Please wait... loading

【レビュー NikonD810】~その23 NIKONで自由に実践ポートレート撮影

現在表示しているページ
ホーム > siraさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2015年5月 > 【レビュー NikonD810】~その23 NIKONで自由に実践ポートレート撮影

投稿日:2015/05/13

撮影期間 2015年05月04日 ~ 2015年05月04日
使用した機材 ニコン AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
ニコン D810
約一カ月間使ってきたD810ですが、レビューという目的もあり色々な被写体を色々な目的で大量に撮影しました。かなり手になじんできたこともありましたので、レビュー終盤のGWにポートレート撮影に取り組んでまいりました。
テーマはNIKONに完全に乗り換えたつもりでの撮影。
〇〇と比べてとか〇〇の機能を検証ではなく、このセットで楽しむことを実践してみました。

モデルはGANREFでもおなじみの夏弥(なつみ)さん。
「siraさんがNIKON持ってると違和感ある」とのことです^^;
経験豊富なモデルさんですので、機材にも大変詳しいようです。
実際、カメラマンが首から下げているロゴは飾りではなく象徴的なものなのかもしれません。

85ミリでの一枚。
自然なショットになっています。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/4000秒
絞り数値:
F1.4
露光補正量:
+1.7EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot



上の写真を広角レンズで表現するとこうなります。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
24.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F2.8
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot

実は全く同じ場所です。
ポートフォリオにもアップしていますが、新緑の綺麗な風景のなかのワンポイントとして人物被写体を表現することになります。
なお、構図に合わせて、ピクチャーコントロールは「風景」としています。
この場合人物は不自然な肌色になったりしやすいものですが、D810においては好ましい発色だと感じました。
一枚目よりも二枚目が好みでして、場所に応じたレンズワークとはこういうことかと思います。


24-70/2.8ズームでの広角ポートレート作例が多くなっていました。
次も半逆光での「寄り」構図での一枚。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
26.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Manual
シャッタースピード:
1/800秒
絞り数値:
F2.8
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot

寄る場合は画面中央に被写体を持ってくることが多いのですが、それにしても歪の少ないレンズです。
そこを心配せずに絵作りに集中できました。
また、強い背景の光のなかで、プラス補正も行っていますが嫌らしいフリンジ等も邪魔していません。


さらに、もう一枚広角レンズで。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
28.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/640秒
絞り数値:
F2.8
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot

こちらは上からです。
身長の制限などを考えると、単焦点レンズでは上手く撮れない場合があります。

以上のように、レビューを関係なく撮っていると広角レンズでの作例が増えています。24-70もしくは24-105のズームがあれば、上記の5枚は全てかべーできることになります。
D810にAF-S24-70/2.8Gのセットだけでも・・・という購入意欲が湧いてきます。。。

同レンズ標準域で寄ってみたカット。
このとき特にファインダーの見易さを感じながら撮っていました。
自然な肌色も良い感じです。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
焦点距離:
56.0 mm
フラッシュ:
Off
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/250秒
絞り数値:
F2.8
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
As Shot


今回のこれらは全てRAWで撮影し、PCで現像しました。
自分流に最後に残したのが以下の一枚です。
一枚目、二枚目とほぼ同じ場所です。
木漏れ日の小路

写真を拡大する

カメラ:
ニコン D810
レンズ:
ニコン AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
焦点距離:
85.0 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Aperture-priority AE
シャッタースピード:
1/5000秒
絞り数値:
F1.4
露光補正量:
+1EV
ISO感度:
400
ホワイトバランス:
Manual

85/1.4で、背景を整理しました。
これまでの撮影で、コントラストの強い発色が得意なレンズという印象がありましたが、そのように仕上げられて満足しています。


ポートレート撮影においては、被写体モデルとの掛け合い・テンポも重要な部分となります。レンズワークや撮影モードなどにとらわれていると上手くいかなくなることもあります。
まずは24-70ズームがあればほとんどカバーできることが最初の一歩ではないでしょうか。
今回、58ミリの出番は少なめでした。これは、24-70に画角として完全カバーされているためでもあるのですが、3本の中で一番気に入っているレンズは58/1.4Gです。
この場所に特に必要なレンズではなかったということだろうと考えています。
ロケハンができている場合は、58ミリなのか85ミリなのか選んで持っていければ荷物が軽くできるのかもしれません。
したがって、二本目のレンズはしっかりと絵を意識して選択するのが良いと思いました。



さて、モデルを務めてくれた夏弥さんですが、近日中に礒村先生のワークショップに登場されるようです。追加募集が始まっているみたいですので、ご興味ある方は覗いてみてはいかがでしょうか。

コメント(1,000文字以内)

6件中 1〜6件目

sira
WINDIEさん
コメントありがとうございます。
このレンズは巨大なことを除けば最高ですね^^。
ポートレート系には特に良さそうです。

2015年08月16日 16:26

WINDIE
siraさん、D700愛機だけにすごく参考になりました。
私もAF-S 24-70mmズーム1本で試してます。

2015年08月16日 07:45

sira
lunajuneさん
コメントありがとうございます。
僕もずっとお世話になっていて、こういったレビューには必ず協力してくれます^^。

2015年05月31日 20:55

lunajune
夏弥さんはすべての表情が柔らかくカメラマンにも気を使ってくれて素晴らしいモデルさんですね。

2015年05月31日 20:49

sira
藍川 水月さん
広角ポートレートは好きなんですよ。ワンパターンにもなり易いのですが、画面の変化がおもしろいです。

2015年05月15日 08:50

藍川 水月
うーん。素敵ですね。
広角レンズって、下手をすると歪みが気になって、ポトレだと使う勇気がないのですが、うまく使うとやっぱり素敵ですね。

2015年05月14日 14:44

6件中 1〜6件目

TOP OF GOLD

sira

GANREF Point
701430
メインカメラ
EOS-1D X Mark II

プロフィール

ジャンルを問わず撮影してきましたが、ここにはポートレートを中心にアップして...

↑ページの先頭へ