現力を最大限に生かした作品に仕上がっていると感じました!

2017年03月11日 19:49

legacy7010
おっとこれは北海道で撮られたらしき作品。ますます楽しみになってきました。

2017年03月04日 00:05

れんず
A3ノビでのプリントを拝見するのが楽しみです。

2017年03月03日 20:21

kazuleo
CP+のだ会場で最終プリントを見てないので、展示が楽しみです!
イメージ的には、バライタの落ち着いた光沢が作品とマッチすると思われます。

2017年03月03日 08:51

製剤屋
バライタ調の落ち着いた光沢も良いかもしれませんね!エプサイトで拝見するのが楽しみです!

2017年03月02日 23:22

7件中 1〜7件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

Akihisa Ono

GANREF Point
687155
メインカメラ
FUJIFILM X-T2

プロフィール

蛍、風景、スナップを中心に活動しています。 ☆富士フイルム Xシリー...

↑ページの先頭へ