Please wait... loading

ススキと野鳥を眺めて

現在表示しているページ
ホーム > konitan400さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年11月 > ススキと野鳥を眺めて

投稿日:2017/11/14

撮影期間 2017年11月12日 ~ 2017年11月12日
使用した機材 キヤノン EOS 6D Mark II
キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
段々と寒さが増して、外出には上着が必要な季節です。
いつもの散歩道のススキが夕日で輝くところが見たくなり、散歩へ出かけましました。

頭の上から高い鳴き声が聞こえました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
250
ホワイトバランス:
Auto

モズです。
チチッキチキチキチッと連続して鳴いて、自分の領土を主張しています。
秋の風物詩ですね。

小川の岸辺のススキの根元ではカモが集まり、羽を休めています。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
1250
ホワイトバランス:
Auto

家族でしょうか、愛らしい姿に癒やされました。

歩いているとスズメくらいの小さな鳥が目の前の木の枝に止まり、キョロキョロしています。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto

カメラを構えてふっくらとした姿をパチリ。
冬を前にしてジョウビタキのメスが来てくれました。
ヒタキの仲間は可愛らしく、彩色のものが多いのですが、ジョウビタキのメスは落ち着いた色をしていて、少し落ち着いた感じがしますね。

そうこうしているうちに、日が暮れてきてでススキに上手く光が当たっている場所を見つけました。
黄金の波打つ小道

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
レンズ:
キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
焦点距離:
176.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/400秒
絞り数値:
F6.3
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto

ここにカップルなんかが通ったら絵になるなあ、などと考えていたら誰も来ないものですよね…。

日も落ちて、暗くなり始めたので帰っていると川へ降りていく鳥がいました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン EOS 6D Mark II
焦点距離:
400.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F5.6
ISO感度:
10000
ホワイトバランス:
Auto

若いアオサギです。
首をすぼめていると寒そうに見えてしまいますね。

寒くなってきましたが、いい散歩でした。

コメント(1,000文字以内)

BRONZE 3

konitan400

GANREF Point
2270
Next Point
3730
メインカメラ
EOS 6D Mark II

プロフィール

前々からカメラに興味があったので、2012年の12月にKiss x6iを購...

↑ページの先頭へ