Please wait... loading

【注目製品レビュー~キヤノン EOS M5編~】vol.39「M5レビュー・Fin~*」編

現在表示しているページ
ホーム > kazuleoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年12月 > 【注目製品レビュー~キヤノン EOS M5編~】vol.39「M5レビュー・Fin~*」編

投稿日:2016/12/03

レビューした機材・用品 キヤノン EOS M5 キヤノン EOS M5
 これまで機能やスペック中心にまとめをしてきましたが、この年末、EOS M5導入について悩める子羊たちのために結論を出すことにします。もし、あなたが次に挙げるペルソナに合致するなら、迷わず『買い!』です。


★EOSフルサイズユーザーが「EOS M5」を"サブカメラ"に!
一瞬

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
レンズ:
キヤノン EF-M22mm F2 STM
焦点距離:
22.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/8秒
絞り数値:
F5.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Daylight

 フルサイズの魅力は言わずもがなですね。そういう方のサブカメラにM5はうってつけ。これまで、コンデジなどで我慢をしていたり、APS-Cレフ機をサブ機にしている方に最適です。軽量・コンパクト、高速で精度の高いAF、そして画質はDIGIC 7にコントロールされた高画質。弱いレンズラインナップも、手持ちのEFレンズで補えます。フルサイズのシステムの大きさや重さという心と体に対する大きな負担、そして、撮りに行くぞ!と常に気合いを入れる必要があった「撮影」という行為を、とても身軽なモノにしてくれます。さらに、撮影以外のことを犠牲にする必要がありませんので、家族から白い目で見られることもなくなります(笑)

===<M5で解き放たれてみませんか?>===


☆EOS Kissユーザーが「EOS M5」に買い換える!
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
レンズ:
キヤノン EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
焦点距離:
17.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F3.5
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
2500
ホワイトバランス:
Auto

 文字通り入門機であるEOS Kissシリーズ。コストパフォーマンスに優れていますが、二桁EOSらに比べると性能的に見劣りします。M5にすることで、二桁機どころか7D Mk2に準じる程のAFと高速連写性能を手に入れられます。レンズはこれまでの資産を生かせますし、よりコンパクトなシステムを望まれるならEF-Mレンズが最適。プログラムモードを使えば、コンデジ感覚でDIGIC 7の高画質が容易に手に入ります。これなら、奥さんが使ったり、カメラや写真などに興味の薄い方でも、カンタンに超高画質を手に入れられます。

===<誰でも"M5"でカンタン、高画質!>===


★コンデジからのステップアップに「EOS M5」を導入!
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
レンズ:
キヤノン EF-M22mm F2 STM
焦点距離:
22.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
5000
ホワイトバランス:
Auto

 コンデジとの大きな違いは、センサーサイズの大きさによる高画質とレンズ交換の魅力です。いまや1インチが主流になりつつあるコンデジですが、やはりAPS-Cとなるとその画力はダイナミックレンジや解像度をはじめ多くのアドバンテージがあります。さらに、レンズ交換の魅力についても、EF-M系ならばお安く手に入ります。まずは、最近発売された高倍率ズームの「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」が1本あれば、全て事足りてしまいますが、写真やレンズの魅力を味わっていただきたいので、是非22mmと11-22mmはオススメします。

===<レンズ交換できる高画質を"M5"で味わえ!>===


☆オールドレンズのボディに「EOS M5」をチョイス!
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
焦点距離:
0.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/4000秒
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
100
ホワイトバランス:
Auto

 この領域は趣味のセカイなので、万人に受け容れられるとは思っていません。しかも、動画以外では肝心なボディ側5軸手振れ補正が効きません(泣)
 しかし、オールドレンズを使っていたフィルム時代に手振れ補正などという軟派な機能はありませんでした。いかにぶれないよう撮影するか、腕力や筋力アップに励んだ経験がありますよね(笑)その気になれば、M5のコンパクト&軽量と高感度性能をを生かせば、1/30、1/15でも撮影可能です。その対価として、オールドレンズの味わい深い描写と2420万画素のクリアな高画質の両方が手に入ります。また、手に入りやすい標準レンズ域なら、レンズ描写の美味しいところとレンズ周辺部の甘い描写の両方を低コストに楽しめます。防湿個に眠っている、FDレンズが数十年ぶりに日の目を見ることもできます。あなたも、あの時代のレンズで”今”を切り取ってみませんか?

===<往年のレンズを今"M5"で味わう!>===


★子供が生まれるなら&子育て世代にオススメ「EOS M5」!
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS M5
レンズ:
キヤノン EF-M22mm F2 STM
焦点距離:
22.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F2.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Daylight

 高画質なカメラというか、写真を趣味としていない方々が一眼レフを購入するタイミングといえば、子供が生まれる頃や生まれてからが最も多いのではないでしょうか?彼ら&彼女らに最適なカメラとしてM5を推薦します。とにかくコンパクトで軽量、そしてかさばらないから撮る側&撮られる側ともに心のハードルが下がります。そして、動きモノにも十分対応できるAF性能を誇り、さらにAPS-C
クラス最高峰とも言える素晴らしい画質を手にできます。家族にとっても、数々の忘れられない瞬間を収めることができるカメラとして長く愛されるのではないでしょうか。

===<子育てしながら家族で写真を楽しめる"M5">===


 いかがです。迷われているあなたの背中を押すことができたでしょうか?
 これにて、私のEOM M5レビューを終了させていただきます。そういえば、コーヒーショップチェーン店で、折角キヤノンプラザSでM5のプリントの件ですが、おかげさまで無事回収することができました。純正プリンター&純正紙によるシナジーも素晴らしく、改めてM5の描写力を確認することができました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF24-70mm F4L IS USM
焦点距離:
50.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Auto



 9月15日から始まった、私のM5との関係は一旦途切れます。しかし、ミラーレス×APS-Cの魅力を知ってしまったこと、そして我々の期待通りのレンズが来年には順次発表・発売されるでしょうから、M5を再び手にすることも遠からずなのではないかと思います。

 長々と駄文と駄作例、そして私の身勝手なレビューにお付き合いいただくと共に、とても多くのコメントや参考になったをお寄せいただき、どうもありがとうございます。
 そして、この魅力的なカメラとの出会いを創っていただいたGANREF編集部、そして、M5の魅力を存分に体験できる撮影会をプロデュースしていただいた高橋良輔先生、発売前の最新機種をいち早く試すことができる機会を用意していただいた村井さんをはじめとするCMJのみなさま、さらにこの機材レビューを辛く(笑)もありましたが、1か月の長期にわたりモチベーションを維持できた素晴らしい9人のレビューワーのみなさん、どうもありがとうございました。ここに、改めて感謝を申し上げます。



★キヤノン EOS M5機材レビューアルバム
http://ganref.jp/m/kazuleo/portfolios/album/17890

--------------------
注目製品レビュー ~キヤノン EOS M5 編~」企画にレビューワーとして参加中!! http://ganref.jp/common/monitor/canon/m5/review.html
--------------------

コメント(1,000文字以内)

12件中 1〜10件目

kazuleo
legacy7010さん
う〜〜ん厳しい結果ですねぇ。5Dmk4はともかく、売れ筋の普及帯の製品であるM5がE-M1 Mk2というプロ機の発売ですっかり霞んじゃいましたね。でも、本気になると怖いメーカーですから、いつどう仕掛けてくるのか目が離せません。

2017年02月06日 21:02

legacy7010
kazuleoさん、

純減予測が早くも現実化しつつあります。。。。が、CP+前。CP+でどんな巻き返しがあるのか、ないのか気になります。


****************
http://ganref.jp/m/legacy7010/reviews_and_diaries/review/10641

1位:OM-D E-M1 Mark II ボディ

2位:LUMIX DMC-GF7W ダブルズームレンズキット

3位:α6500 ILCE-6500 ボディ(↑1ランクアップ)

4位:OM-D E-M10 Mark II EZダブルズームキット(↓1ランクダウン)

5位:OLYMPUS PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット

6位:α7 II ILCE-7M2 ボディ

7位:FUJIFILM X-T2 ボディ

8位:Nikon 1 J5 ダブルレンズキット

9位:α6000 ILCE-6000Y ダブルズームレンズキット

10位:OLYMPUS PEN Lite E-PL7 14-42mm EZレンズキット

11位:PENTAX Q-S1 ズームレンズキット

12位:LUMIX DC-GH5 ボディ

13位:α7R II ILCE-7RM2 ボディ

14位:EOS M10 ダブルレンズキット

15位:FUJIFILM X-T2 レンズキット


なんと、Top10にCanon機がいません。Nikon機もJ5でかろうじて8位に入っていますが、それより後の発売のM10そして、M5はベスト10圏外。14位にM10が入っていますが、M5は影も形もない状況。PETNAX Q-S1の方が大健闘。

12位のLUMIXも売れすぎて品不足を予測・・・もっと部材があればランキングが上がっている?
****************

2017年02月06日 13:04

kazuleo
かずひさん
おぉ〜、早くも22mmゲットですかぁ。さらに、単焦点で攻めるとは・・・。それでは、人柱になってもらいますね(笑)

2016年12月04日 17:12

かずひ
kazuleoさん

情報ありがとうございます。
35mmと50mmはまさに欲しいと思っている焦点距離ドンピシャです!
EF35mmF2とEF50mmF1.4をポチる寸前でした(笑)
22mmはなんとか都合つけて調達出来たので、その2本を購入してM5は単焦点専用にしようと思ってます^^

2016年12月04日 12:08

kazuleo
YOKOHAMAさん
すっかり常習者ですねぇ。どうしても、収まらないんですよ〜(笑)

ともに9月の発表からお疲れさまでした。では、次回M6で(爆)

2016年12月04日 10:09

kazuleo
かずひさんの惚れ込みようには、オールドレンズ復活で戦いを挑みましたが、あえなく玉砕です(笑)
GANREFメンバーには、ちょっとアピールしづらい微妙な立ち位置であることは否めませんね。フラッグシップとはいわずとも、も少しとがっているならば。。。とはいえ、ミラーレスカメラとしては十分な性能と画質があり、ほとんどの撮影領域に対応できるアールラウンダーであることは間違いありません。

新レンズの噂は、デジカメInfoのこちらの記事です。ひょっとするとCP+あたりでアナウンスがあるかも?
http://digicame-info.com/2016/11/eos-m22017.html

2016年12月04日 10:08

YOKOHAMA
締め切りを無視したレポート、大変感銘深いですね! 笑
お疲れ様でした。

2016年12月04日 08:09

かずひ
kazuleoさんは、他のレビューワーより1か月も前からM5と関わって来たんですね。
長い間お疲れさまでした!
オールドレンズでの楽しみ方はとても新鮮で、M5の幅が更に広がりましたね。
セミナーではターゲット層の事に少ししか触れていませんでしたが、恐らくサブ機として使うユーザーを意識していると思います。
これはもちろんM2やM3を使っているユーザー達です。
つまりこれまでのレンズ資産が生かせる人たちですね。
新規に購入する人や他社ユーザーはなかなか入りにくい領域かも知れません。
来年発表・発売されるレンズがどんなものなのか、とても興味があります。
あとでこっそり教えてください^^
色々と勉強になるレビューありがとうございました!

2016年12月04日 06:52

kazuleo
legacy7010さん
愛情が深いだけに、厳しいですね〜〜(笑)
Mシリーズボディのコンパクト&軽量と、レンズを含めたシステムトータルでのコンパクトな点は、一般の方達にはとても魅力だと思います。そういう方達の選択肢としてはありかと思います。今は、多少高くとも価値のある出費は惜しまない傾向がありますから。

2016年12月03日 15:31

kazuleo
ウェザー・レポートさん
脱臼ですか?それは思わぬアクシデントでした。寒くなる時期だけに、後遺症なども心配です。大事にしてください。続きのレビュー楽しみにしています。

2016年12月03日 15:21

12件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

kazuleo

GANREF Point
599609
メインカメラ
EOS 6D

プロフィール

一眼レフはフィルムのCanon AE-1以来30数年ぶり。2013年9月に...

↑ページの先頭へ