Please wait... loading

【注目製品レビュー~キヤノン EOS M5編~】vol.24「オールドレンズのススメ①」編

現在表示しているページ
ホーム > kazuleoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年11月 > 【注目製品レビュー~キヤノン EOS M5編~】vol.24「オールドレンズのススメ①」編

投稿日:2016/11/13

レビューした機材・用品 キヤノン EOS M5 キヤノン EOS M5
 EOS M5でのオールドレンズを使ったMF撮影の作例をかなりご紹介しましたが、そろそろあなたもやってみたくなってきましたね。(マインドコントロール成功)
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Daylight


 それでは早速、詳しくご案内しましょう!まずは、用意するモノをご覧下さい。

○用意するモノ
アップロード画像

写真を拡大する

レンズ:
キヤノン EF-M22mm F2 STM
焦点距離:
22.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
640
ホワイトバランス:
Auto

①オールドレンズ
(例)New FD 50mm F1.4:市価(¥6,000〜9,000程度)
②マウントアダプター(ボディ側はEF-Mマウント、レンズ側はオールドレンズと同じマウント)
(例)K&F CANON FDマウント-CANON EOS M マウントアダプター:¥1,944 by Amazon


 オールドレンズと言っても、私は手持ちのフィルム用一眼レフレンズ。そして、このレンズをM5に取り付けるためのマウントアダプターは、Amazonにて入手しました。レデューサーレンズが付いていないため、マウント自体は金属製ですが格安です。


 つづいて、M5本体側の設定において、必ず次のことをやってください!

○M5の設定
①本体メニュー画面のカスタムファンクション「CFnII:その他」の3つめのタブ「レンズなしレリーズ」において、「1:する」にしてください。
※これをしておかないとシャッターが切れません。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Daylight

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/20秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Daylight


②本体メニュー画面のカメラタブ4の一番上の「MFピーキング設定」で、ピーキング「入る」、レベル(強・弱)と色(レッド/イエロー/ブルー)はお好みで設定してください。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/20秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Daylight



 それでは、早速フィールドで撮影しましょう。気になった被写体を見つけたら、絞りリングで絞り値を設定。レンズを向け、フォーカスリングを廻してピントが合ったらM5のレリーズを押す、ただそれだけです!

秋姫姉妹

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
焦点距離:
0.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/640秒
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto


 あっさりしすぎですか?あっ、ゴメンナサイ。でも、ホントこれで撮れますから~!
 では、もう少しピント合わせとかシビアにやりたい場合は、このようになりますということを次回お届けします♪


★キヤノン EOS M5機材レビューアルバム
http://ganref.jp/m/kazuleo/portfolios/album/17890

--------------------
注目製品レビュー ~キヤノン EOS M5 編~」企画にレビューワーとして参加中!! http://ganref.jp/common/monitor/canon/m5/review.html
--------------------

コメント(1,000文字以内)

17件中 1〜10件目

kazuleo
ケンさん
私もあまりの安さに手を出しましたが、質感も精度も申し分ありませんでした(^-^)v
おかげで今回のレビューで大活躍してくれました!

2016年11月22日 18:40

☆ケン☆
アダプタってそんなに安いのですか!?
FDだと安いし、気楽に遊べそうですね♪

2016年11月22日 15:28

kazuleo
ウェザー・リポートさん
その通りですね。キレイにエッジ部に表示されるため、拡大せずとも済むことが多々あります。残る課題は、スティル時のボディ側の手ブレ補正ですね。

2016年11月15日 23:54

kazuleo
かずひさん
手ブレに注意すれば、ノープロブレムです。昔のMFに比べれば、格段にピント合わせができますし、それほどストレスになりませんよぉ。写真の楽しさのひとつですから、勿体ないです。

2016年11月15日 23:51

kazuleo
Fallen-Rosesさん
ネタバラシしちゃダメですよぉ〜(笑)
もちろん私も積極活用しています!

2016年11月15日 20:01

kazuleo
YOKOHAMAさん
やはりイメージできますか(笑)
AFが売りのミラーレスなのに、MFで撮ってこんなに楽しいとは。あれっ、それも私だけ??

2016年11月15日 18:57

ウェザー・リポート
いままで使ったピーキング機能でもっとも見やすいですね。
拡大しなくても十分にMF可能です。スチルでも効く、センサーシフト式の手振れ補正が付くとさらによいですけどね。

2016年11月15日 14:22

かずひ
M5は意外とオールドレンズでも使えるカメラなんですね。
MFは、まず使うことはないんですが、ピーキングがあるのでなんとかなりそうです。
ジャスピンするには、やはり拡大して合わせることになるんでしょうか。
でも僕は怠け者だからAFは外せません^^;

2016年11月15日 13:38

Fallen-Roses
正直、愛機のピーキングは見にくくなるだけであまり使えませんが、EOS M5はクセさえ掴めば使える機能ですね!

とはいえ拡大機能もあるので、私はもっぱら拡大して撮影していますけど (^▽^;)

2016年11月15日 11:58

YOKOHAMA
オールドレンズの楽しみを満喫しているkazuleoさんの様子が目に浮かびます。

2016年11月14日 22:40

17件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

kazuleo

GANREF Point
598889
メインカメラ
EOS 6D

プロフィール

一眼レフはフィルムのCanon AE-1以来30数年ぶり。2013年9月に...

↑ページの先頭へ