Please wait... loading

vol.4「撮影倍率比較」編【FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACROレビュー】

現在表示しているページ
ホーム > kazuleoさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年5月 > vol.4「撮影倍率比較」編【FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACROレビュー】

投稿日:2017/05/05

レビューした機材・用品 中一光学 FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1 中一光学 FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
+1.7EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Daylight


 部屋の中でも外光を生かせるベランダ側のサイドボード上で、簡易なミニ三脚(マンフロット PIXI )を使いました。被写体にしたチョコのパッケージをレンズに正対させるため、ティッシュのボックスを利用したのはご愛敬で。

 レンズと被写体の間隔はこんな状態です。(撮影倍率4倍時)ほとんど、コンデジのマクロ撮影のように、被写体とレンズは近接しています。
寄ってみました!

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Daylight

 ちなみに、絞り環の手前に見えるローレットは、絞り環やフォーカス用のものではなく、撮影倍率を4~4.5倍にする際に使用します。

 
撮影倍率を変えると、レンズ先端が繰り出されます。

○4倍時
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Daylight


○4.5倍時
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/50秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
+0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Daylight

 この様子を見ていると、まさしく顕微鏡の対物レンズです。
 そして、フォーカスを合わせるには、さてどうするでしょう?

 レンズ本体にはフォーカスリングはありません。つまり、レンズ(カメラ)を被写体に対して前後させて調整します。普段からMFレンズを使うことが多いので、個人的にはあまりストレスがありませんが、AFに慣れきっているとどうやって合わせるのか悩むことでしょう(笑)


 4倍と4.5倍の違いをご覧下さい。

 その差は僅か0.5倍なので、その変化は大きくありませんが、撮りたいものを少しでも大きくといった意味では、貴重な拡大倍率でしょう。


 外光が取り入れられる環境とはいえ、ISO感度は4000まで上がり、シャッター速度のかなり下がります。レリーズケーブルは必須でしょうが、まだ入手できていないため、スマホのアプリ「OLYMPUS Image Share」のリモコン機能をを利用して、シャッターを切りました。レリーズも低振動&静音を使うことで、ブレ防止に役立ちます。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D
レンズ:
キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM
焦点距離:
100.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Daylight

コメント(1,000文字以内)

6件中 1〜6件目

kazuleo
ぎょらんさん

すごい、計算式ではじき出すこともできるんですね〜!
カメラは離さないといけないのに、レンズは繰り出される相反する仕組みとは、マクロは奥が深いです。

2017年05月08日 22:32

ぎょらん
4倍時と4.5倍時を計算すっと・・単位はmm

センサー
↓    a    ↓ b ↓
カメラ
カメラ      レ  被
カメラ      ン  写
カメラ      ズ  体
カメラ

   4倍  4.5倍
a  100   110
b  25   24.4
合計 125  134.4  ←つまり撮影距離

4倍→4.5倍にするとは
 カメラを9.4mm離して
 レンズを10mm繰り出す
ということでして・・

結果としてレンズが被写体に0.6mm寄ったわけで・・

AFなんか作りようがない(^^)/

2017年05月06日 12:07

kazuleo
ぎょらんさん

まさしくご指摘の通り、初めは被写体に寄ってしまいました。拡大率が上がったら、惹かないとダメなんですね。こういう発見もとても新鮮で面白い経験になりました。

2017年05月06日 09:20

kazuleo
ロバノパンヤさん

説明書もまだ付いてないので、最初は???でした!
己がピントリングですよぉ〜(笑)

手ブレは、オリならかなりいけそうです。ギャランさんのアドバイスもあり、近々屋外撮影にチャレンジしてみます。

2017年05月06日 09:18

ぎょらん
ああ、普通は皆さん勘違いしてますよね(^^)
レンズ近づければさらに倍率が上がると・・

等倍を超えた状態というのは・・(^^;
カメラを引くことで倍率を上げるですね。

なのでレンズが出るのに合わせて、カメラを引かんとだめです。

2017年05月06日 01:07

ロバノパンヤ
私もMF慣れしてると自負していますが
フォーカスリングがないとは!
かなりピント合わせはシビアっぽいですね。
いくらオリの手振れ補正でもキツそう・・・(^^;

2017年05月05日 23:19

6件中 1〜6件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

kazuleo

GANREF Point
592164
メインカメラ
EOS 6D

プロフィール

一眼レフはフィルムのCanon AE-1以来30数年ぶり。2013年9月に...

↑ページの先頭へ