Please wait... loading

自分の表現に挑戦した「米津先生の長秒露光ゼミ」

現在表示しているページ
ホーム > 蟹江節子さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年12月 > 自分の表現に挑戦した「米津先生の長秒露光ゼミ」

投稿日:2015/12/07

撮影期間 2015年12月06日 ~ 2015年12月06日
2015年12月6日(日、ケンコートキナーさんのセミナールームにて、米津光先生の長秒露光ゼミが開催されました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー NEX-6
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Custom
いつも大人気の米津先生のワークショップですが、師走ということもあってか今回はいつもの半数と少なめ。それでも、北海道、京都、徳島、大分、福岡からと遠方からの熱心な参加者の方々がいらっしゃって、とても賑やかでした。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー NEX-6
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
2500
ホワイトバランス:
As Shot
今年4月にも同じ内容のワークショップが行われたのですが、今回もセミナールームの中で自分で被写体を作り出して、長秒露光を使って、自分の表現を見つけ、作品にするというもの。普通の撮影会と全く異なる内容です。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー NEX-6
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F3.5
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
As Shot
風景やスナップの撮影会では、どうしても「撮ることを楽しみ」がちで、自分の表現を見つけることはできないのですが、こういう室内だと自分で被写体を作らなければならないので、いやがおうでも、「表現」と向き合わされることになります。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー NEX-6
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Custom
およそ4時間、集中して、作品づくりをした後は講評会になりました。


米津先生が用意したのは白と黒の紙だけ、後にはセミナールームにあるものとじぶんが持ってきたものだけ。それなのに、全員がとてもここで撮ったとは思えない作品をつくられました。


というわけで、そんな米津先生ゼミの様子を動画でお楽しみください。
表現のヒントもたくさん隠されていると思いますよ。

また、終了間際には、恒例の米津先生作品争奪ジャンケン大会も実施されました。
もちろん、恒例の反省会も……。

米津先生、参加してくださった皆さん、大変お疲れ様でした。

コメント(1,000文字以内)

5件中 1〜5件目

蟹江節子
夏目 冬彦さん、ちゃちゃ丸さん、ご参加かありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。また、いつかお会いできるのを楽しみにしております。

彩北ロマンさん、corazon-neoさん、見ていただきありがとうございます。
これからもレポート見ていただけると嬉しいです。

2016年01月11日 08:40

ちゃちゃ丸
米津先生、蟹江さん、受講された皆様、ありがとうございました。
本当に勉強になりました。

このムービーを何度も何度も拝見して、毎回、先生と皆様の作品に感動し、学んでおります!
今回覚えたことを何とか自分の鉄道写真に活かしたいと、試行錯誤しながらワクワクしております。
これからも米津先生のご活躍、参加された皆様の作品、目が離せません!(^^)!

2015年12月09日 16:06

corazon-neo
初めまして。
ワークショップに参加することなど夢のまた夢の私ですが、初めて拝見してとても勉強になりました。
これからも撮影記を楽しみにしております。

2015年12月08日 00:55

彩北ロマン
夏目さん、Fujitaさんがいる・・・
大変楽しく拝見いたしました!

2015年12月07日 22:08

夏目 冬彦
隠れ事務局長の夏目です。
米津先生・蟹江さん 参加のみなさんありがとうございます♪
無事札幌にもどりました~。

2015年12月07日 18:11

5件中 1〜5件目

蟹江節子

メインカメラ
EOS Kiss X2

プロフィール

『デジタルカメラマガジン』では延べ200人以上の写真家の方にインタビューさ...

↑ページの先頭へ