Please wait... loading

被写体別ワークショップ@奥日光 撮影記 第-1回

現在表示しているページ
ホーム > Masashi Itohさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2011年2月 > 被写体別ワークショップ@奥日光 撮影記 第-1回

投稿日:2011/02/12

撮影期間 2011年02月12日 ~ 2011年02月13日
使用した機材 ペンタックス K10D
ペンタックス DA18-55mmF3.5-5.6AL II
さて、奥日光のワークショップはいよいよ明日です。

このレビューも第-n+2回目になりました。おそらくn=3になるでしょう。
雪も降ったし、当日の日中の天気予報は晴れ。
現時点での最高気温予報(infoseekのピンポイント予報)では+4℃。
ウェザーニュースでは-3℃、、、何で7度も違うのかな??
どっちにしても悪くはありません。ここで雨や吹雪なら写真どころじゃないですもんね!!

人間の装備は多分大丈夫だろうというのは第-n回で書いた通りです。
http://ganref.jp/m/kiseisaikin/reviews_and_diaries/diary/2531
ここ数日の間で喉と鼻をやられていた風邪も何とか押さえ込めてきましたので
後は機材のパッキングとジャケットとカメラバッグへの防水スプレーくらいです。

自慢できるような高価な機材は持っていないのであんまり晒したくはないんですが、
隠す理由もないし、、、(笑
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ペンタックス K10D
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
On
撮影モード:
Not Defined
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
+0.7EV
ISO感度:
400


【カメラボディ】
ボディは今回は持ち歩きを考慮して二台、D300SとD7000です。
二台とも老眼対策のマグニファイングアイピースを付けています。
ストラップは回し者用を付けてます。特にSILKYPIXストラップを使ってるのは日本中で
私くらいかも知れません。(ホント、見たことないんですわ。。。)
ISLさん、売り上げの0.1ppmくらい貢献してるかもしれないから宣伝費ちょうだい!

それと、試作のままで終わっているアイピースキャップをぶら下げてます。
さっと付けてさっと外せるので、不恰好ですが重宝してます。
また写真には写っていませんが、28-336mm相当のコンデジも持ちます。

【レンズ】
レンズは、16-85mm、90mmマクロ、70-300mm二本、さらに使うかどうか状況次第ですが
500mmミラーというラインナップ。 広角をカバーするレンズが1本しかないので、
今回のワークショップ後の物欲が怖いです。
全く同じ焦点域の望遠ズームを二本持ち出すのは少し考えた結果です。
キャラが結構違うので、被写体によって選択します。
それと、一本はGANREFのレビューのご褒美で頂いたものなので敬意を表して。

500mmミラーは真剣に悩みました。こいつを持ち出すには自作フードも必須のセットに
なってまして、それが本体よりはるかにでかいもんですから。
そんな変なフードを使っているのも多分日本中で私一人でしょう。「それ何ですか?」
とよく聞かれます。口径食が大きくなってしまうのですが、なにせフレアに超弱い奴
なもんですから。。。なお、唯一の「白玉」です。(爆


小物類では、アングルファインダー、ニコンのGPSユニット、リモートコードなど。
【GPSユニット GP-1】
ニコンのGPSユニットGP-1は10ピンターミナルにもアクセサリーターミナルにも接続できる
ので両方のカメラに付けられます。
発売当初性能が悪くて酷評されていた様ですが、現在発売されているものは解決されて
いるようです。少なくとも私が昨年購入したものは問題は有りません。
こいつの便利なところは、ユニット本体にサブの
アクセサリーターミナルがあって、リモートコードが接続できることです。D300Sにも
GPSユニットを経由してですがアクセサリーターミナル用のリモートコードを接続できる
ということです。
また、D7000ではボディの時刻補正もGPSデータを使ってやってくれます。
欲しくなってきた人、居ません? (笑
USB端子も付いてますんで、PCにも接続できます。 ニコンさん、もっと宣伝しなきゃ。

【GPSデータロガー】
白いのは台湾製のGPSデータロガーです。高度はちょっと???な時がありますが、緯度経度の
精度は充分あります。 今回はログ取得間隔を10秒に設定。補助的に使います。
取得データは表計算ソフトでちょちょいのちょいと変換。あらかじめ変換式を埋め込んだ
テンプレートを用意していますので、結果をそのまんまコピペでGoogleMapの検索欄に
貼り付ければ誤差数mで地図上にポイント表示できます。
撮影中はバッグか三脚に括り付けておけば良いので邪魔にはなりません。
欲しくなってきた人、居ません? (爆
製品添付のマッピングソフトもあるのですが、RAW現像をやる人にはあまり使い勝手がよく
ないです。 現像ソフトで最近は対応できるようになってきているようですから、今のところ
この程度で私には充分です。

さ、今日は早く寝ようっと。(^^)

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

Masashi Itoh
ycttim さん
500mm、持ちます。フードも。
どっちが主役か分からんような関係ですが。。。

2011年02月12日 22:34

いまじょうよしひろ
500mm ミラーは私も悩んでます。
持っていくとすると、タムロンアダプトール2はニコンFマウントでさらにF→EOSコンバータでの装着ですので。

2011年02月12日 20:00

2件中 1〜2件目

TOP OF GOLD

Masashi Itoh

GANREF Point
769335
メインカメラ
D750

プロフィール

20171022 ハンドルネームを「寄生細菌」から「Masashi Ito...

↑ページの先頭へ