Please wait... loading

「イルフォード・ファインアートメディア」 第3回 Q&A編

現在表示しているページ
ホーム > れんずさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年3月 > 「イルフォード・ファインアートメディア」 第3回 Q&A編

投稿日:2017/03/01



先日のCP+でのセミナーにあたって、いくつかの質問を用意していきました。しかし、時間が短く質疑応答コーナーはありませんでした。そのため、持っていったメモをイルフォードの方にお渡ししましたら、翌日、質問に対する回答をとても丁寧にいただけました。

当初は、レビュー記事に織り込もうと考えておりましたが、本企画でイルフォード製品に関心を持たれた方に参考になるQ&Aとなっていますので、転載させていただきます。

=============================================

【Q1】イルフォード製品はどこで買えますか。

【A1】ヨドバシカメラ、ビックカメラの以下の店舗は在庫販売を行っています。ただし店舗により品揃えは異なります。また取扱店舗については随時見直しが行われています。

ヨドバシカメラ 新宿西口本店、Akiba、横浜、京都、梅田、吉祥寺、町田、川崎、名古屋松坂屋、博多、札幌、仙台

ビックカメラ 有楽町、池袋本店パソコン館、ビックロ、赤坂見附、水戸、八王子
その他の店舗でもお取り寄せいただく事は可能です。

ヨドバシ.com、ビックカメラ.comでも購入いただけます。



【Q2】ネット通販はしていますか。

【A2】弊社で運営するインクジェットオンライン(http://www.inkjet-online.jp/)がございます。

上記のヨドバシカメラ、ビックカメラの通販サイトの他、アマゾン、上新電機などのネット通販でも購入いただけます。



【Q3】最初に購入するのにおすすめなものはありますか。

【A3】イルフォードギャラリーシリーズで発売以来最も人気のある商品は「Smooth Pearl(スムースパール)」です。
厚手の半光沢RCフォトペーパーで独特なテクスチャー感を評価いただいています。
顔料プリンターはもちろん、ほとんどの染料プリンターでご利用いただけます。

バライタ系で「Gold Fibre Silk(ゴールドファイバーシルク)」も2009年の発売以来、高い評価をいただき多くのプロの写真家の方に使っていただいています。
今回のILFORD Masters展でも中村成一さん、ハービー山口さんがお使いいただいています。
また、昨年エプサイトで行われた三好和義さんの軍艦島の写真展でも「Gold Fibre Silk(ゴールドファイバーシルク)」を選んでいただきました。
「Gold Fibre Silk(ゴールドファイバーシ ルク)」は顔料プリンターでの使用をお勧めします。

マット系では「Smooth Cotton Rag(スムースコットンラグ)」がお勧めです。
コットン100%で蛍光増白剤不使用のナチュラルホワイトの白地に、非常にスムースな面質なのでどのような被写体の写真でもお使いいただけます。
厚みが485μありますので、厚手用紙に対応していれば顔料、染料インクいずれのプリンターにも対応します。



【Q4】いろいろな種類が入った「お試しパック」の様なものはありますか。

【A4】現在、Fine Art Discovery Pack (http://www.ilford.co.jp/product/galerie/product_galerie32.html) とMix Pack (http://www.ilford.co.jp/product/galerie/product_galerie20.html) の2種類が用意されています。ただしMix Packは4月に新タイプが発売予定となっているため、現行品は在庫限りとなっています。
新タイプにつきましては改めてホームページ等でご案内いたします。

(私から補足:前者はAmazonでも取り扱っていました。http://www.goo.gl/5IOkpt )




【Q5】製品の保管期間はありますか。

【A5】保管期間は設定しておりませんが、開封後はQ6で回答する保管の注意点を参考に、早めに使用する事をお勧めします。



【Q6】製品の保管で気をつけた方がいい事はありますか。

【A6】用紙は構造上、湿気、ガスを吸いやすくなっていますので、高温、高湿、直射日光を避け、必ず袋などに入れて保管する事をお勧めします。



【Q7】染料インクプリンターしか持っていませんが、適した製品はどれでしょうか?

【A7】「Gold Fibre Silk(ゴールドファイバーシルク)」を除くイルフォードギャラリーシリーズは染料インクに対応しています。

ただし、コットン系の4製品(Smooth Cotton Rag、Textured Cotton Rag、Cotton Artist Textured、Gold Fibre Gloss)はいずれも400μ以上厚みがあるため、厚手用紙に対応したプリンターである必要があ ります。



【Q8】プリンター使用時に留意する事はありますか(紙のセット方法、紙粉等について)。

【A8】バライタ系、マット系の用紙は環境によりカールしている場合があります。その場合は手で矯正する等、できるだけカールを取り除いてからプリントしてください。

同様にバライタ系、マット系の用紙は加工時に紙粉が発生しやすいため、プリント前に柔らかいブラシなどでプリント表面をやさしくブラッシング してからプリントする事をお勧めします。

その他、製品情報につきましては以下のホームページをご覧ください。
http://www.ilford.co.jp/product/galerie/product_galerie_top.html#galerie01

======================================================
以上です。

-------------------- 「注目製品レビュー ~イルフォード・ファインアートメディア編~」企画にレビューワーとして 参加中!! http://ganref.jp/common/monitor/jetgraph/ilford1702/

コメント(1,000文字以内)

7件中 1〜7件目

れんず
kazuleoさん ありがとうございます。
お試しパック、ぜひおすすめです。

2017年03月03日 19:32

kazuleo
いつものことながら頭が下がります。
これだけを切り出されてレビューにされたのは正解ですね。
まずは、染料機でいくつか試してみたいと思います。

2017年03月03日 09:30

れんず
・なすナスさん
・Akihisa Onoさん
・legacy70さん
・tさん

コメントありがとうございます。こちらのレビューが皆様に役に立てば幸いです。

2017年03月02日 07:41

t
イルフォードは情報が少ないので、とても参考になりました。

2017年03月02日 07:09

legacy7010
入念な準備、さすがですねーーー

2017年03月01日 23:52

Akihisa Ono
このれんずさんの情報が、一番紙の違いを理解するのに役立ったように思います。
染料インクだとバライタ系は適さないのですね。

2017年03月01日 23:09

なすナス
とっても有益な情報提供ですね!
事前に質問事項を整理され、回答を広く共有いただけるとはさすがです~♪

2017年03月01日 21:38

7件中 1〜7件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

れんず

目利きAWARD DOUBLE目利きAWARD DOUBLE
GANREF Point
2017095
メインカメラ
NEX-5R

プロフィール

-

↑ページの先頭へ