Please wait... loading

ついに実現!! 中西昭雄先生の都市星景撮影ゼミ

現在表示しているページ
ホーム > 蟹江節子さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2016年7月 > ついに実現!! 中西昭雄先生の都市星景撮影ゼミ

投稿日:2016/07/28

撮影期間 2016年07月24日 ~ 2016年07月24日
2016年7月24日(日)、横浜大桟橋にて「中西昭雄先生の都市星景撮影ゼミ」が開催されました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー NEX-6
焦点距離:
18.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/15秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto
このワークショップは、みなとみらいの夜景などとともに星の軌跡を撮ろうというもの。山など街の明かりの少ないところで撮る星景写真はありますが、それだけでも美しい夜景とともに星も入れて撮ろうというなかなか他にはない贅沢なゼミです。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー NEX-6
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/13秒
絞り数値:
F3.5
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto
当日は19時集合。横浜大桟橋の上で、中西先生からは撮影にまつわる丁寧なレクチャーをしていただきました。この辺りは動画に詳しく登場していますので、参考になさってください。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー NEX-6
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
5000
ホワイトバランス:
Auto
また、シグマさんからは夜景+星景撮影にぴったりのレンズをお借りできました。中西先生オススメの20mmF1.4は特に素晴らしく、その撮影画像に皆さん、大満足だったようです。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー NEX-6
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/6秒
絞り数値:
F3.5
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto
夏の夜空は雲が出やすいのですが、天気予報に反して、なんとか星の軌跡も撮れました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ソニー NEX-6
焦点距離:
16.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/6秒
絞り数値:
F3.5
ISO感度:
3200
ホワイトバランス:
Auto
撮影後は、中西先生が撮られた当日の写真とともに、東京タワーと星の軌跡、都庁と星の軌跡の写真も見せていただきました。シグマさんの20mmF1.4は偽色が出ることもなく、やはり素晴らしい仕上がりでした。


ということで、当日の動画をお楽しみください。
参加してくださった皆さんには、撮影法の復習に、参加されなかった皆さんにも都市星景撮影法のテクニックについて学んでいただけることと思います。

参加者の皆さん、中西先生、シグマの桑山さん、たいへんお疲れ様でした。


コメント(1,000文字以内)

5件中 1〜5件目

corazon-neo
動画拝見しました。
田舎住まいなものですから夜景を撮ることは出来ないのですが、ピントの合わせ方やカメラの設定の仕方など大変勉強になりました。

2016年08月29日 21:06

蟹江節子
だいとしぃさん、ご指摘ありがとうございます。
訂正しました。

2016年08月29日 13:33

だいとしぃ
最後の桑山さんの紹介がジグマになってる(^_^;

2016年08月01日 23:31

蟹江節子
しんのすけさん、ご指摘ありがとうございました。
早速、訂正いたしました。助かりました。
もし、機会があれば、次回にでもご参加をお待ちして居ります。

2016年07月28日 17:43

しんのすけ
参加したかったのですが、都合が合わず残念でしたが、
レポートのお蔭で、WSの内容が判りました~(*^。^*)

ところで、開始22秒程にある「SONYさんから~」は「SIGMAさん」じゃないですか?

2016年07月28日 12:41

5件中 1〜5件目

蟹江節子

メインカメラ
EOS Kiss X2

プロフィール

『デジタルカメラマガジン』では延べ200人以上の写真家の方にインタビューさ...

↑ページの先頭へ