Please wait... loading

注目製品レビュー イルフォード ファインアートメディア編<6>

現在表示しているページ
ホーム > Akihisa Onoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年3月 > 注目製品レビュー イルフォード ファインアートメディア編<6>

投稿日:2017/03/20

レビューした機材・用品 イルフォード WASHI TORINOKO  和紙 鳥の子  イルフォード WASHI TORINOKO 和紙 鳥の子
注目製品レビュー イルフォード ファインアートメディア編<6>

今回のレビューは、
① CP+2017会場での特別セミナー(プリント体験会)
② ILFORD Masters Photo Exhibition vol.2での作品展示
がメインのイベントでしたが、イルフォードさんから自宅プリント用にサンプルペーパー4種類のご提供をいただいています。

1. ギャラリー・プレステージ ゴールドモノシルク
2. ギャラリー・プレステージ スムースパール
3. ギャラリー・プレステージ ファインアートスムース200
4. ギャラリー・プレステージ 和紙 鳥の子

ざっくり言うと、1と2が光沢系、3と4がマット系になります。
プリント実習ではカラーだったので、自宅プリントでは、1のモノクロ用ペーパーと4の和紙を使って、モノクロプリントを試してみました。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
4000
ホワイトバランス:
Auto


上が1のゴールドモノシルク、下が4の和紙 鳥の子になります。
ご覧いただくとお分かりの通り、なぜか和紙の方はセピアのトーンになりました。
念のため、データをグレースケールにしても同じでした。
ICCプロファイルは、エプソンフォトマット紙用を用いています。
自宅のプリンターはエプソンのEP-302、染料インクの単機能汎用機なので、専用のICCプロファイルはペーパーサプライヤーでも用意されていません。

ちょうど良い機会なので、カラーモンキーを使ってプリンターのプロファイルを作ることにしました。
カラーモンキフォトを使ってプロファイルを作る場合、2回チャートを印刷する必要があります。

テストチャートをスキャンするには、インクが完全に乾いて色が定着している必要があるため、第一テストチャートを印刷後、一晩置いて完全に乾かします。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/50秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
6400
ホワイトバランス:
Auto


そして、スキャンしたデータに基づいて作成された第二テストチャートを印刷し、また相当時間置いて、再度スキャンします。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/45秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
6400
ホワイトバランス:
Auto


第二チャートをスキャンしてソフトが最終プロファイルを完成させれば終わりです。

ところが、残念なことに、サンプルペーパーが一枚しか残っていません。
そこで、プリント実習でプリントしたものと同じデータ(下記)でプリントしてみました。

ジュエリーアイス・バード

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
レンズ:
富士フイルム XF16mmF1.4 R WR
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/10500秒
絞り数値:
F2.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


和紙マット紙ならでは落ち着いた色合いとテクスチャですが、色はマッチングさせることができました。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
焦点距離:
35.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
4000
ホワイトバランス:
Auto


題材としては光沢紙向けですが、淡い水彩画のようで、これはこれで面白いかも知れません。

**************************************************************************************
注目製品レビュー イルフォード ファインアートメディア編
http://ganref.jp/common/monitor/jetgraph/ilford1702/
**************************************************************************************

コメント(1,000文字以内)

5件中 1〜5件目

だい
今日、新宿に行ったので寄ったのですが最終日とは思っていなくて16:00過ぎに行ったらもう終わっていて見る事が出来ませんでした(泣) というわけで時間のある時に皆さんのレビューを拝見させていただきたいと思います。。。

2017年03月23日 21:18

t
色合わせ、お見事ですね!
和紙の使いどころが難しいように思いましたが、独特の風合いがいいものですね。

2017年03月21日 13:39

kazuleo
改めてキャリパレーションの重要性に気付かされました。

撮影意図としては、光沢系用紙でしょうが、個人的な好みは、ほの温かな雰囲気を出したいので和紙プリントに一票です!

2017年03月21日 08:50

れんず
和紙は色が難しいのですね。
キャリブレーションでうまくいったようですね!

2017年03月21日 07:34

円山貫
色が合いましたね~
難しい紙ですが、キャリブレーション、すごいもんですね。



2017年03月20日 22:38

5件中 1〜5件目

TOP OF GOLD

Akihisa Ono

GANREF Point
679030
メインカメラ
FUJIFILM X-Pro2

プロフィール

蛍、風景、スナップを中心に活動しています。 ☆Xシリーズ写真展  ...

↑ページの先頭へ