Please wait... loading

キヤノン EOS 70D レビュー (4) ISO感度オートとクリエイティブフィルターで、モーターショー撮影♪

現在表示しているページ
ホーム > Chloeさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2013年9月 > キヤノン EOS 70D レビュー (4) ISO感度オートとクリエイティブフィルターで、モーターショー撮影♪

投稿日:2013/09/14

レビューした機材・用品 キヤノン EOS 70D キヤノン EOS 70D
小型軽量なCANON EOS 70Dは旅の相棒としても最高です。
レンズはキヤノンEF17-40mm F4L USMの一本勝負で、海外取材に♪
なぁんて、実は普通の出張ですが、空き時間に撮影しています(汗;)。

取材地は、ただいま絶賛開催中のIAA 2013ことフランクフルトモーターショー。
初めて来たのですが、1ブランドで1パビリオンを独占しているところもあって、スケールの大

きさとゴージャスさにびっくり!写真を撮りたくなる大がかりなセットもいろいろありました。
一方で、キャンギャルはいませんから、おねーさん狙いだとがっかりするかも(笑)。

この写真は、あるドイツメーカーのブースで撮影したのですが、建物の中に走行レーンを設けて、何インチなのか想像もつかない巨大スクリーンの前で実車を走らせていました。映像や音楽もかっこよくてまるで映画館のようです。

ポートフォリオでメーカー当てクイズをしているのですが、車が写っているから、カーエンスーの人にはわかるかもしれませんね(^^)。

さて、ここは機材レビューですから、70Dの話に戻りましょう。

こういうショーの撮影だと、演出で絶え間なく明るさが変わります。絞り優先で露出を合わせる人も多いと思いますが、動きがあるものだとシャッタースピードもコントロールしたいですね。

なので、今回はマニュアル露出にして、ISO感度をAUTOにしてみました。ISO100-25600の間で自動設定されるのですが、「ISO25600はやりすぎでしょ(笑)」という方は、「ISO感度に関する設定」で、ISOオートの範囲を決めるとよいでしょう。ちなみに私は100-3200で設定しています。

スクリーンの前で待機して、バックの映像とクルマの組み合わせを考えながらパチリ。道路を見下ろしているシーンで撮ったので、空中に走行レーンがあるような写真になりました。もうちょっと浮遊感を出したいな―と思って、使ってみたのがクリエイティブフィルターです。

撮影後にフィルターをかけたい写真を表示させて、クイック設定ボタンを押すと、10個ほどメニューが出てきます。マルチコントローラーを操作して、左側4番目のクリエイティブフィルターに合わせると、フィルター効果を選ぶ画面が表示されます。(このフローのほかに、MENUからクリエイティブフィルターを立ち上げる方法もあります。)

フィルター効果は、ラフモノクロ、ソフトフォーカス、魚眼風、油彩風、水彩風、トイカメラ風、ジオラマ風の7種類。今回は、浮遊感を出したかったので、マルチコントローラーでジオラマ風に合わせてSETボタンで選択。すると、どこを基準とするかを選択する白線の枠が現れるので、サブ電子ダイヤルを回して車が走行している場所を選びます。SETボタンを押すと、フィルター効果のかかった画像がJPEGで保存されます。

空中ドライブ
カメラ:
キヤノン EOS 70D
レンズ:
キヤノン EF17-40mm F4L USM
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/125秒
絞り数値:
F8.0
ISO感度:
1600
ホワイトバランス:
Auto


フィルター効果は撮影時にかけることもできるのですが、個人的には後処理のほうがお薦めです。というのも、撮影時にクリエイティブフィルターを使用すると、ライブビュー撮影しかできず、記録画質でRAWやRAW+JPEGは設定できず、フィルター効果のかかった画像しか保存されないからです。それに、撮った画像によって、どんな効果が向いているのかを考えるのって、二度目のシャッターチャンスという感じで楽しいですよね。

実は、この写真だとジオラマっぽさがあまり生きていないような気もして、作例としてはどうかな~とも思いますが、とりあえずISO感度オートとクリエイティブフィルターのご紹介でした♪


「注目製品レビュー ~ キヤノン EOS 70D 編~」企画にレビューワーとして参加中!!
http://ganref.jp/common/monitor/canon/70d/
ソーシャルブックマークソーシャルブックマーク

コメント(1,000文字以内)

10件中 1〜10件目

Chloe
くにさん、

確かにDPPでかけられたらいいですよねー。そうすると、キヤノン機全体で遊べるし(^^)。でも、DPPも改めて見直すと、ツールの中に「多重合成ツールを起動」などというのがありました。面白そうなので、レビューしてみます♪

2013年09月18日 02:30

くに
DPPにクリエイティブフィルター追加に一票♪

2013年09月17日 18:42

Chloe
Westie.Mさん、

ですよねー。
その場ではシャッターチャンス最優先です♪

2013年09月16日 23:51

Westie.M
私も後加工はです♪

2013年09月16日 13:57

Chloe
ほりいさん、

そうなんです。RAW現像の時に、シームレスにクリエイティブフィルターが使えたらいいですよね。ピクチャースタイルは選べるのだから、一緒のメニューに入れるといいのになって思いました。

2013年09月16日 01:30

Chloe
siraさん、

わぁ、嬉しいです。ジオラマらしさ、もっと追究しようと思います。
今日、帰国したので、海外篇はあと1回ぐらいで終わります(^^)。

2013年09月16日 01:29

ほりい しげる
RAW画像を現像する際に、クリエイティブフィルターを使うことはできないのでしょうか?

2013年09月15日 09:09

sira
パッと見たとき本当にジオラマだと思いました!
レビュー海外進出ですね^^。

2013年09月15日 08:01

Chloe
lunajuneさん、そう言っていただけるとホッとします。
ジオラマって、見下ろした光景を撮っているのが定番なので、こういう使い方で効果を感じてもらえるかあまり自信がなかったので。

2013年09月15日 03:58

lunajune
十分ジオラマっぽいです。一見では実車とは夢にも思いませんでした。

2013年09月14日 20:51

10件中 1〜10件目

GOLD 3

Chloe

GANREF Point
446299
Next Point
53701
メインカメラ
EOS 5D Mark III

プロフィール

鹿写真家の石井 陽子こと、Chloe(クロエ)です。楽しく真剣に撮っていま...

↑ページの先頭へ