デジタルカメラマガジン 2011年12月号選考 ナイスショット部門 選者:小澤太一 先生

現在表示しているページ
ホーム > フォトコンテスト > 結果発表済みコンテスト一覧 > デジタルカメラマガジン 2011年12月号選考 > ナイスショット部門
なつかし青春商店街
カメラ:ペンタックス K-5  レンズ:ペンタックス DA21mmF3.2AL Limited  撮影地:愛知県豊川市

ナイスショット部門特別賞

なつかし青春商店街
作者:kayak_ampさん (愛知県)

<ナイス昭和賞>
有名なホーロー看板のエリアですね。寒々しい天気とクロスプロセスを使うことで、なんだか色があせた昔撮った写真のようにも見えて、昭和のにおいがプンプンして魅かれました。人が誰も写っていないところもポイントです。

【+ワンポイント!】
看板がきっちり主役となるよう、もう少しだけアップでねらってみてください。画面周辺の切り取り方にも気を配りましょう。

きゅーぶ
カメラ:キヤノン EOS 7D  レンズ:キヤノン EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS  レタッチ:Digital Photo Professionalにてモノクロ化  撮影地:愛知県西尾市

ナイスショット部門特別賞

きゅーぶ
作者:Kotatuさん (愛知県)

<ナイス9部(屋)賞>
フォトジェニックな被写体ですね。しかも海岸にあるため、背景もすっきりして、真正面からキューブの形をしっかり見ることができます。強い逆光でハイキー調になっているおもしろさもありますね。

【+ワンポイント!】
少しアンダーにして、空の部分の濃度をもう少し出すか、こんなときこそ、さりげなくHDRなどを使ってみてはどうでしょう?

ナイスショット部門特別賞

光の中の蛙
作者:samulaiさん (千葉県・36歳)

<ナイスキャッチライト賞>
カエルが捕まっているのは、外灯だそうです。なかからの光が強すぎて、真っ白に飛んでいるのと、光に接している手足が、光がにじんだように溶けて写っているのがおもしろいです。カエルの表情がなんともユニークですね。

【+ワンポイント!】
カエルをもっと左下に配して、いまにも飛び出しそうな感じにしてもよかったかも。

塒の賑わい
カメラ:ニコン D300S  レンズ:ニコン AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)  レタッチ:Capture NX 2にてRAW現像、モノクロ化  撮影地:宮城県角田市

ナイスショット部門特別賞

塒の賑わい
作者:mustacheさん

<ナイス74×2ぐらい賞>
すごい数のトリ! しかも水面まで意識して構図を作っているので、画面のなかにいるトリの数は倍!! ソフトフォーカスフィルターで少しにじんでいるのと、動きの速いトリが被写体ぶれしてはっきり写っていないことで、幻想的に仕上がっています。

【+ワンポイント!】
あえていうなら、入道雲のように見える背景の竹林をカットして、トリと水面の映り込みだけのカットも見てみたいですね。

獣王
カメラ:ペンタックス *ist DS  レンズ:ペンタックス FA★300mmF4.5ED[IF]  レタッチ:Digital Camera Utility 4にてコントラスト、露出、WB調整  撮影地:名古屋市千種区 東山動物園

ナイスショット部門特別賞

獣王
作者:あーくんとーくんさん (滋賀県・35歳)

<ナイスゾーケー賞>
片方からの光と露出差をうまく使って、ゾウの皮膚の表面を克明に写し出しています。ローキーな露出のなかに浮かびあがるボロボロなゾウの肌の質感が、なんだかとても切なく見えます……。シンプルな構成ですが、じんわりと伝わる写真です。

【+ワンポイント!】
シャドウ部にあるゾウの左目があまり目立たないのが惜しいかな。暗いなかにも、目の存在感は重要だゾウ。

水に住む少年
カメラ:ソニー α33  レンズ:ソニー DT 55-200mm F4-5.6 SAM  撮影地:北海道札幌市 滝野すずらん丘陵公園

ナイスショット部門特別賞

水に住む少年
作者:のごさん (北海道・41歳)

<ナイス滝フィルター賞>
ホテルなどにある人工の滝をうまく使って、顔を見えないようにしたんですね。よく見かける場所でのニクい発想は、オリジナルの滝フィルター! 水に動きがあるのがおもしろいですね。物語を思わせるタイトルのつけ方も効果的です。

【+ワンポイント!】
もっとスローシャッターにしてみたのも見てみたいなぁ~と思いました。ポーズに動きがあってもいいのかもしれません。

のぞいてごらん
カメラ:ニコン D90  レンズ:ニコン AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G  レタッチ:Photoshop Lightroom 3にて明るさ、コントラスト調整、回転  撮影地:熊本県熊本市

ナイスショット部門特別賞

のぞいてごらん
作者:二代目テンパさん (神奈川県・30歳)

<ナイス逆賞>
あえて天地を逆にして応募してくれたのがいいですね。まさに逆転の発想! マドラーに写り込んだ小さいエリアだけにしっかり合ったピントと、後ろの絶妙なぼけぐあいによって、よりおもしろさが引き立っています。

【+ワンポイント!】
マドラーの先端の位置はここでいいのですが、持つ手などを、少しだけ入れこんでみてもよかったのかもしれません。

未来の手
カメラ:キヤノン EOS 5D  レンズ:キヤノン EF24-85mm F3.5-4.5 USM  レタッチ:Digital Photo ProfessionalにてRAW現像  撮影地:大阪府寝屋川市

ナイスショット部門特別賞

未来の手
作者:だいきちさん

<ナイスパパ目線賞>
大人の目線である俯瞰からの切り取りに、愛情の眼差しを感じます。子どもの顔があまり見えない点もいろいろな想像ができて印象的です。アンダーめな露出によってテーブルに咲いた黄色い花が濃く表現され、味わい深さにつながっています

【+ワンポイント!】
ライブビューやグリッド表示などをうまく活用して、机に対してまっすぐ撮れるようにしてみてください。

よゐこと悪ガキ
カメラ:ペンタックス K10D  レンズ:シグマ 70-300mm F4-5.6 DL MACRO SUPER  撮影地:神奈川県足柄下郡 箱根

ナイスショット部門特別賞

よゐこと悪ガキ
作者:dragon9さん (神奈川県)

<ナイスワンッtwo賞>
同じ角度で見上げている2匹のイヌを、ユニークに切り取りましたね。後ろ側のイヌは、きっと舌が出ているのかな。ナイスタイミングです。単色緑のシンプルな背景と大きなぼけの効果で、似ているようでちょっと違う彼らについて、いろいろ想像しちゃいますね!

【+ワンポイント!】
悪ガキの方にピントが合っているのも見てみたかったです。あとは、耳が少し切れちゃっているのが惜しいです。

アメ横一家
カメラ:ペンタックス K-5  レンズ:ペンタックス FA43mmF1.9 Limited(シルバー)  レタッチ:Silver Efex Pro 2にてモノクロ化、コントラスト調整  撮影地:東京都台東区 アメヤ横丁

ナイスショット部門特別賞

アメ横一家
作者:Potemkinさん (茨城県・36歳)

<ナイス3355賞>
全員が違う方向を向いていて、ナイスな三々五々っぷり! バラバラでいながらそれぞれの人がいい味を出していて、人間くささを感じる写真です。コントラストが高めなモノクロにしているのも、レトロな雰囲気が出ていて効果的ですね。

【+ワンポイント!】
撮影地がしっかり雰囲気がある場所なので、もう少し人物の周りに背景を取り込んでもよかったかも。

失意の少年
カメラ:キヤノン EOS 40D  レンズ:キヤノン EF70-200mm F4L IS USM  撮影地:和歌山県橋本市 橋本駅

入選

失意の少年
作者:るーと25さん (2歳)

もしかして彼は、はしもと君!? ユニークな場面を、シンメトリーな構図とモノクロにしたことで、見る人の想像をかき立てるよううまく構成できています。きっちり水平垂直がとられているところも評価すべきポイントです。

【+ワンポイント!】
タイトルを「失恋」などにしたら、もっと涙を誘えたかも……。いずれにせよこの少年が、失意から復活することを期待しています!

突撃!
カメラ:オリンパス E-520  レンズ:オリンパス ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6  レタッチ:OLYMPUS Masterにてコントラスト、トーンカーブ調整  撮影地:宮城県栗原市 内沼

入選

突撃!
作者:ちゃきさん (宮城県)

人がトリの群れに突撃した瞬間でしょうか。砂の上で止まっているトリとあわてて飛び立ったトリの様子が対比になっていておもしろいですね。シックな色みと、真んなかの海岸線で画面が上下に分かれたことで、対比がさらに引き立っています。

【+ワンポイント!】
突撃! というのなら、腕を振り上げているなど、人物の動きにもっと大胆さがあってもおもしろかったと思います。

夜風
カメラ:オリンパス OLYMPUS PEN Lite E-PL1  レンズ:パナソニック LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.  撮影地:東京都世田谷区 二子玉川ライズ

入選

夜風
作者:Wataru999さん (神奈川県・28歳)

なにかのオブジェでしょうか? 光の色の対比がすごいので、とにかくインパクト大です。紫の光で照らされた風車の前ぼけが、とても奥行きを感じさせます。2色のみで画面構成したことで、なんとも不思議な雰囲気のある写真になりました。

【+ワンポイント!】
右上にうっすら入っている、廊下の写り込みのような部分が気になりますね。ここは大胆にもっと寄ってもいいでしょう。

絵本の中から
カメラ:キヤノン EOS Kiss X2  レンズ:タムロン SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO  レタッチ:Digital Photo Professionalにて彩度調整  撮影地:東京都清瀬市

入選

絵本の中から
作者:C-FORCEさん (東京都)

奥に見える子どもをど真んなかでとらえているので、小さいながらもしっかり目立っています。手が写り込んでいるのがポイントになっていますね。絞り開放だからなのか、ややにじんだような描写が、この写真の雰囲気とは合っています。

【+ワンポイント!】
カラーのままでもよかったかも。カラフルな本棚越しに見える、やさしい絵本の世界も見てみたいですね。

むかしといまのこらぼれーしょん
カメラ:キヤノン EOS 50D  レンズ:キヤノン EF24-105mm F4L IS USM  撮影地:福島県会津若松市

入選

むかしといまのこらぼれーしょん
作者:Mizukiさん (福島県・36歳)

お祭りでの何げないシーンですが、こういう切り取り方をされると、思わず笑っちゃいました。「あっ!」と思った瞬間にシャッターを切ったのでしょうね、撮り手が感じたおもしろさがしっかり写真にも表現できています。

【+ワンポイント!】
一歩左に回り込めると、後ろの旗を持った人物が隠れずに、より隙のない構図になったと思います。

光の中で
カメラ:キヤノン EOS Kiss X4  レンズ:シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM  レタッチ:Digital Photo Professionalにて色合い調整  撮影地:千葉県袖ヶ浦市 東京ドイツ村

入選

光の中で
作者:koji so-hoさん (東京都・27歳)

絶好の撮影場所ですね。イルミネーションの光だけでライティングされているので、顔も陰影があって、それが生っぽい光でかっこいいです。絞り開放で玉ぼけになった光源を効果的に取り込んでいますね。素朴な子どもの表情も好きです。

【+ワンポイント!】
やや日の丸構図にも見えるので、画面右側をカットして、目線がある左側をもっと出してみましょう。落ち着いた印象になりますよ。

入選

mama shot☆
作者:chiakiさん (北海道)

かなり露出オーバーですが、それが印象的で、ここでは功を奏しています。どことなくアンバー系の色みもいいです。ママのしぐさや画面いっぱいにあふれた光に、幸せを感じます。そして影もステキです。

【+ワンポイント!】
ママの頭の影を切らずにキッチリ入れられると、影がより効果的になると思います。

バラと水滴
カメラ:ニコン COOLPIX S8100  レンズ:N/A  撮影地:大阪府大阪市北区

入選

バラと水滴
作者:秋風彩花さん

とてもきれいな色のテーブルフォトですね。花の下に置いた光沢フィルムが、虹色の輝きを放っていて見応えがあります。自然光のような、やさしい光もぴったりです。露出補正で+2EVにして、ハイキー調にしているのもよかったのでしょう。

【+ワンポイント!】
コンパクト機ではむずかしいと思いますが、もっとぼけを意識してみると、いっそう雰囲気が出たかもしれませんね。

ふわり秋風・・風とひかりの共演
カメラ:ニコン D5100  レンズ:ニコン AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR  撮影地:神奈川県茅ケ崎市

入選

ふわり秋風・・風とひかりの共演
作者:パプさん (神奈川県・44歳)

カーテンに当たる光、レースの模様がとてもきれいです。カーテンの端の部分が波打って、風が吹いているのかなと想像させる、和んだ雰囲気のある写真ですね。カーテンに対して斜めから切り取っている構図にもセンスのよさを感じます。

【+ワンポイント!】
床を照らすハイライトから、影のシャドウ部までの階調の広さを、白とびも黒つぶれもなくうまく撮れています。露出名人ですね!

Abbey Road
カメラ:ペンタックス K-7  レンズ:A50mm f1.4  レタッチ:Silkypix Developer Studio Pro 5にて明度調整。PaintShop Photo ProX3にて左右反転  撮影地:京都府京都市左京区 南禅寺

入選

Abbey Road
作者:KIRKさん (京都府・38歳)

和製ビートルズ!? この4人はそれぞれに関係性はあるのか、ないのか、いろいろ想像してしまう写真です。仮にたまたま歩いている別々の人だとしたら、なかなか切り取りのセンスを持っていますね。横長のアスペクトもよいです。

【+ワンポイント!】
本家と同じくらい、足の動きをバシっと決められたらよかったですね。あと、しっかり道の真んなかからねらえればベストでした。

A charge
カメラ:シグマ SD15  レンズ:シグマ APO 150mm F2.8 MACRO EX DG HSM  レタッチ:SIGMA PhotoProにてRAW現像  撮影地:高知県南国市

入選

A charge
作者:hamahiroさん (高知県・33歳)

1/20秒の遅いシャッター速度を使ったことで、迫りくる波の動きを上手に表現できています。波の立ち上がっているところと砕けているところを入れ込んだ構図もいいと思います。朝方とも夕方ともとれる、金色の光と品ある青も美しいですね。

【+ワンポイント!】
白飛びしている部分が惜しい! 水面に映るハイライトの確認はむずかしいですが、後処理などでも工夫してみましょう。

青の駅で
カメラ:ニコン D80  レンズ:タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]  レタッチ:Photoshop Lightroomにて彩度調整、トリミング  撮影地:愛媛県伊予市双海町 下灘駅

入選

青の駅で
作者:tomonoriさん (神奈川県・35歳)

攻めてきましたねぇ~(笑)。こういうの、大好きです。鉄道っぽい部分を極力排しているのに、なぜだか鉄道を感じてしまいます。まっすぐにカメラを構えていて、きもちいいです。海の青色もビビットに出ていて、印象深いですね。

【+ワンポイント!】
左の空間をもう少しカットしてみると、さらに構図のバランスがよくなったでしょう。

光差す
カメラ:ニコン D3100  レンズ:ニコン AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  レタッチ:View NX 2にてピクチャーコントロール、シャドウ調整  撮影地:北海道上川町 双瀑台

入選

光差す
作者:こんじさん (北海道・34歳)

光がとんでもなくかっこいいです。画面真んなかの幹を画像処理で明るくしているようですね。適切な処理だと思います。望遠レンズで絞りを開放にしたぼけ方も品があっていいです。逆光で克明に写し出されたヒダの細かい部分も魅力的です。

【+ワンポイント!】
この場合はむずかしいと思いますが、太い幹の右にある細い木をなくせると、主役の太い幹がより目立つと思います。

機材ランキング

コンテストの受賞作品に使用されている機材のランキングです。


↑ページの先頭へ