Please wait... loading

注目製品レビュー 『キヤノン EOS M5』 のレビュー No.20 ~東京散歩で高感度お試し~

現在表示しているページ
ホーム > かずひさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年11月 > 注目製品レビュー 『キヤノン EOS M5』 のレビュー No.20 ~東京散歩で高感度お試し~

投稿日:2016/11/01

レビューした機材・用品 キヤノン EOS M5 キヤノン EOS M5
さて、引き続き東京散歩です。

今回は、高感度性能を試してみたいと思います。

これまでの撮影で、高感度性能がアップしているという事は分かりましたが、実戦でどれくらいまで許容できるのか?

その辺を実際に撮影した作例を元に探っていきたいと思います。

ただし、厳密な比較をしたりISO値を1段ずつズラして検証等をするわけではなく、あくまでも実際の作例にて、これが使えるかどうか?という大雑把な感覚でのレビューです。

しかも、ISO値を設定して撮ったわけではなく、プログラムオートでISO感度もオート(上限ISO12800)という完全にカメラ任せで撮っています事をご了承ください。


まずはKITTEで撮ったこちらの写真。
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
焦点距離:
10.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto
ISO1600です。

この程度の高感度では、全く問題ないですね。

以前、EOS7Dを使用していたとき、ギリギリISO1600が使えるかどうかというレベルでした。

その前のEOS40Dは、ISO1600はちょっと・・・という感じだったように記憶しています。

それが今やISO1600は普通の感度です。


次の作例はISO3200です。
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
焦点距離:
10.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto

先ほどのISO1600と比べると、ノイズは増えましたが、嫌な感じの色ノイズはあまり出ていないように思います。

等倍で見るとディテールは若干ではありますが甘くなっていますね。

ただし、通常の鑑賞レベルでは十分なレベルだと思います。


次の作例はISO4000です。
EOS M5 高感度撮影

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
レンズ:
キヤノン EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
焦点距離:
10.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
4000
ホワイトバランス:
Auto

こちらも通常サイズでの鑑賞では、特に問題はなさそうに思います。

等倍で見るとディテールがやや崩れ始めていますが、A3くらいまでならいけそうな気がします。



そしてこちらはISO5000です。
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
焦点距離:
11.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F5.0
ISO感度:
5000
ホワイトバランス:
Auto

先ほどのISO4000と比較して、そんなに違いがないように思いますがいかがでしょうか。


そして同じくISO5000
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
焦点距離:
10.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
5000
ホワイトバランス:
Auto

等倍で見なければ特に問題ない感度です。

フォトコンテストの応募要項で、プリントサイズがA4というコンテストが多いように思いますが、このレベルならそれらのコンテストに応募しても大丈夫と思います。

(そもそもコンテストは画質を競うものではないですから)



さて、最後はなんとISO12800です。

といっても、こちらは「手持ち夜景モード」で撮ったものです。

手持ち夜景モードとは、1回のレリーズで4回シャッターが連写され、4枚の写真を撮ります。

そしてその4枚をカメラ内で自動的に合成して1枚の写真に仕上げてくれます。(10秒程度で処理は終わります)

デジカメ写真のノイズは、完全にカメラを固定して2枚の全く同じ写真を撮っても、同じ場所に出てくることはありません。

なので、複数枚の写真を合わせて、ノイズ部分をつぶしてやればノイズの少ない画像が得られます。

この原理を使ったのが「手持ち夜景モード」です。

手持ちなのでズレるのでは?と思うかもしれませんが、そこはご安心を。

カメラがそのズレを自動的に検知して修正してくれるのです!

優れものですね~♪

ただし、ズレを修正するために、画角は若干狭くなりますのでご注意を。

ということで結果はご覧の通り。
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
焦点距離:
10.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Not Defined
シャッタースピード:
1/50秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
12800
ホワイトバランス:
Auto

ISO12800とはいえ、普通に鑑賞できてしまいますね。

よく見ると、ディテールが甘いなぁという感じではありますが。

等倍で見ると、確かに細かい部分のディテールは崩れていますが、ノイズ感はもはやISO12800のものではないですね。

しかもこれがAPS-Cですから。

フルサイズセンサーですら難しいISO12800をこのレベルで達成してしまうのは凄い事だと思います。



ということで、実践での高感度テストは終わりとします。

ただ、高感度性能については、もっと細かい検証が必要と思います。

最初に言った、1段ずつズラしてノイズの傾向を探ったり、他の機種との比較もしてみたいなどなど。。。

幸い、同じセンサーを搭載したEOS 80Dが手元にあります。

DIGIC6のEOS 80DとDIGIC7のEOS M5はどう違うのか!?

ちょっとというか、かなり興味あります。

それは後日レビューさせていただきますので、乞うご期待!(そんなに期待してないかもしれませんけど^^;)


※ご要望があればEOS 5D MarkⅣとの比較もします。。。(これはEOS M5にかなり不利のような・・・)

--------------------
「注目製品レビュー ~キヤノン EOS M5 編~」企画にレビューワーとして参加中!!
http://ganref.jp/common/monitor/canon/m5/review.html

コメント(1,000文字以内)

14件中 1〜10件目

かずひ
kazuleoさん

ありがとうございます。
80Dとの比較をいつやろうか迷ってます。
すぐやりたい気持ち半分、やってはいけないような気持ちが半分(笑)
でも、レビュー期間も限られてますので、早めにやってみます!

2016年11月04日 19:31

かずひ
☆ケン☆さん

ありがとうございます。
7DはISO1600超えると厳しいですよね。
APS-Cは高感度が厳しいという常識を覆すような進歩で、本当に驚いています。

2016年11月04日 19:30

kazuleo
80Dとの高感度比較は、ユーザーにとってドキドキですね〜(^。^)
通常鑑賞ならカメラ任せで全ていけちゃいそうです!

2016年11月03日 16:18

☆ケン☆
高感度性能は素晴らしいの一言です!!
初代7Dを使っておりますが、やはりISO1600を超えるとノイジーになりますね(汗)

2016年11月02日 15:00

かずひ
Fallen-Rosesさん

ありがとうございます。
確かにISO6400まで常用でいけそうな気がします!
5D3がISO6400まで常用でしたから同等?!
もしそうだとしたら凄過ぎですよ!

2016年11月01日 17:49

かずひ
in my iMageさん

ありがとうございます。
高感度性能の高さには本当に驚きました。
比較レビューは近々やってみます^^
5D4は・・・両機の素性が分かっているだけにやりにくいですね^^;

2016年11月01日 17:48

Fallen-Roses
私的にはISO6400常用でオッケーです(笑)

2016年11月01日 16:30

in my iMage
高感度、凄いですね!
こんなに優秀だとは思いませんでした。
80Dとの比較楽しみにしています!
5D MarkⅣとは余力があったらお願いします(笑)

2016年11月01日 13:36

かずひ
撮りこみ苦労さん

ありがとうございます。
三脚使用でシャープに・・・なかなか鋭いご指摘です。
手持ち夜景モードは、4枚の写真を撮って、多少ズレていたとしても像のズレを検出して重ね合わせるもののようです。
ただ、厳密にピクセル単位で見ると、もしかしたら若干のズレは残るかもしれません。
三脚を使用しないよりは使用した方がシャープかもしれません!

2016年11月01日 13:21

かずひ
YOKOHAMAさん

ありがとうございます。
おっしゃる通り、解像感はちょっと落ちますが、ノイズはISO12800とは思えないレベルです。
今度、RAWで撮った画像でも検証してみたいと思います。

2016年11月01日 13:18

14件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

かずひ

目利きAWARD DOUBLE目利きAWARD DOUBLE
GANREF Point
3375060
メインカメラ
EOS 5D Mark IV

プロフィール

無言ポチのみで失礼させて頂くことがあります。 お返しなどお気遣いなくお願...

↑ページの先頭へ