Please wait... loading

火焔山の仏教石窟Ⅰ

現在表示しているページ
ホーム > 光mandaraさんのページ > ポートフォリオ > 写真一覧 > 火焔山の仏教石窟Ⅰ
火焔山の仏教石窟Ⅰ

(タクラマカン砂漠シリーズ)
火焔山山中の渓谷にあるベゼクリク千仏洞。
ベゼクリクは「絵のあるところ」を意味する。この仏教石窟は、14世紀以降イスラーム教徒により破壊され、20世紀以降は外国探検家により多くの壁画が持ち出されて破壊が著しい。

★お気に入り登録 | 6

お気に入りコメント(1,000文字以内)
今週の登録可能枚数:350枚

候補

光mandaraさんのほかの写真

コメント(1,000文字以内)

6件中 1〜6件目

光mandara
光mandara
kgさん
そうですね。人がいてよかったです(^-^)
ありがとうございます!

2017年05月21日 06:04

kg
kg
人物を配することでスケール大きさが伝わりますね~
ナイスショットです(^^)

2017年05月20日 22:23

光mandara
光mandara
よんさん
この石窟にあった壁画「供養礼拝図」を書籍でみると「赤土色」で鮮やかに彩られており、風土と芸術が一体になっていたことがわかります。この現場で見らないのが残念でした。
ところで、風土の表現には、やっぱり人はいりますよね!!

2017年05月20日 13:53

よん
よん
神秘的な赤い色!
人物が入るとやっぱりいいですね^^

2017年05月20日 13:20

光mandara
光mandara
藍青星さん
僕だってちょっと短期間行っただけで、現実感はうすいです(^-^)

2017年05月20日 08:41

藍青
藍青
歴史を保存するのは難しいですね。自然風化もありますし。
私の中で現実感が理解できずジオラマのように感じてしまいます。

2017年05月20日 08:30

6件中 1〜6件目

新着写真

GOLD 2

光mandara

GANREF Point
123630
Next Point
126370
メインカメラ
EOS 5D Mark III

プロフィール

ドキュメントとしてそれぞれの土地の精神を探っていこうと思っています。 ...
カテゴリー

同じ中カテゴリーの写真

もっと見る

キーワード
作品情報(Exif)
カメラメーカー キヤノン
カメラ EOS 5D Mark III
レンズメーカー キヤノン
レンズ EF24-105mm F4L IS USM
焦点距離 24.0 mm
撮影日時 2015/06/10 11:42:47
フラッシュ Off Did not fire
撮影モード Aperture-priority AE
シャッタースピード 1/200秒
絞り数値 F13.0
露光補正量 -0.3EV
ISO感度 100
ホワイトバランス Daylight
色空間情報 sRGB v1.31 (Canon)
イメージサイズ 5,098×3,399
撮影地
関連写真

同じカメラで撮影された写真

もっと見る

同じレンズで撮影された写真

もっと見る


↑ページの先頭へ