Please wait... loading

キヤノン PowerShot G9 X Mark II レビュー 《 第9回 》 風景写真の実力検証 編

現在表示しているページ
ホーム > イチローさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年3月 > キヤノン PowerShot G9 X Mark II レビュー 《 第9回 》 風景写真の実力検証 編

投稿日:2017/03/09

レビューした機材・用品 キヤノン PowerShot G9 X Mark II キヤノン PowerShot G9 X Mark II
PowerShot G9 X Mark IIを約3週間使用した結果、APS-Cのミラーレス機よりも使いやすい面も多く、画質的にも遜色がないという印象を受けました。
ただし、これはあくまでも感覚的なものであって、細部に亘って2者を比較した結論ではありません。
この章では、風景写真でその実力を見てみることにします。


■風景写真に求められる解像力を満たしているかを検証

コンデジの進化には、目を見張るものがありますが、やはりセンサーサイズの壁はあります。
今回一番注目している点は、1型センサーで捉えた「風景写真」の出来栄えで、それを画質評価の目安と考えています。

評価方法甚だアナログ的、かつ主観が入ってしまいますが・・・
身近にある樹木(開花した桜の木、芽吹き前の小枝等)を撮影し、その細部がどれだけ解像しているかを見ます。
 


▽作例1:満開の寒桜
 ピーカンのトップ光で花撮りには厳しい条件下だが、
 花弁に影が映らず濁りのない鮮やかな画が得られた。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
10.2 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F5.0
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Auto


 評(×)50%拡大画像でも花弁が団子状態。A4プリントでも厳しい。



▽作例2:毛細血管のような枝振りの巨木
 全面シルエットの画像、背景のムラも少なく、作者の意図通りの画像になった。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
10.2 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F11.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Auto


 評(○)50%拡大画像でも、小枝が一本一本解像して見える。
     100%拡大では、切れが悪くなるが、A3~全紙プリントは問題なくいける。



▽作例3:花の重なりが少ない梅の木
 剪定の妙で平面的な枝揃い、青空が広く映って抜けの良い画に。


 評(○)2m位まで寄って撮影しているので、割り引いて○評価
     100%拡大でも、良く解像している。A3~全紙プリントは問題なくいける。


▽作例4:印旛沼朝景
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X Mark II
焦点距離:
26.7 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F7.1
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto


 評(×)もやっている雰囲気は良く出ているが、PS(スタンダード)はEOSと違う?
     拡大しなくても、仕掛け網や杭が解像していないのが分かる。
     靄のせいではない。



▽参考作例:同日同時刻の印旛沼朝景(EOS 70Dの画像)
      レンズの違いを見せ付けられる画だ(100-400II)
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 70D
焦点距離:
108.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/25秒
絞り数値:
F11.0
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto




G9 X Mark IIは可能性を秘めたのあるモデルなので、ここで最終結論は出したくありませんが、風景写真は撮り方次第という気がします。
フォトコンや写真展用途では厳しい面もありますが、フォトブックに残す目的であれば十分と感じました。

風景写真の作例は
↓コチラ
G9 X Mark II 撮影記 《第7回》 印旛沼・春の朝景
http://ganref.jp/m/ichiro51/reviews_and_diaries/diary/14661

G9 X Mark II 撮影記 《第8回》 寄らば大樹の影
http://ganref.jp/m/ichiro51/reviews_and_diaries/diary/14664


~~~~~~~~~~~
「注目製品レビュー ~キヤノン PowerShot G9 X Mark II 編~」企画に
レビューワーとして 参加中!!
http://ganref.jp/common/monitor/canon/g9xmk2/

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

イチロー
kazuleoさん

お忙しいのに、ありがとうございます。
印旛沼は、網が解像しないことにはどうにも・・・

でも、このカメラに求めるものは違いますから、

2017年03月15日 08:04

イチロー
撮りこみ苦労さん

閲覧ありがとうございます。
100-400IIの描写力は際立っていて、私はスナップにも使っています。
それとの、比較ですからねぇ

ただ、G1X MarkIIの1.5インチセンサーはAPS-C並み、レンズも良いので総合力は高いです。

2017年03月15日 08:00

kazuleo
APS-C機とのとの違いは明らかですね。センサーサイズが求められる風景写真となると、作品作りという点では厳しいということですね。
それにしても、朝の印旛沼は美しい!

2017年03月09日 08:43

撮りこみ苦労
コンデジは、5m前後の使用を原点にしているのでしょうか。
センサーのサイズを含めた解像度と、レンズの選択(性能)、底なし沼を改めて感じました。

2017年03月09日 08:26

4件中 1〜4件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

イチロー

目利きAWARD SINGLE目利きAWARD SINGLE
GANREF Point
1927117
メインカメラ
EOS 5D Mark III

プロフィール

現在、お返しのコメントが滞っております。申し訳ございません。 -----...

↑ページの先頭へ