デジタルカメラマガジン 2016年10月号選考〈プリント部門〉 プリント部門 選者:岡嶋和幸 先生

現在表示しているページ
ホーム > フォトコンテスト > 結果発表済みコンテスト一覧 > デジタルカメラマガジン 2016年10月号選考〈プリント部門〉 > プリント部門
レインドロップス
カメラ:ニコン Nikon 1 AW1  レンズ:ニコン 1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6  撮影地:オーストラリア連邦 クイーンズランド州 ケアンズ グリーン島

優秀賞

レインドロップス
作者:wakowakoさん (滋賀県)

【講評】シュノーケリングの最中に撮影されたそうで、だからこそこのようなすごいアングルから狙うことができたわけですね。水中撮影を楽しまれるためにカメラを手にされていたのでしょうか。突然雨が降ってきたそうで、手元にカメラがあり、機転を利かせることができたからこその1枚だと言えます。海面に打ち付ける雨粒と波のうねりが、立体的に写し取られています。空の表情など光の感じもしっかりとらえられていて、桟橋の上には傘を差した人影もあり、臨場感たっぷりの作品です。自分自身が水の中から顔を出して見ている光景のようです。そのような感覚はこの作品を見た人にも同じように伝わると思います。

<選者からのアドバイスは本誌誌面をご参照ください>

守衛交代
カメラ:ニコン D750  レンズ:ニコン AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G  撮影地:大阪府藤井寺市

準優秀賞

守衛交代
作者:ken-1さん (大阪府)

【講評】炊事や洗濯、掃除など毎朝の家事をひと通り終えて、扇風機を独占する奥さま。その後ろ姿からは、暑さや疲れだけでなく、何かをやり遂げたときの達成感のようなものが伝わってきます。標準レンズということもありますが、被写体との距離感が自然に感じられます。プリントを見ていると、自分の視線の延長に被写体が本当に存在するかのようなすごい臨場感です。ボケの効果もプラスに働いていて、その場の空気感など朝のひとときの様子がバランス良く表現されています。私も日ごろはエアコンではなく扇風機で生活しているので、そのあたりを実感しやすいのかもしれませんが、この作品のストレートな視点、表現には共感できる部分が多いです。

階段
カメラ:ソニー Cyber-shot DSC-RX100M3  レンズ:N/A  撮影地:静岡県静岡市葵区

入選

階段
作者:えふ5.6さん (静岡県)

【講評】階段の狭い隙間から、よくこのような光景を見つけましたね。とても良い視点です。コメントにある「別世界への窓」とは言い得て妙です。ほんの少ししか見えないのですが、向こう側の世界がどのように広がっているのか、とても興味をそそられます。階段を上がるのをやめて、草花などをスナップしてみたくなりますね。

apartment
カメラ:ソニー NEX-5R  レンズ:シグマ 30mm F2.8 DN | Art  撮影地:東京都杉並区

入選

apartment
作者:れんずさん (東京都)

【講評】光に照らされて浮き上がったアパートの玄関先。どのような人がどのように生活をしているのか、それぞれのドラマが頭の中で交錯します。昼間だと周りのいろいろなものが見えますし、ベランダ側だともっと生活感が出るなど情報が多すぎてしまうので、想像力をかき立てるにはこれくらいの方が良いですね。

オオサカ
カメラ:パナソニック LUMIX DMC-GM1  レンズ:パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.  撮影地:大阪府大阪市

入選

オオサカ
作者:ぺとらさん (大阪府)

【講評】街を行き交う人びとの瞬間を切り取られた作品ですが、若い女性と年配の女性の対比になっているあたりが面白いですね。いろいろな情報が画面の中に詰まっていて、それぞれの表情、しぐさ、服装などを観察しているだけでも楽しい1枚です。カラーでも見てみたいと思いました。

『薄化粧』
カメラ:キヤノン EOS 7D  レンズ:キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  撮影地:長野県小県郡

入選

『薄化粧』
作者:takaboさん (兵庫県)

【講評】幻想的な雰囲気が感じられる、とても美しくて見応えのある作品です。朝の光によって描かれたその色合いやディテールなどは、ぱっと見た印象では絵画のようでもあります。選ばれた和紙もこの表現にとてもマッチしています。もっと大きなサイズで、額装して壁に掛けられたものを見てみたいと思いました。

工場と花火
カメラ:キヤノン EOS-1D X Mark II  レンズ:キヤノン EF400mm F2.8L IS II USM  撮影地:大分県

入選

工場と花火
作者:めるちゃん1さん (大分県・60歳)

【講評】とてもくっきりはっきりした高コントラストのモノクロ作品です。コンセプトが「版画」ということで、画像処理の方向性などこの見せ方に納得。とにかく目をひきます。鉄塔や送電線と花火の組み合わせに合った表現方法であるように感じました。独創的かつ統一感のある世界が作り出されています。

午後のまどろみ
カメラ:ニコン D750  レンズ:タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD  撮影地:福岡県北九州市

佳作

午後のまどろみ
作者:junichiさん (福岡県・6歳)

【講評】作品名が良いですね。切り取り方もうまくマッチしています。この表現に最適といえるでしょう。結果的にどうしてもそのような視点で見てしまいます。風も感じられて気持ちよさそう。じっと見ていると眠くなります。

カラスと少年。
カメラ:ニコン D500  レンズ:ニコン AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  撮影地:滋賀県米原市

佳作

カラスと少年。
作者:チョロぽんさん (滋賀県)

【講評】高架下を突き進む少年。どこへ向かっているのでしょう。その少年に近づくカラス。何を狙っているのでしょう。少年の冒険のスタートと、そのお供を願い出るカラス。物語のワンシーンのようにも見えて楽しい1枚です。

SUMMER TIME
カメラ:ニコン D7100  レンズ:シグマ 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM  撮影地:岡山県

佳作

SUMMER TIME
作者:₥.ushさん

【講評】ドラマチックかつインパクトのある作品です。色づかいや全体の雰囲気から、夏の終わりであることが伝わってきます。躍動感があって良いですね。画面からは子どもたちが元気にはしゃぐ声が聞こえてくるようです。

composition of room
カメラ:リコー GR  レンズ:N/A  撮影地:東京都

佳作

composition of room
作者:tさん (東京都)

【講評】優しいトーン、ラインだけのシンプルな画面構成が好印象です。ご自宅の部屋の天井なのだそうですが、見上げたときに感じたままを素直に切り取られていて、その美しい造形が画面にバランス良く収められています。

角材アート
カメラ:ニコン D500  レンズ:タムロン 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO  撮影地:滋賀県彦根市 松原水泳場

佳作

角材アート
作者:NEONEOさん (滋賀県)

【講評】色や質感が面白い魅力的な被写体ですね。何のためにこのように色付けされているのでしょう。色とりどりで、模様もさまざま。すごくにぎやかな様子で、その一つ一つを観察しているだけで楽しい作品です。

神の威厳
カメラ:ニコン D5200  レンズ:ニコン AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR  撮影地:奈良県奈良市 奈良公園

佳作

神の威厳
作者:StyLeZさん (大阪府)

【講評】良い被写体はもちろん、すごく良い光の条件に出合うことができましたね。そのようなフォトジェニックなシーンを見事にとらえられています。ハイライトとシャドウのバランスがばっちり決まっているなど画面構成も秀逸です。

夕闇の中の影法師
カメラ:ニコン D800  レンズ:ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED  撮影地:静岡県浜松市

佳作

夕闇の中の影法師
作者:sakuraさん (静岡県・37歳)

【講評】シルエットになった3つの樹木が作品名の影法師とのことで、なかなか興味深い視点ですね。何気ない夕景シーンなのですが、とても趣があります。画面から感じられる、ゆっくりとした時間の流れに引き込まれてしまいました。

seaside story
カメラ:ソニー α7  レンズ:SEL55F18Z(Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA)  撮影地:神奈川県鎌倉市

佳作

seaside story
作者:碧さん (静岡県)

【講評】ドラマのワンシーンのような雰囲気で、良い被写体に出合いましたね。画面右に配置された人たちが良いアクセントになっていて効果的です。マット系の用紙を選ばれたのもナイスです。この作品の優しい色づかいやトーンに合っています。

機材ランキング

コンテストの受賞作品に使用されている機材のランキングです。


↑ページの先頭へ