Please wait... loading

【注目製品レビュー】キヤノン PowerShot G9 X Mark II編:vol.3「ワクワクドキドキ水族館」編

現在表示しているページ
ホーム > kazuleoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年2月 > 【注目製品レビュー】キヤノン PowerShot G9 X Mark II編:vol.3「ワクワクドキドキ水族館」編

投稿日:2017/02/20

レビューした機材・用品 キヤノン PowerShot G9 X Mark II キヤノン PowerShot G9 X Mark II
 CMJ・香村さんからのキヤノン PowerShot G9 X Mark II(以下、G9 X Mk2)についてのオーバービューの後は、もちろん今回の講師・高橋良輔先生による作例を交えた、G9 X Mk2の使いどころの解説です。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
13.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto

 のっけから目を奪われるSCN(スペシャルシーン)モードの油彩風を使った極彩色の写真。このレビュー企画のために、沖縄と撮影会のステージでもある浅草のロケハンされた作例写真を披露していただきました。

 使いどころや特徴としては、次の5点を。

 1.コンデジならではの手軽さで、スマホ以上一眼レフ未満の写真が撮れる
 2.撮影は「顔+追尾優先AF+タッチシャッター」で指先で"ピッ"
 3.APS-Cに迫る&時には越える高画質の1インチセンサー
 4.S/N比が良好で高感度に強くノイズが少ない画像
 5.起動や撮影間隔、撮影画像の表示などキビキビ動作

 話を聞くよりまずは使って、試して、実感ということで、高橋先生と富樫GANREF編集長の引率の下、レビューワーとスタッフを伴って1stステージとなる「すみだ水族館」へ向かいました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
13.2 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F3.2
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Auto


 G7 X Mark IIのレビュー撮影会でも江の島水族館を訪れましたが、昨今老眼がすすんでいることと、動きの速い魚たちが被写体になることから、正直苦手なステージです。とはいえ、1時間半ほど自由に撮り回れるので、難しく考えずタッチシャッターを使ってG9 X Mk2任せで撮影することにしました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
10.2 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F2.0
ISO感度:
1000
ホワイトバランス:
Auto


 動きのある魚たちはシャッタースピード優先でという、高橋先生のアドバイスを生かして、いくつかのシャッタースピードで撮影。こちらは、アクアギャラリーの魚たちですが、動きが少ないため1/125で止まってくれました!でも、ISOは何と6400!にもかかわらず、気になるようなノイズが見られません。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
16.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
6400
ホワイトバランス:
Auto


 日本最大の金魚展示ゾーンらしい「江戸リウム」では、和を感じる幻想的な装飾の中でワキンやリュウキン、ランチュウなどが鑑賞できます。保育園児らしい幼児の集団が金魚の群れのように群がっていました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
10.2 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Shutter speed priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F2.0
ISO感度:
4000
ホワイトバランス:
Auto


 また、高橋先生からはコンデジなんだから、エフェクトなどを使って写真を愉しんでみようという提案があったので、インパクトを狙ってSCNモードの「魚眼風」を使ってみました。
インパクト重視

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
10.2 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Not Defined
シャッタースピード:
1/50秒
絞り数値:
F2.0
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto



--------------------
注目製品レビュー ~キヤノン PowerShot G9 X Mark II 編~」企画にレビューワーとして参加中!!
http://ganref.jp/common/monitor/canon/g9xmk2/
--------------------

コメント(1,000文字以内)

10件中 1〜10件目

kazuleo
高橋先生
G7 X Mk2の江ノ島水族館での撮影会の経験が生きました!

2017年02月21日 09:05

kazuleo
ぺんごっちさん
金魚のコーナーの展示は素晴らしかったですね。
そして、らんちゅうが思いの外動きが速くて、追いかけるのに苦労しました。というのも、AF設定を追尾優先にし忘れていて、高橋先生のアドバイスを活かしきれなかった。。。

2017年02月21日 09:03

kazuleo
Yosheyさん
私も魚の名前をメモし忘れて、すみだのHPにほとんど載っていないので、不親切だなぁと思ってしまいました。

きっと、legacyさんがコメントしてくれます!

2017年02月21日 09:00

高橋良輔
魚に魚眼とは、理にかなっていますねー(*^^*)

2017年02月21日 08:03

ぺんごっち
らんちゅうが、空気中に浮かんでいる感じで面白いですね!

2017年02月20日 23:14

Yoshey
有名な魚以外は、名前がちーっともわからんので、名前も記録しながら撮れば良かったと、後から思いました。
高橋先生の美ら海水族館の大水槽をイメージして、少し狙いに行きましたが、私はあえなく撃沈でした。(笑)

2017年02月20日 21:53

kazuleo
Fattysharkさん
水族館は不慣れなもので、まずは高橋先生からのアドバイス通りAUTOからはじめて、シャッタースピード優先、そしてSCNモードという風にシフトしてみました。
こういう遊びができるのもコンデジの魅力ですね。

2017年02月20日 21:19

kazuleo
legacy7010さん

それほど重症とは梅雨知らずでした。花粉が一気に飛び始めたので、これからの屋外での撮影には要注意ですね。体が慣れるまで、無理をなさらずに。

チンアナゴは、講評会篇でご紹介しますよぉ。

2017年02月20日 21:17

Fattyshark
色々試されたのですね。流石です。

2017年02月20日 12:57

legacy7010
kazuleoプロ、

チンアナゴが入ってないっす。。。
この日、花粉症対策を怠ったため、日曜日はほぼ丸1日寝たきり状態・・・今日も仕事をしていても頭がぼーっと・・・やばいっす。

2017年02月20日 12:42

10件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

kazuleo

GANREF Point
598889
メインカメラ
EOS 6D

プロフィール

一眼レフはフィルムのCanon AE-1以来30数年ぶり。2013年9月に...

↑ページの先頭へ