Please wait... loading

被写体別ワークショップ第3回「川北茂貴先生の夜景写真」編 レポート4

現在表示しているページ
ホーム > 蟹江節子さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2010年12月 > 被写体別ワークショップ第3回「川北茂貴先生の夜景写真」編 レポート4

投稿日:2010/12/21

撮影期間 2010年12月20日 ~ 2010年12月20日
今回は、夜景撮影で遅くまで撮影していたこともあり、
参加されたみなさんのベストショットを川北先生に講評していていただくのは、
翌々日の12月20日(月曜日)の19時からになりました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/30秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
As Shot
GANREFのあるインプレスジャパンの7階会議室で始まった作品講評会ですが、
平日にもかかわらず、ほとんどの方が来てくださいました。

まずは、改めて、川北先生の作品をスクリーン上で見せていただきました。

※川北先生の作品をご覧になりたい方は、
USTREAMのGANREFページ→http://www.ustream.tv/channel/ganref-workshop-03
「川北茂貴先生の作品紹介」をご覧ください。

そのあとは、「HDR Efex Pro」の発売元であるSOFTWARE Tooさんの椎野さんが
参加された方の作品をHDRで美しく仕上げてくださった過程を解説してくださいました。

※椎野さんによるHDR変換の模様は、
USTREAMのGANREFページ→http://www.ustream.tv/channel/ganref-workshop-03
「HDRで夜景をより美しくする」でご覧いただけます。

※SOFTWARE Tooさんのwebサイト→http://www.swtoo.com/
※HDR Efex Proのサイト→http://www.swtoo.com/photo/nik/nik-products/hdr-efex-pro/

続いて、光跡を重ねることで美しく仕上げられた川北先生の作品のレタッチの過程を
実際にワコムのペンタブレットintuos4を使いながら、再現してくださいました。

ペンタブレットには便利なショートカット機能があるだけでなく、
本物の筆やペンで書くときのような筆圧感知があるので、
本当に、より繊細に、完璧なレタッチができるんですね。

※ペンタブレットを使ったレタッチ法は、
USTREAMのGANREFページ→http://www.ustream.tv/channel/ganref-workshop-03
ペンタブレットを使って「印象的な光跡をつくる」をご覧ください。

※ワコムさんのwebサイト→http://recre8.jp


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
7.3 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
As Shot
作品の講評会では、今回もみなさん本当にすばらしい写真を撮られていて、
感動するばかりでした。

いろんな方の作品を自宅のパソコンで、GANREFさんのページで拝見するよりも
大きなスクリーンで実際に見せていただくほうが、いろいろなことにも気づかせていただけます。

このワークショップでは、
撮影場所に連れていってくれることと先生からの教えていただくことに加えて、
この作品講評会がとても勉強になります。
もしかしたら、いちばん吸収させていただくことが多いかもしれません。

※講評会の模様は
USTREAMのGANREFページ→http://www.ustream.tv/channel/ganref-workshop-03
「作品講評会と来年の予定」とその後にある「第3回/夜景写真編(川北茂貴先生)」でご覧いただけます。
(順番としては、「第3回/夜景写真編(川北茂貴先生)」からご覧ください)

★また、参加されたみなさんが当日撮影された投稿写真は下記からご覧になれます。
http://ganref.jp/photo_searches/result/page:1/sort:total_comment/direction:desc?keyword=ワークショップ&parent_category=&category=&term_pattern=psTerm1&from_y=2010&;from_m=12&from_d=18&to_y=2010&to_m=12&to_d=18&ganref_point=


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/8秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
As Shot
で、じつは今回は、作品講評会のあとにこんな楽しいこともありました。

充実した撮影と講評会のあとの一杯ですから、それはもうおいしかったです。
そうして、くつろいで、いろんな方のお話を聞けたのも最高に楽しかったです。

USTREAMのアーカイブ「作品講評会と来年の予定」の最後のほうでも触れていますが、
来年1月からは月1回ではなく、毎月さまざまなワークショップが開催されるそうです。

より多くのみなさんにお会いできるし、その作品も直に見せていただけるし、
たまには、今回のような飲み会もぜひ……。楽しみにしています。

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

蟹江節子
N.SHIMIZUさん、コメントありがとうございます。
そして、全回とも参加してくださってありがとうございます。
来年からは月1だけでなく、回数が増えて、より多くのジャンルになります。
また、お会いするのを楽しみにしていますね。

2010年12月25日 11:54

N.SHIMIZU
ワークショップの三回とも参加させていただきました。いつも、中継などで、ご苦労さまでした。普段の自分の撮影ジャンル以外を学ぶことができたし、GANREFのネットワークを活かしたお互いの写真を見せあうことと事との相乗効果で、オフ会としての役割もできてたいへん良かったと思います。何しろ、楽しいから次も参加したくなるの連続でした。全国の人が自分の作品を評価してくれる機能とこういったアウトドアでの撮影などの展開にこれからも、期待したいと思います。

2010年12月24日 00:50

蟹江節子
snappyさん、コメントありがとうございます。
懇親会、私もとても楽しかったです。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

それにしても、今回の夜景写真もすばらしいです。
プロよりすごいかもって、ホレボレ拝見させていただきました。

2010年12月23日 15:07

snappy
ワークショップ、講評会とお疲れ様でした。そしてフィナーレの懇親会、これは予定にお聞きしていかったものでサプライズでしたが参加させていただき、とても楽しく有意義な時間を過ごすことができました。川北先生や皆様との懇談はもちろん、PEC-TSさんの数々の作品を直に拝見できて、そのすごさにため息をつきました。来年早々にも色んなワークショップが予定されているとのことで、都合がつく限り参加したいと思っています。またよろしくお願いします^^

2010年12月23日 10:24

4件中 1〜4件目

蟹江節子

メインカメラ
EOS Kiss X2

プロフィール

『デジタルカメラマガジン』では延べ200人以上の写真家の方にインタビューさ...

↑ページの先頭へ