Please wait... loading

長根広和先生の鉄道写真ゼミ「ひたちなか海浜鉄道」編レポート

現在表示しているページ
ホーム > 蟹江節子さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2011年1月 > 長根広和先生の鉄道写真ゼミ「ひたちなか海浜鉄道」編レポート

投稿日:2011/01/26

撮影期間 2011年01月23日 ~ 2011年01月23日
使用した機材 キヤノン PowerShot SX110 IS
1月23日の日曜日に、
GANREF被写体別ワークショップ「長根広和先生の鉄道写真ゼミ」で、
茨城県ひたちなか市を走る湊線「ひたちなか海浜鉄道」に行ってきました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
全長は14.3km、駅数は9個というとても短いローカル線です。


でも、海を背景に走る列車や田園風景のなかを走る列車、水に映る車輛など、
さまざまな写真が撮れるとても魅力的な鉄道です。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/1250秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
有名になった駅猫オサムくんとコサムくんのいる那珂湊駅では、
車庫に止まっているレトロ車輛や古い案内板、雰囲気ある駅舎など、魅力的な被写体がいっぱい!!

この路線は走っている列車だけでなく、いろいろな鉄道写真が撮れるのが特徴です。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
25.2 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/40秒
絞り数値:
F4.5
露光補正量:
-1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot
跨線橋からも撮影できますが、ここでは金網越しの撮り方を教えていただきました。
望遠レンズを金網にぴったりくっつけて、絞りを調節することで簡単に消せました。

プロの鉄道写真家さんたちも、金網越ししか撮れない新幹線をこの方法で撮っているそうです。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.7 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/20秒
絞り数値:
F3.2
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot
とっても丁寧で、真面目な長根先生は、今回もワークショップの前日を含めて2回、
ロケハンに行ってくださっていたので、どの撮影ポイントでも光の具合もばっちり。

ロケハンで撮ってきてくださった写真もGANREFのアップしてくださっていたので、
とても撮りやすかったです。


というわけで、当日のワークショップのダイジェスト動画をご覧ください。

翌日が講評会ということで、この日中に、撮影した写真をアップするのがたいへんでしたが、
それでも、午後8時に品川駅にバスで戻ってから、駅前でみなさんとお食事した時間は
とっても楽しかったです!!

また、次回、長根先生の小海線撮影ゼミでお会いするのを楽しみにしていますね。

※参加者の方々の投稿写真は、「写真検索」で検索条件を下記に設定するとご覧いただけます。
       キーワード:ワークショップ
       撮影日時:2011年1月23日〜2011年1月23日
       GANREF Point:0

コメント(1,000文字以内)

蟹江節子

メインカメラ
EOS Kiss X2

プロフィール

『デジタルカメラマガジン』では延べ200人以上の写真家の方にインタビューさ...

↑ページの先頭へ