Please wait... loading

吉田繁先生の半年間のPhotoshop講座修了!!

現在表示しているページ
ホーム > 蟹江節子さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2014年1月 > 吉田繁先生の半年間のPhotoshop講座修了!!

投稿日:2014/01/30

撮影期間 2013年08月01日 ~ 2014年01月29日
使用した機材 パナソニック LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.
パナソニック LUMIX DMC-GX1
2013年8月から、毎月3回、6ヵ月にわたって開催されてきた吉田繁先生のPhotoshop講座が昨日(2014年1月29日)終了しました。


この講座は1ヵ月単位で受講することができますが、振り返れば、ほとんどの方が猛暑の8月から半年の間、ずっと通い続けてくださいました。

どんな内容で行なわれてきたかといえば、第1講の8月は、Adobe PhotoshopとAdobe Bridgeの基本操作。そして、Adobe Camera Rawでできる簡単な補正方法。

第2講の9月はPhotoshopを使った写真補正の基本操作。覆い焼きと焼き込み、カラーや明るさの補正、傾きの補正、トリミングとシャープネス、写真の一部分だけ選択して補正する。

第3講の10月は被写体別補正術。風景写真の補正、人物写真の補正、参加した皆さんからのリクエストに応じたレタッチ方法のレクチャー。


第4講の11月はモノクロ写真に挑戦。いろいろなモノクロ変換方法を試したり、色調をつける。プリントを前提としたモノクロ変換方法を学びました。


第5講の12月は写真プリント初級編。ファインプリントのための環境の重要性、用紙の種類と特徴を学んで、和紙への出力。


第6講の今年1月は写真プリント上級編として、一歩進んだ環境構築、用紙の特性に合わせた補正、プリント後に金トンボ、銀トンボをいれてブックマットに入れて完成……。


最初はまったくPhotoshopをやったことがなく、操作も始めてだった方が多かったですが、この半年間で本当に皆さん、目覚ましい進捗。プロファイルづくりやレタッチを含めてアート紙や和紙へのプリントまで全員ができるようになりました。

そばで拝見させていただいていた私も、その熟達ぶりには驚かされるとともに、本当にうれしかったです。


というわけで、最終回に完成作品を発表する皆さんの様子を動画でご覧ください。

吉田繁先生のPhotoshop講座は、次回からは形を変えて、また、新しく開催されていくそうですので、ご興味のある方はぜひご参加くださいませ。

半年間、頑張った皆さん、1ヵ月でも参加してくださった方、吉田先生、本当にお疲れさまでした。

コメント(1,000文字以内)

3件中 1〜3件目

蟹江節子
基礎工事さん、半年間、本当にお疲れさまでした。
覚えられたことを忘れないうちに、また、ご参加くださいませ。

製剤屋さん、最後にご参加いただき、いろいろお手伝いいただき、ありがとうございました。新システムの講座でもぜひお待ちしております。

2014年01月31日 08:04

製剤屋
1年ぶりの参加でそれも最後の1講座だけの参加でしたが、やっぱりたくさん教えていただけました。金トンボ銀トンボ、買いにいかないと。

参加されている皆さんの作品が横目で見ていても素晴らしくて、みなさん、技術を習得されているんだなぁと、ひしひしと感じました。

写真展廻りをしていても、どのように額装したりしているのだろうと興味があったのですが、ブックマット等についても教えてもらえてよかったです。

構想として聞かせていただいた新規講座のシステムも面白そうですね。こればかりは本を読んでいるだけでは身に付きませんから、それだけでも講座を受講する価値が生まれると思います。これからも目を離せない講座となりそうですね。

2014年01月30日 22:17

基礎工事
あっという間の半年間でした。
毎週、ど根性的な感じで通っていたので、来週からほっとするのか
ポカンと空いてしまうのか。

やっとスタート地点に立てたのかな?ということで今後とも
よろしくお願いいたします。

2014年01月30日 17:49

3件中 1〜3件目

蟹江節子

メインカメラ
EOS Kiss X2

プロフィール

『デジタルカメラマガジン』では延べ200人以上の写真家の方にインタビューさ...

↑ページの先頭へ