Please wait... loading

足元を見よ、そこに泉あり

現在表示しているページ
ホーム > nikutenさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年11月 > 足元を見よ、そこに泉あり

投稿日:2015/11/21

撮影期間 2015年06月20日 ~ 2015年11月21日
使用した機材 ニコン D4
ニコン D5200
タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
ニコン D700
ニコン D300
関連する用品 バンガード Auctus Plus カーボン 323CT
シグマの150−600やニコンの200−500が出現して少し影が薄くなった
タムロンの150−600ですが、撮影技術の完熟と現像方法のリファインにより
高性能なレンズな事が再認識できます。

後発レンズは、先発レンズの欠点を補って出てくる場合が多いですので、パッと使った時は後発のレンズのほうが使いやすいと感じます。

機材に慣れ体の一部の様に使えるようになると、純然たる光学性能が見えてきます。
繰り返し使用して自身の癖を現像時にNGカットから吸収して次回に意識することで
一度には改善できなくても必ず改善できるようになります。

今回改めて思ったことはクリアなしゃっきりクッキリ画像を得る一番簡単な方法は。。。。
ズバリVCOFFです。。。
こんな感じでガッツリ出てきます。。。(近景は単焦点バリです。。。)(驚)
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D5200
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/320秒
絞り数値:
F7.1
ISO感度:
360
ホワイトバランス:
As Shot


手ぶれ補正入れた状態ではこんな感じです。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D300
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-1.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
As Shot

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D300
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F8.0
露光補正量:
-1.3EV
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
As Shot

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D4
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/1250秒
絞り数値:
F7.1
露光補正量:
-1.7EV
ISO感度:
2500
ホワイトバランス:
As Shot

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D4
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/2000秒
絞り数値:
F7.1
露光補正量:
-1.7EV
ISO感度:
2500
ホワイトバランス:
As Shot

お持ち帰り

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D4
レンズ:
タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
焦点距離:
600.0 mm
フラッシュ:
No Flash
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/2000秒
絞り数値:
F7.1
露光補正量:
-1.7EV
ISO感度:
2500
ホワイトバランス:
Auto

今考えると手ぶれ補正の過補正が画像を悪くしていたようです。。。
私がこのレンズに固執しなかったのはシグマの単焦点があり、単焦点の方がこのレンズを使用する時より真剣に追い込まなくてもキリッとした絵が得やすいので、基本このレンズは新規フィールド開拓時の切り込み隊長感が強かったです。
「好きこそものの上手なれ」でレンズの癖を理解しきちんと追い込むことできちんと応えてくれるレンズであることは確かです。機材を信じる強い「心」・自身の「技」を磨く←(撮影技術、現像技術)・ブレを防ぐための体力を鍛える「体」←(超望遠レンズの中では軽い部類に入るが普通のレンズよりは遥かに重いので)
正直どのレンズでも同じなのですが機材を信じて技を磨くと、やがて結果はついて来ます。

このクラスのレンズを取っ替え引っ替えするより、このレンズをステップとして次は「単焦点」に行くための基礎訓練には良いレンズだと思います。
現在シグマ、ニコンから後発レンズが出てきた為、買いやすくなっているのは事実ですので、後発レンズよりは基本技術は要りますが手ぶれ補正がついていない単焦点よりはハードルが低いですので基礎技術は必ず習得できます。更に上を目指すには純正の手ブレ補正付きの単焦点を購入されますと、扱いやすさを再認識すると思います。

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

nikuten
てつやさん
コメントありがとうございます。
VCを切ると三脚か一脚が必須になりますが、良い画質を得る近道だと思います。
最初は大変ですが諦めずチャレンジ下さい。

2015年11月26日 20:48

てつや
参考になります。
次回撮影するときは、VC無しで挑戦してみます。

2015年11月21日 01:28

2件中 1〜2件目

TOP OF GOLD

nikuten

GANREF Point
3383395
メインカメラ
D4

プロフィール

14.9.12 家事都合でしばらくお休みします。 拙い写真をご覧頂...

↑ページの先頭へ