Please wait... loading

中望遠の可能性を広げるレンズ

現在表示しているページ
ホーム > ウェザー・リポートさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年4月 > 中望遠の可能性を広げるレンズ

投稿日:2017/04/04

レビューした機材・用品 ニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED ニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G の描写が好きで軽量コンパクトであることもあり、頻用してきましたが、同じ”3次元的ハイファイ”というコンセプトで設計された中望遠レンズであり、似た焦点距離ではツァイス(コシナ)の2/135を愛用していたにも関わらず、追加購入することにしました。
ちなみにZweissのApo-Sonarは近くリニューアルされるようですが、旧型のレビューは、以前、アップさせていただきました。
http://ganref.jp/m/rossana/reviews_and_diaries/review/8369

Zweiss 2/135の解像は非常に高く、また各種収差は、Otus並みに高度にコントロールされていて非常に素晴らしいレンズです。ただし、ボケに関しては、解像度重視のレンズにありがちな硬さがあると思いました。

55mmのOtusとNikkor58mmF1.4を比較すると、ほぼ全ての面でOtusに軍配が上がるものの、リニアなボケの綺麗さは、個人的にNikkorの方が好ましく感じられ、AFであることもあり、Nikkorの使用頻度の方がはるかに高くなっています。
http://ganref.jp/m/rossana/reviews_and_diaries/diary/12304

同じようなことがZeiss 2/135とNikkor 105mmF1.4にも言えるのかな?と想像していましたが、105mmF1.4は予想を超える素晴らしいレンズでした。

58mmは解放付近では、やや甘く感じることがあり、ほんの少し絞りたくなる傾向があったのですが、こちらは、解放から十分に納得できる解像が得られます。AFも正確だし、精度も十分だと思います。
Portrait

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
焦点距離:
105.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F1.4
ISO感度:
64
ホワイトバランス:
Auto


加えて、ボケもリニアかつスムースで美しいと思います。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
焦点距離:
105.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F1.8
ISO感度:
80
ホワイトバランス:
Auto


前ボケも後ボケに連続したスムースなものでこれが自然で立体的な描画につながっているように思いました。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
焦点距離:
105.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F1.8
ISO感度:
64
ホワイトバランス:
Auto


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
焦点距離:
105.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F1.6
ISO感度:
64
ホワイトバランス:
Auto


3次元ハイファイという設計思想がわかるような気がします。
単なるスナップも妙に雰囲気があるものになったりします。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
焦点距離:
105.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F1.8
ISO感度:
90
ホワイトバランス:
Auto


引き続き58mmの弱点だった色収差などのテストをしてみたいと思っています。
2−4枚目のような全身ショットは、105mmくらいだと背景のコントロールが十分できなかったりして、もっと長いレンズが欲しくなるものですが、このレンズは、解放から使えるF1.4が武器になり、こうしたショットにこそ活かしたく魅力がありました。

コメント(1,000文字以内)

8件中 1〜8件目

ウェザー・リポート
にゃあ(省エネ活動中)さん
良いと思います!

kazuleoさん
58mm確かに良いのですが、評価の別れるレンズだと思います。近接撮影にはあまり向かないし、解像度重視の人には評判が悪いですね。色収差も大きいです。しかし、105mmの方はそういったネガがほとんどなく、良いところは受け継いでいるように感じました。

2017年04月10日 17:56

kazuleo
58mm
評価が高かっただけに、105mmへの期待も大きかったのですが、それを裏切らない描写のようですね。何よりフルサイズなのに、開放から使えることと、リニアなボケが魅力的ですね。にわかに中望遠が熱くなってきて、楽しみです。

2017年04月09日 14:13

にゃあ(時短活動中)
美しい描写。いいレンズですね〜( ̄▽ ̄)

2017年04月06日 17:37

ウェザー・リポート
HIRO1957Xさん
明るいし、ウェディングで使うには最適かもしれませんね。
いつも70-200使っていましたが、これからはこれを持っていくと思います。

ぺんごっちさん
「3次元的ハイファイ」ですかね?

marujamさん
ありがとうございます。

Fallen-Rosesさん
そこに気がつくとはさすがです!

2017年04月05日 13:44

Fallen-Roses
レンズよりもM2が気になった自分って… (^_^;A

2017年04月05日 10:57

marujam
みごと◎

2017年04月05日 09:06

ぺんごっち
これは2次元でも3次元を感じる描写ですね!

2017年04月04日 23:06

HIRO1957X
先日、職場の後輩のウエディング撮影で使いました。
開放では使いませんでしたが、良いレンズです。
シャープでボケが自然、色合いがニュートラル。
現行Nikkorの中でも群を抜くレンズでしょうね。

2017年04月04日 22:27

8件中 1〜8件目

同じ機材で撮影された写真

TOP OF GOLD

ウェザー・リポート

GANREF Point
1374335
メインカメラ
D810

プロフィール

新たに手に入れたカメラやレンズのレビューを中心に楽しんでいます。

↑ページの先頭へ