Please wait... loading

吉田繁先生のPhotoshopゼミ 第3回 レポート3

現在表示しているページ
ホーム > 蟹江節子さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2011年1月 > 吉田繁先生のPhotoshopゼミ 第3回 レポート3

投稿日:2011/01/31

撮影期間 2011年01月25日 ~ 2011年01月25日
使用した機材 キヤノン PowerShot SX110 IS
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/20秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
さてさて、この最終回には、鉄道の長根先生もいらしてくださいました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/20秒
絞り数値:
F2.8
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
そして、最後にはプリントにまつわるお話を教えていただきました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/320秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot
X-Ritesさんには、何百万もするという色評価の器械が置いてあるので、
さまざまなプリント用紙をこの器械に入れて見てみました。

まず、これは一般的な自然光で見たときの用紙の色です。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/400秒
絞り数値:
F4.0
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Auto
紫外線をつけてみると、どうでしょう。左の2枚は少し紫色に見えてきました。

これは、これらに蛍光塗料が入っている証拠なのだそうです。
多くの用紙にはこれらが入っていて、そうすると退色が早いのだそうです。

メーカーには高い用紙からいろいありますが、高価だからといっても蛍光塗料が
入っているものが多いので、エプソン、キヤノンなど、どれが蛍光塗料が入っていなくて
おすすめかも教えていただきました。

また、レポート2でお知らせしたMOOKにも載っていますが、
用紙によって、どの色域まで再現できるかはちがってくるそうです。

きっと、2月からの吉田先生のプリント講座ではそこのところも詳しく教えてくださることでしょう。

また、参加者のみなさんがプリント術を身に着けられて、
うれしい笑顔を見せてくださるのを楽しみにしていま〜す!!

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

蟹江節子
Erica Blueさん、コメントありがとうございます。
いえいえ、今後ともどしどしご質問くださいね。
私でわかることであれば、どこまでもご協力させていただきます。

2011年02月06日 22:48

Erica Blue
蟹江様

先日は、いろいろとお世話になりました。
毎度、操作を忘れたり、誤ったりしてる私にお付き合いいただき、感謝です。
記憶はどんどん薄れてしまうもの。
こうしてまとめていただけると、本当に助かります。
どうもありがとうございます!

2011年02月04日 23:39

蟹江節子
はまちゃんさん、コメントありがとうございました。
長根先生の動画も見てくださってうれしいです。
そうなんです、加工はいろんな意味で現場が大切なんですよね。

2011年02月03日 12:11

はまちゃん
当日長根先生がいらっしゃるとはつゆ知らず,後で撮影会の様子をビデオで見て,「そうだったんだ~」と,あらためて興味深く拝見させていただきました。撮影場所の映像を見ながら,あそこでこの写真のイメージを持たれていたんだなあと。
http://ganref.jp/m/s-kanie/reviews_and_diaries/diary/2538

2011年02月03日 06:23

4件中 1〜4件目

蟹江節子

メインカメラ
EOS Kiss X2

プロフィール

『デジタルカメラマガジン』では延べ200人以上の写真家の方にインタビューさ...

↑ページの先頭へ