Please wait... loading

土屋勝義先生の築地を巡るスナップ撮影ワークショップ レポート2

現在表示しているページ
ホーム > 蟹江節子さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2011年1月 > 土屋勝義先生の築地を巡るスナップ撮影ワークショップ レポート2

投稿日:2011/01/16

撮影期間 2011年01月15日 ~ 2011年01月15日
使用した機材 キヤノン PowerShot SX110 IS
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
8.2 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/1000秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot
築地場外では約2時間の撮影時間。
集合時間の15時に、築地場内近くに戻ってきたみなさんの手にはそれぞれお買い物袋が……。

みなさん、撮影もばっちりに済ませて、お買い物までとは、さすがです!!
でも、これが正しい築地スナップ撮影の楽しみ方なんですよね。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
その後は、通りを渡って築地6、7丁目へ。

ここは本当に静かな住宅街といったところ。
下町の風情とともに、こんなレトロな建物があって、
にぎやかだった築地場外から一転、まったく違った撮影地です。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.7 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/15秒
絞り数値:
F3.2
ISO感度:
80
ホワイトバランス:
As Shot
土屋先生も、オリンパスEP-Lで撮影しては、その画像を見せてくださったりしました。

土屋先生は、質問しなくてもひとりひとりの様子を見ていては、
先生のほうから、さりげなく声をかけてくださって教えてくれるんですが、
どんなところを撮られているのか見せてくださるだけでも、とても勉強になりました。



池波正太郎さんの行きつけだったという老舗のトンカツやさんの前を通ると、
ちょうど暖簾を出すところに遭遇。

ご親切にも、私たちの撮影用にわざわざ白衣に着替えてくださって、
何度も出たり入ったりしてくださいました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F4.0
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
Custom
たくさんの人数で撮影していると、ひとりで撮影しているときには気づかない被写体にも
目が向けられるようになりますし、同じ被写体でも人それぞれ撮り方に違いがあって、
何気ない会話のなかで、いいヒントをいただけたりと、本当にタメになるんですよね。

※レポート3へ続く
http://ganref.jp/m/s-kanie/reviews_and_diaries/diary/2506

コメント(1,000文字以内)

蟹江節子

メインカメラ
EOS Kiss X2

プロフィール

『デジタルカメラマガジン』では延べ200人以上の写真家の方にインタビューさ...

↑ページの先頭へ