Please wait... loading

PowerShot G9 X Mark II レビュー ~ ミッション002 ~ 高橋良輔先生、浅草セミナー

現在表示しているページ
ホーム > Yosheyさんのページ > 機材レビュー・撮影記一覧 > 2017年2月 > PowerShot G9 X Mark II レビュー ~ ミッション002 ~ 高橋良輔先生、浅草セミナー

投稿日:2017/02/19

レビューした機材・用品 キヤノン PowerShot G9 X Mark II キヤノン PowerShot G9 X Mark II
 発売前のG9 X Mark IIを借用してのレビュー、2月18日の土曜日、高橋良輔先生のお庭である浅草で、キヤノンさんからの製品説明会とスナップセミナーが開催されるということで、またまたわざわざ静岡から参加です。
 11時50分に浅草にあるヴィアイン浅草の一間にて、セミナー開講です。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
21.4 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F4.5
ISO感度:
125
ホワイトバランス:
Auto

 前回はG7 X Mark IIのレビューをさせていただきましたが、同じ映像エンジンDIGIC7を搭載したことで、G9 X Mark IIがどんな絵作りなのか、興味尽きぬところです。1インチセンサーを搭載するコンデジとして、キヤノンとしては最小最軽量とのこと。某社のケイタイ型を除くという説明がありましたが、コンデジスタイルという意味ではとても小さいですね。それこそ、コンデジ主流の1/2.3インチ型と比べてもそんなに違わないほど小さい。206gという重量も、スチール缶の缶コーヒーより軽いので、シャツの胸ポケットに入れておいて、さっと取り出して、さっと撮影するなんていう使い方がとても合いそうですね。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/500秒
絞り数値:
F4.9
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto

 まずは、キヤノンマーケティングのKさんから、今回のG9 X Mark IIの位置づけやDIGIC7による性能向上の内容などのお話をいただきました。DIGIC6に比べて処理速度が14倍も速くなったとのことで、G7 X Mark IIのときにも、十分その性能の高さは体感できました。G9 Xレビューにも参加されていた他のメンバーの中には、動作速度の違いがわかると言われていた方もおられました。DIGIC7進化のポイントは、デュアルセンシングIS、高感度時の解像感向上、追尾性能向上、モノの検出性能向上、オートライティングオプティマイザ、小絞り時の解像感向上、流し撮りとの説明がありました。詳細はカタログで確認してみてください。
 
 G9 X Mark IIの場合、小さなボディが故、ボタン類には必要最小限。設定変更の操作は液晶モニターのタッチがメインとなります。撮影中も液晶モニターにいろいろ表示されるボタンを使って、詳細設定を変えたり、コントローラーリングの設定を別機能に入れ替えたりと、液晶モニターへタッチする頻度は、G7 X Mark IIよりは多く感じました。ボタンはそれぞれ大きくはないので、ある程度慣れと丁寧さは必要かと思います。

 個人的に興味深いのは、Bluetooth接続でスマホからカメラをコントロールしたり、画像を共有したりする機能。他機種でもWiFiでつなぐものはありますが、より簡単に接続でき、再接続も簡単とのことなので、また何かの機会にテストしたいと思います。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/200秒
絞り数値:
F4.9
ISO感度:
500
ホワイトバランス:
Auto

 次は高橋先生から、作例をもとに使い方のレクチャー。沖縄に取材に行かれたと時に使われたそうですが、機材が小さく軽いので体の負担が軽いことを強調されてました。私もそうですが、寄せる年波には勝てません。先生はお仕事でその昔は8x10なんて、今となっては超大型機材を使っておられたと聞きますので、まったく隔世の感があるのでしょう。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F4.9
ISO感度:
640
ホワイトバランス:
Auto

 先生お薦めの使い方は、Auto設定で細かいことはカメラに任せて、AF狙いを液晶モニターでタッチして決め、シャッターを切る。この繰り返しで、十分狙った通りの絵が撮れるとのこと。タッチして狙いを決めると、あとはカメラが被写体を追尾しながら、ピントを合わせ続けてくれますので、特に動きがある被写体(子供、動物、風に揺れる物体など)の撮影が非常に楽に、かつ確率高くきれいに撮影できます。広角端ではf2.0なので、もちろん35mmフルサイズのボケには劣りますが、被写体に寄って撮ってあげれば、2線ボケにもならず適度に背景もわかるボケとなり、いい感じの絵作りが可能です。
アップロード画像

写真を拡大する

カメラ:
キヤノン PowerShot G9 X
焦点距離:
30.6 mm
フラッシュ:
Off Did not fire
撮影モード:
Program AE
シャッタースピード:
1/100秒
絞り数値:
F4.9
ISO感度:
800
ホワイトバランス:
Auto

 先生のレクチャーが終わり、いよいよ押上へ移動してすみだ水族館へ出向き、暗所での動きもの撮影にトライとなりました。

--------------------
「注目製品レビュー ~キヤノン PowerShot G9 X Mark II 編~」企画にレビューワーとして 参加中!!
http://ganref.jp/common/monitor/canon/g9xmk2/
--------------------

コメント(1,000文字以内)

4件中 1〜4件目

Yoshey
legacy7010さん

コメントありがとうございます。
Camera Connectはインストールしたのですが、まだ使ってましぇ~ん。(笑)

2017年02月20日 21:42

Yoshey
kazuleoさん

コメントありがとうございます。
ミッドナイト号(高速バス)で、1時過ぎに帰宅しました。朝は、6時起きですから、長い1日でした。疲れましたが、楽しかったです。

2017年02月20日 21:41

legacy7010
土曜日はお疲れ様でした~

私もずっとCamera Connectを使ってなかったので、新しくなったインターフェイスとかよくなったかなというラフな印象を持ちました。

2017年02月20日 13:09

kazuleo
土曜はお疲れさまでした。あの日に帰られたのでしょうか?
私も出身は、静岡県の静岡市なので、同郷ですね。

セミナーの内容を完全網羅ですね〜、素晴らしい!

2017年02月20日 08:40

4件中 1〜4件目

同じ機材で撮影された写真

GOLD 2

Yoshey

GANREF Point
228145
Next Point
21855
メインカメラ
PENTAX K-3

プロフィール

 身の回りの何気ないものから作品が撮れないかと探すのが、目下のマイブームで...

↑ページの先頭へ