Please wait... loading

萩原史郎&俊哉先生の浅間高原・風景写真ゼミ

現在表示しているページ
ホーム > 蟹江節子さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2011年6月 > 萩原史郎&俊哉先生の浅間高原・風景写真ゼミ

投稿日:2011/06/22

撮影期間 2011年06月18日 ~ 2011年06月18日
使用した機材 キヤノン PowerShot SX110 IS
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
11.5 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/60秒
絞り数値:
F3.5
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
6月18日(土)に行われた萩原史郎先生と萩原俊哉先生の風景写真ゼミにお邪魔してきました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
11.5 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/80秒
絞り数値:
F6.3
露光補正量:
-1.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
まず最初に訪れたのは、長野県の菅平高原にある「唐沢の滝」。

幅も流量もたくさんあって美しい滝。落差はあまりないのが逆に撮りやすく感じられました。
※最後の動画に、ここでのフィルター使いについて史郎先生に語っていただいています。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
6.0 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/25秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
その後は、群馬県嬬恋村にあるバラキ湖へ。

ここはオレンジ色のレンゲツツジが満開で、湖と絡めて撮影できるポイント。
ツツジの量もとても多かったですし、湖面に映り込んだり、霧が出たりと、
みなさん、さまざまな写真が撮れたようです。

上の写真は、ちょうど風が止んで、映り込みがきれいになったところを
萩原先生が教えてくださったので、みんなで並んで撮っているところです。


霧でごまかしました。

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
22.4 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
シャッタースピード:
1/25秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
みなさんが撮っているのは、こんな風景です。

本当は霧が晴れて映り込みがはっきりと見えたり、その映り込みが消えない程度の
うっすらとした雰囲気ある霧も出たのですが、私だけ手持ち撮影だったので、
手ブレを誤魔化すために、霧がたっぷりの写真ですみません……。


それにしても、雨でもみなさん本当に熱心に撮影されていて、
いつもながらすばらしいなぁと思った次第です。

雨対策万全で、三脚用の傘を用意されている方、長靴を履いていらした方、
装備もだんだんプロっぽくなられていて感心させられました。

なにより、萩原先生のゼミには去年の最初のワークショップ以来、久しぶりに
お邪魔させていただいたのですが、
その久しぶりの方が、お会いしていない間にすっかり腕を上げられていて、
本当に驚きました。萩原先生も上達の速さには驚いているとおっしゃっていました。


アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot SX110 IS
焦点距離:
18.1 mm
フラッシュ:
Off
シャッタースピード:
1/13秒
絞り数値:
F5.6
露光補正量:
-0.3EV
ISO感度:
200
ホワイトバランス:
As Shot
さて、この日の最後は、嬬恋高原のキャベツ畑です。

晴れていれば、北海道の美瑛のように、バックに美しいカラマツ林があったりと
とても雰囲気があるそうです。

俊哉先生のご自宅のご近所で、いつも撮影されているところとか。
この時期のキャベツ畑は初めてでしたが、キャベツのラインがとてもおもしろく、
いろいろな構図が楽しめそうな場所。とくにいまの時期がおすすめだそうです。


というわけで、最後はいつものダイジェスト動画です。
今回は、滝と雨の音がちよっと気になりますが、随所で先生が役に立つポイントを
話してくださっていますので、ぜひご覧ください。

また、参加してくださった方は、「こんなふうに撮ってるんだ、私」という感じで
参考にしていただけたらと思います。

ではでは、萩原史郎先生、萩原俊哉先生、参加してくださったみなさん、お疲れさまでした!!

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

蟹江節子
kupukupuさん、見ていただきありがとうございます。

私としては、いつも素直な感想をつぶやいてくださったり、
集中して撮影されているkupukupuさんは、ワークショップの様子を
お伝えする被写体として最高に素晴らしいと思っていますので、
ついつい撮らせていただいてしまうのですよねぇ。

これからも、たくさん動画やレポート写真の被写体になってくださいませ。
ちなみに、さきほど26日の長根先生のレポートもUPしましたので、
また楽しんでいただければうれしいです!!

2011年06月28日 14:50

kupukupu
蟹江さん☆
この時も、一昨日も本当にありがとうございました。
さすがに素晴らしいレポートで、バラギ湖のカーブを出した分割構図の動画面の
水の動きがとても美しくて、感動してしまいました。
さて私の登場場面ですが、恥ずかしすぎです(@@;
特に最後のB型丸出しの自画自賛場面は、ホントに恥ずかしいし、GANREFのTOGメンバーによく「自分の絵に惚れるな~」と言われているので大喝をもらいそうで~す(^ー^;

これからは、もっとクールになります♪
またお世話になることと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

2011年06月28日 14:19

蟹江節子
Fujiya Goroさま、ご丁寧なコメントをありがとうございました。
こちらこそ、Fujiya Goroさんの上達ぶりの速さとともに、
周囲を和ませてくださる雰囲気にいつもリラックスさせていただいております。
本当にありがとうございます。
また、ご一緒できる日を楽しみにしております。

2011年06月24日 20:02

Goro
蟹江さん何時もながらの同向取材お疲れ様でした、
一週間前あの雨の中の事が思い出されます。事細かく写真と
動画付きでレポートされていまして大変参考になります、
先生の解説も現場で聞き逃した処も改めて聞かせて頂き理解できました。
さすがに経験豊富なレポーターですねWSの回数も増えて来て大変で
しょうが、お身体に気を付けられ頑張って下さい、有難うございました。

2011年06月24日 09:57

4件中 1〜4件目

蟹江節子

メインカメラ
EOS Kiss X2

プロフィール

『デジタルカメラマガジン』では延べ200人以上の写真家の方にインタビューさ...

↑ページの先頭へ