Please wait... loading

名残の春を求めて摂州小柿を撮行する

現在表示しているページ
ホーム > 燦舟さんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年4月 > 名残の春を求めて摂州小柿を撮行する

投稿日:2017/04/21

撮影の機材を積んで撮行するのに最適な車、それはトヨタIQ。撮行は一人でするのが最適ですからちょうど具合がいい。遣うか否かに拘わりなく、D8、α7R、X-E1、GXR、GF670Pro、D53(一部略称)に、Otus、AF-S、EBC、Sp.Wd.Heliar、pyccap、Elmarを積んで出かけました。会員皆さんのようにはとてもじゃないが撮できないのですが、一応順に①知癒創造館叢癒苑のショウケン枝垂れ、背景の山は儀三郎ヶ嶽、②同じ枝垂れ、櫻はちょっと遅い気味、名残ですから ③羽束川のダム ④羽束川小柿渓谷の自然釣り場、三大自然釣り場だそうです ⑤知癒創造館叢癒苑で開かれる日本カメラまつり(CameraPhotoFesta in SesshuKogaki)でライカ談義に花咲きます。カメラ、デジカ、写像の好き者が集まって談義を楽しむ催し。季節感は山笑うまでに至らず山微笑むって処でした。

コメント(1,000文字以内)

1件中 1〜1件目

ぺんごっち
写真も掲載してくれるとありがたいのですが。。。

2017年04月21日 23:28

1件中 1〜1件目

BRONZE 2

燦舟

GANREF Point
645
Next Point
1355
メインカメラ
D800

プロフィール

大學を停退後撮影三昧の日々を送らんとしています。その為在職中に機器を溜め込...

↑ページの先頭へ