Please wait... loading

吉田繁先生のPhotoshopゼミ 第3回 レポート2

現在表示しているページ
ホーム > 蟹江節子さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2011年1月 > 吉田繁先生のPhotoshopゼミ 第3回 レポート2

投稿日:2011/01/31

撮影期間 2011年01月25日 ~ 2011年01月25日
さて、吉田先生のPhotoshop講座では、CS5の新しい機能とともに、
ゴミの消し方などの初歩的なものを学ぶとともに、第2回、第3回と、
覆い焼きのテクニックを確実にマスターしてもらうようにしたわけですが、
これができるとさまざまな補正に応用できるんですよね!!

それが、教室でも、吉田先生が見せてくれた一歩上行くモノクロ変換のテクニックです!


まず、こちらは元画像をそのままモノクロ変換した画像。
このままでもよいのですが……。


RAW現像時に、色温度を3500Kにして現像した青味のある写真をつくり、


色温度を5600Kにして現像したアンバー系の写真の2枚をつくります。

そして、アンバー系の写真の上に、青味ある写真を重ねて、
レイヤーマスクを使って、中心よりすこし上の芝生と右のシラカバの部分だけを
アンバー系の写真のほうを使うようにします。


それから、モノクロ変換したものがこの画像です。

どうでしょう、メイン部分に目が行き、印象的なモノクロ写真になったと思いませんか?


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
なお、こちらのテクニックは、吉田先生のこのMOOKに詳しく書かれています。

※amazonでも購入できます↓
http://www.amazon.co.jp/デジタルモノクロファインプリントマスターBOOK-玄光社MOOK-吉田-繁/dp/4768302793/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1296473194&sr=8-1

カラーの初歩的な補正もすこし載っていますし、ディスプレイとプリントの色の合わせ方
(キャリブレーション)、用紙のプロファイルも載っていますので、参考にしてみてください。

※レポート3へ続く
http://ganref.jp/m/s-kanie/reviews_and_diaries/diary/2561

コメント(1,000文字以内)

2件中 1〜2件目

蟹江節子
はまちゃんさん、このMOOKにはDVDもついていて、
それにPhotoshopの設定画面も詳しく出てきます。
このMOOKだけあれば、吉田先生と同じレベルのテクニックが身につくこと間違いなしです!!

2011年02月03日 12:22

はまちゃん
買わねば...^^

2011年02月03日 06:06

2件中 1〜2件目

蟹江節子

メインカメラ
EOS Kiss X2

プロフィール

『デジタルカメラマガジン』では延べ200人以上の写真家の方にインタビューさ...

↑ページの先頭へ