Please wait... loading

注目製品レビュー ~ニコン D850編~ (第2回:雑誌を見ての第一印象)

現在表示しているページ
ホーム > まほろば1123さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年10月 > 注目製品レビュー ~ニコン D850編~ (第2回:雑誌を見ての第一印象)

投稿日:2017/10/29

レビューした機材・用品 ニコン D850 ニコン D850
D850レビュー・清流に映える

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D850
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
焦点距離:
70.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/6秒
絞り数値:
F11.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Auto



今回は、使い勝手という内容になっているかわかりませんが、それを念頭にいれなが
ら、第一印象ということでレビューしたいと思います。

レビューを書くあたって、他の方のレビューを読んでいた時には、なにも考えずに、読
んでいました。

実際、自分が書くとなると、あれ、こんな書き方で良かったのだろうかと思いますが、
徒然なるままに、書ける時に書いておきたいと思います。

D850のことは、誌面で読み流した程度です。

魅力を感じた点を一言でいうと、高画素でありながら、高感度耐性が高い、そして、AF
性能が良く、連写性能もあるということでしょうか。

その他は、

1 サイレントシャッター?、撮影ができる。

2 マニアルの撮影時に、ピーキング機能がついた。

3 フォーカスブラケッティング機能がついた。

4 タッチパネル、タッチシャッター、タッチ操作ができる。

5 可動式の液晶で、アングルの自由度が高い。

6 再生時、ピントを合わせたところを拡大しながら、再生できる。(これはうろ覚えです。)

7 付属品が必要ですが、フィルムをデジタル化できる。

  でしょうか。

本屋で立ち読みしながら、気になった点の内容の記憶ですので、定かではありませんが、欲しかった機能がたくさん追加された印象です。

よく調べたうえで、書いているわけではないので、数値的なものも含めて、大まかに、
また、間違っていることも書くかもしれません。

あらかじめ、ご容赦と、参考になることがあれば、コメントにて、教えていただければ
幸いに思います。

さて、私のメインは、キャノンですが、ニコンも、フィルム時代は、F601・デジタルで
は、D800他を使ったことがあります。

個体差もあるかもしれませんが、F601を使っていた頃、AFの精度が高いという印象が元
からありました。

D800は、もちろん、約3600万の画素に驚き、ダブルマウントにしてしまいました。

しかし、D800は、ミラーショックが大きく、高画素機ということで、手振れがしやすい
というクチコミがありましたが、私も、ミラーショックが大きく、当初、手持ちだと、その音に体が自然反応して困った印象があります。

三脚で使用すれば、なんら問題はないのですが、普段持ち出すとすると、やはり、キャ
ノンになっていました。

D800を持った時、そして、あらためてD850を持った時、ニコンを継続的に使っている
方には、違和感なく使えるのでしょうが、まず、思ったことは、大きくて、重いということ。

ただ、しばらくD800を使っていて、思ったのは、D850もですが、大きいわりに、ホー
ルディングが良いのか、大きさと重さを、あまり強く感じなくなります。

もちろん運搬には大変ですが、使っていては、意外に重さを感じません。

フルサイズ機なのですから、これくらいは仕方のない大きさだろうと思えてきます。

次にミラーショックですが、これは、非常に改善されており、シャッター音については
、好みはあるでしょうが、比較的に小さくて、自分の好みだと思います。

というより、理想は無音が良いとも思っているくらいです。

なにより、連写性能、私の普段使っているものが、秒間5コマなので、秒間7コマとな
ると、早いなあと強く感じました。

もちろん、D5とかD500は、もっと早いのでしょうが、このくらい早いと十分とも思え
ます。

もちろん連写性能が高ければ高いほど、シャッターチャンスを逃さないで済むというメリットもあるのですが、私は、それ以上に手振れ防止に役立つと考えています。

もちろんD5やD500のほうが良いのだけれど、D5はさらに重くなる、なにより高額すぎ
る、D500では、個人的には、画質面でなっとくできなくなる。(D5の画質はわかりませ
んが、アップされている写真をみると良いように思っていますが、実際見ていないので
わからない。)ということで、D850は、非常にバランスがとれているというか、うまく
組み合わされていると思います。

続いて、メニュー設定について、D800のメニュー設定を初めて行った時、ずいぶん細か
く設定できるものだと感心しました。

なにより、カスタムメニューの管理ができる、カスタムメニューといっても、言葉から
連想できないと思いますが、言葉を変えるとユーザー設定が4個できるということ、使
用する人別もあるでしょうが、例えば、星の撮影の設定、動きものの撮影の設定、マク
ロの設定、風景の設定等、自分の撮影シーンに合わせて、ある程度の設定ができること
です。

これは、その後、キャノンにも設定できるようになってきましたが、4個もありませ
ん。

たとえば、なにかの設定をしていると、インターバル撮影ができなくなるということが
ありますが、あの時の設定はどうしたんだっけどと、度忘れしてしまって、なかなか思い出せなくとも、あらかじめ設定しておけば、それを選択してから、さらに詳細設定すれば、すんなり撮影を継続できるというメリットがあります。

そして、なにより、各種ボタンが昔のアナログカメラのように、メニューからだけでな
く、カメラのダイヤルやボタンからも設定できる部分が、キャノンよりも多いというこ
とも魅力です。

D800を手放してから1年ほどたちますが、おおまかな、メニュー設定は、説明書をみな
くてもできるとばかりに、この日は、妻に運転をまかせ、助手席でメニュー設定は、2
0分程度で終了しました。

思い出せなかったのは、ブラケット撮影の設定、どこだ、どこだと思いつつ、えい、ニ
コンのカスタマーに聞いちゃえと携帯から電話をいれたら、つながらず、いらいらしな
がら、カメラをじっとにらめていたら、向かって正面右上に、BKTのボタン、ああ、こ
こだ、ここだと、これで設定は終わりだと思いきや、いざ撮影を始めたら、フォーカス
ポイントを動かせません。動かし方がわかりません。

ええ、なんでできないのと思いつつ、なんで一番使う設定がわかりにくいのと思いつ
つ、時間もないので、その設定は、あきらめて、半押しでフォーカスをきめて三脚の位置決めをするという原始的な撮影で撮影になってしまいました。

その結果が、この写真なのですが、やはり、いまいちピントの精度が甘いように思ってしまうのは、こうした事情からでした。

撮影を終えて自宅に帰り、説明書を見たら、背面のマルチセレクターが、L、ロック状態
になっていました。

ああ、そういうこともあったなと思い出しましたが、実際、その時になると思い出せないものでした。

というわけで、新機能は別として、普段使いの設定は、説明書を見ないでも、設定できるのが理想ですが、迷うのは、この2点くらいなのかもしれません。

高画素のカメラは、

5DsもD800も、高画素ということで、手振れしやすい。

高感度耐性が低い。

画像処理の関係で、データが大きく、パソコンを買い替える必要もでる。

プリントするのに、プロでもないので、そこまでの高画素はいらない。

などなど、マイナスイメージのオンパレードのような気がしました。

非常に肩身の狭い思いをしておりましたが、最近、写真雑誌の誌面でも、意外に評価が
見直されている論評がみえるのは、ひいき目かもしれませんが、そうだ、と激しく同意
しています。

確かに、高画素のカメラは、手振れしやすいのですが、当初だけと思います。高画素の
カメラに慣れていないので、今までカメラと同じような撮り方をしてしまうので、初めは手振れしやすいだけで、慣れてくれば、十分手持ちでもきれいに撮れます。

ちなみに、ダリアの写真は、一脚を使っているだけです。

少し撮るだけなら、手持ちでも十分ですが、長時間の撮影となると、カメラの重さに耐えられなくなってくるだけのお話し、のように思います。

高感度耐性も当初、不満でしたが、設定によって、それほど、ひどくないと思うように
なっているのですが、D850は、この高感度耐性も高いとのこと。

1600で、許容範囲であれば、素晴らしいと思うところです。

高画素のカメラで、記録される画像は、やはり、綺麗で、緻密、やはり、フルサイズの
高画素は素晴らしいという思いは、さらに強くなっています。

D800があって、キャノンの5Dsへとつながっていますが、高画素でありながら、高感
度耐性が高いとなれば、実際はどうなのだろうかと、自分でも撮影して、確かめていけ
ればと思います。

なので、裏面照射CMOSの性能を見るため、三脚を使って、画質をつきつめて見るよりも、できれば手持ち、もしくは、一脚で、800か1600、3200で撮影してみて、どれくらいの感度まで、画質を許容できるか試してみたいというのが、当初の思いではあります。

末筆ながら、撮影の準備等で、しばらくご訪問だけに専念します。

よろしくお願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

注目製品レビュー ~ニコン D850編~

http://ganref.jp/common/monitor/nikon/d850/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

コメント(1,000文字以内)

10件中 1〜10件目

まほろば1123
hide-photoさんコメントありがとうございます。
高画素のデメリットいっぱいですね、D850が一般受けしてくれると良いと思っています。トリミング耐性は大きなメリットですから。

2017年11月16日 19:54

hide-photo
雑誌でD850のことを調べられていて凄いと思ってしまいました。
高画素、メリットで検索すると、なぜかデメリットの方が多く出てきますよね(笑)
低画素信者ではありませんが、高画素をどう活かすか自分なりに答えを出せたらいいなぁ〜と思いながらレビューしてます。

2017年11月15日 20:46

まほろば1123
くにさんコメントありがとうございます。
そうなんですよね、結局、帰宅して、説明書を見て、ああ前にも一度あったなと思いだしたしだいでした。

2017年11月14日 20:10

くに
マルチコントローラーのロックレバーの罠に私もハマりました。
このレバー、バックに出し入れしている間に位置が変わっている時がありました。
一度経験すると、レバー位置をすぐに確認できるのですが、最初は何が起こったのかと焦りますよね。

2017年11月13日 20:16

まほろば1123
駄馬なんですさん、コメントありがとうございます。

本当にホールディングの良さを感じさせますね。

万人を意識しながらも、想像するに、購買層も意識したホールディングも頭にいれているかもしれませんね。

2017年11月01日 01:14

まほろば1123
ninjyaさん、こちらへもコメントありがとうございます。

参考になったと言ってもらえると嬉しいです。

確率の高い鉄砲と思いますので、作品を楽しみにしております。

2017年10月31日 21:48

まほろば1123
amisumさん、コメントありがとうござます。

興味を持っていただけたの事、うれしく思います。

D850興味深いです。

2017年10月31日 21:46

駄馬なんです
D850はほんとホールディングし易くなってると思います。
D750以降からなので、僕が使ってるD500同様持ち易くて好きです。
むしろ、それ以前をたまに使うと、ちょっと物足りなくなります。
形状ってここまで大事なのか!と、最近感じています。
万人に合わせる形状設計って難しそうですねー。

2017年10月31日 21:07

ninjya
長文拝見し、とても参考になりました‼︎
D850に期待することは、高画素機でありながら、手持ちOKなところです。
自分の歩留まりがどの程度なのか、試したく思っています。
あとは連写で、下手な鉄砲数撃ちゃ当たるの要領で、10発に1発当たれば、それで良しですよー(^^;;

2017年10月30日 22:17

amisum
高感度耐性、手振れのお話を興味深く拝読しました。これほどの高画素なので興味があります。

2017年10月30日 20:14

10件中 1〜10件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

まほろば1123

目利きAWARD TRIPLE目利きAWARD TRIPLE
GANREF Point
4540755
メインカメラ
EOS 5Ds

プロフィール

いつもご訪問ありがとうございます。 ただいま、D850をお借りして、...

↑ページの先頭へ