Please wait... loading

被写体別ワークショップ第1回 萩原史郎先生の風景写真編 志賀高原レポート1

現在表示しているページ
ホーム > 蟹江節子さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2010年11月 > 被写体別ワークショップ第1回 萩原史郎先生の風景写真編 志賀高原レポート1

投稿日:2010/11/23

撮影期間 2010年10月30日 ~ 2010年10月30日
10月30日(土)、待ちに待ったGANREFさんのワークショップに参加してきました。
2、3日前から台風14号接近との天気予報で、「当日は絶対雨だ」と覚悟して
出かけていったのですが、萩原先生と現地集合組、新宿駅からのバス組の
集合場所である中野市役所の前に行ってみると、なんとまったくは雨はなし。

現地集合のみなさんと萩原先生は集合時間の1時間以上前からいらしていて、
初めてお会いするのに萩原先生はじめみなさんとすぐに話が弾み、
スタートから「もう楽しくてたまらない! 」、そんな気持ちでいっぱいになってしまいました。

そうそう、なんと萩原史郎先生の弟さんである萩原俊哉先生まで来てくださって、
今回は2倍もお得なワークショップだったんですよ。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/160秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
中野市役所で新宿からのバス組を待つ現地集合組。右端は萩原俊哉先生、左から2人目は萩原史郎先生。

最新のオリンパスE-5を持った方も。みなさんいろんなカメラバッグをお持ちです。


新宿からのバスの到着を待って、全員でバスに乗り込みさっそく志賀高原へと出発。

バスのなかでお弁当をいただいているうちに最初の撮影地に到着。
その「坊平シラカバ園地」は紅葉に囲まれているだけでなく、とても幻想的。
志賀高原を撮影フィールドにされている萩原先生でも稀にしか会ったことの
ないほどの絶品の霧に包まれていました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
最初の撮影ポイント、志賀高原の坊平シラカバ園地に下りると、絶好の霧日和。

アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
撮影タイムはみなさん真剣そのもの。風景も紅葉もばっちりの場所でした。

※レポート2へ続く
http://ganref.jp/m/s-kanie/reviews_and_diaries/diary/2211

コメント(1,000文字以内)

蟹江節子

メインカメラ
EOS Kiss X2

プロフィール

『デジタルカメラマガジン』では延べ200人以上の写真家の方にインタビューさ...

↑ページの先頭へ