デジタルカメラマガジン 2017年9月号選考〈デジタルフォト部門〉 デジタルフォト部門 選者:ハービー・山口 先生

現在表示しているページ
ホーム > フォトコンテスト > 結果発表済みコンテスト一覧 > デジタルカメラマガジン 2017年9月号選考〈デジタルフォト部門〉 > デジタルフォト部門
フリーフォール
カメラ:キヤノン EOS 5D Mark IV  レンズ:キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM  レタッチ:Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、シャドウ、ハイライト、トーンカーブを調整、トリミング  撮影地:東京都中央区 銀座

優秀賞

フリーフォール
作者:KCさん (神奈川県・47歳)

【講評】屋根のないバスをフリーフォールに見立てた例えが上手い作品です。シンプルな構図の中に黄色いバスの存在感が光り、一見してとても目立ちました。流し撮りによるボケと、静止した黄色いバスの動きのコントラストも優れており、背景の横断歩道の白い模様がゼブラ模様のようでとても効果的にバスを盛り上げています。バスに屋根がないことで乗客の模様も手に取るように分かり、人間観察の要素としても、とても興味深い写真に仕上がっています。バスは街で見かけるとき目の高さから見るのが普通ですが、この俯瞰と流し撮りを組み合わせるという着想が、新しいバスの写真を生みました。

<選者からのアドバイスは本誌誌面をご参照ください>

トウヒコウ..........
カメラ:ニコン D300S  レンズ:ニコン AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED  レタッチ:Photoshop Lightroom 3にて左側の彩度と明るさを調整  撮影地:東京都渋谷区

準優秀賞

トウヒコウ..........
作者:吉田さん(仮名)さん (神奈川県・47歳)

【講評】どういう意図なのかは分かりませんが、ロボット頭の人物が、女性と交差点を駆け抜けています。なにかのロケや作品撮りのために役者にさせているのかもしれませんが、それを偶然見つけたことが、素晴らしいシャッターチャンスに恵まれたと言っていいと思います。非日常的なこのふたりの姿や形、その周りの日常を過ごす人々とのコントラストが非常に面白く、とても迫力がある写真になっています。さまざまな人がさまざまなことをしている、都会の多様性を改めて思いました。それをまた撮り逃さずにシャッターを切った作者を褒めたいと思います。

Silhouette
カメラ:キヤノン EOS 6D  レンズ:キヤノン EF24-70mm F2.8L USM  レタッチ:Photoshop CCにてコントラスト、明るさを調整  撮影地:新潟県新潟市

準優秀賞

Silhouette
作者:Benoitさん (埼玉県・54歳)

【講評】カーテン越しにかすかに見える夕暮れの街。そんなロマンチックな光景を背景に使いながら、モデルさんの美しいポーズを巧みに捉えた作品です。モデル撮影にもたくさんの撮り方がありますが、その表現力と構成力、この時間の選び方など、シチュエーションのセッティングのうまさに感心しました。モデルさんも、さりげなくつま先を立ててポーズしていて、バレエなどの踊りの要素を知っていらっしゃるのか、隙のないポーズだと思います。タイトル通り、人物をシルエットにした、背景との明暗差がとても美しい作品だと思います。上品で美しい写真は、やはり誰が見ても心に迫ってきますね。

King of Mumbai Street
カメラ:キヤノン EOS 6D  レンズ:キヤノン EF24-70mm F4L IS USM  レタッチ:Photoshop CCにて露出補正、トリミング  撮影地:インド ムンバイ

入選

King of Mumbai Street
作者:Jin's 魂写さん (東京都・60歳)

【講評】インドのホームレス老人だそうですが、見れば見るほど重みがある写真で彼がどんな人生観を持っているのかのぞいてみたくなりました。実に優しい目をしていて、卓越した表情に打たれるものがあります。作者が相対して丁寧に撮っている、その姿勢に対する老人の視線なのでしょう。対話から人物写真は生まれるということを強く感じる写真です。

あの頃
カメラ:ニコン D800  レンズ:ニコン AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G  レタッチ:Photoshop Lightroom 6にて明るさ、コントラストを調整  撮影地:神奈川県鎌倉市

入選

あの頃
作者:パプさん (神奈川県・50歳)

【講評】作者はこの修学旅行生の姿を見て、およそ35年前のご自身のことを思い出したとのこと。その自分の思い出と、目撃した中学生の姿を重ね合わせ、自身の中にいろいろなドラマを描いて写しました。そのかいあって、セピア調の中に何か懐かしさもありながら、紛れもない現代が写っている、その浮遊感が素晴らしい1枚だと思いました。

天空の城を探しに
カメラ:キヤノン EOS 70D  レンズ:タムロン 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD  レタッチ:Photoshop CS6にて子どものシルエットを合成、彩度、コントラスト、トーンカーブを調整  撮影地:福岡県八女市

入選

天空の城を探しに
作者:TMGさん

【講評】合成が自由にできる今の時代、こうしたファンタジーを写すというのもひとつの表現方法です。一見して、嫌みがない場面作りだと思いました。雲間から差し込む光と、まさに天に昇るかのような子どもたち2人の配置がうまく、映画の一場面を見ているようなドラマが写し込まれていると思います。

YUKI MICHI
カメラ:ニコン D500  レンズ:コシナ ZEISS Makro Planar T* 2/50  レタッチ:Photoshop Lightroom 5にてコントラスト、明るさを調整  撮影地:滋賀県近江八幡市

入選

YUKI MICHI
作者:チョロぽんさん (滋賀県)

【講評】一見した際、本物の車と道路を上から俯瞰した写真だと思いましたが、コメントを読んで、これがお子さんのミニカーを使い、雪にタイヤ痕を付けて撮った写真だと判明。その演出力の巧みさに驚きました。さらにストロボを発光させ、降りしきる雪の描写もされています。そのささいな追い込みが素晴らしい作品です。

236メートル
カメラ:キヤノン EOS-1D X Mark II  レンズ:EF50mm F1.2L USM  レタッチ:Photoshop CC 2017にてかすみ除去、色温度、白レベル、彩度を調整  撮影地:東京都港区 六本木ヒルズ スカイデッキ

入選

236メートル
作者:kupuoさん (東京都)

【講評】六本木ヒルズの屋上で遭遇したアリを画面右端に据え、「何を見ているだろう」と思わせる構図で切り取った素晴らしい写真です。背景のボケ味の美しさも手伝い、アリと人間社会との対話をも感じます。ヒアリが話題の昨今、地球を支配するチャンスを淡々と狙うアリ……そんな解釈もできる1枚です。

Drawing a line
カメラ:オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  レンズ:パナソニック LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.  レタッチ:Olympus Viewer 3にてRAW現像、WB、コントラスト、ハイライト・シャドウを調整、Photoshop Elements 15にて色味を微調整、トリミング  撮影地:紀伊半島上空

佳作

Drawing a line
作者:さとまさん (東京都・49歳)

【講評】大空と飛行機と飛行機雲。白と青の爽やかな画面に飛行機から見える一瞬のドラマが写された素敵な1枚です。どちらも飛行機は高速で飛んでいる同士なので、かなりのスピードで飛び去っていったのではないでしょうか。うまく雲と飛行機雲と機影を収めたと感心しました。

歌舞伎町シルエット
カメラ:キヤノン EOS 5D Mark II  レンズ:キヤノン EF50mm F1.2L USM  レタッチ:Photoshop Lightroom 4にてコントラストを調整  撮影地:東京都新宿区 歌舞伎町

佳作

歌舞伎町シルエット
作者:Blackstreetさん (東京都・53歳)

【講評】まばゆいウィンドウの光とシルエットを組み合わせ、歌舞伎町の雰囲気をうまく捉えています。雑多な街は散漫な写真になりがちなのですが、こうしてシルエットでまとめると、なんとも美しい街並みに見えます。派手な色使いや色のコントラストも良い対比となっています。

廃_鉄路
カメラ:ニコン D810  レンズ:ニコン AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  レタッチ:SILKYPIX Developer Studio Por6にてRAW現像。露出、明度、彩度等を調整  撮影地:神奈川県鎌倉市

佳作

廃_鉄路
作者:JYOさん (神奈川県)

【講評】廃線には、どこか人を引きつける存在感があり、僕も大いにこうした廃線に引かれるひとりです。撮ったこの時刻が良いのか、街の明かりや家から漏れる明かりとのコントラストがとても美しく、日常の風景でもどこか不思議で幻想的な写真になっています。

天と地と
カメラ:富士フイルム FUJIFILM X-T1  レンズ:富士フイルム XF23mmF1.4 R  撮影地:東京都港区

佳作

天と地と
作者:03さん (東京都・36歳)

【講評】タイトルが示す通り、雲、夕日、ネオンに輝く街の光が気象状況により美しく対比された、すばらしい一瞬を写した1枚です。これだけはっきり境界が現れるのも珍しいですね。大自然と日常という違う次元のものの対比を見るのはとても興味深いものです。

ホームの光 1
カメラ:キヤノン EOS 7D Mark II  レンズ:キヤノン EF24-105mm F4L IS USM  レタッチ:Digital Photo Professionalにてハイライト、シャドーを調整  撮影地:大阪府大阪市 JR大阪駅

佳作

ホームの光 1
作者:雛さん (兵庫県)

【講評】まさに写真とは光が作るドラマですね。差し込む光がこの女性を妖精のように輝かせています。背景が駅員さんの制服だったことで、より女性に当たる光の輪郭が強調されました。すばらしい一瞬に巡り合ったと感心しています。

夕暮れ時
カメラ:キヤノン EOS 80D  レンズ:キヤノン EF40mm F2.8 STM  レタッチ:Photoshop CS5にて明るさ、コントラスト、自然な彩度を調整  撮影地:広島県廿日市市

佳作

夕暮れ時
作者:A.Sさん (広島県)

【講評】とても良い雰囲気の夕暮れです。公園の滑り台の上で、お子さんと親御さんが手をつないでいるのが見えます。こんなシチュエーションに出合ったら、きっと僕も写真を撮らずにいられません。平和でキレイな良い写真です。

襲う影
カメラ:オリンパス OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II  レンズ:オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II  レタッチ:Photoshop Lightroom 6にてRAW現像。コントラスト、シャドウ等を調整。Silver Efex Pro 2を使用  撮影地:ポルトガル リスボン ジェロニモス修道院

佳作

襲う影
作者:よんさん (奈良県)

【講評】古い建築物とそこに写る影を画面下の女性のシルエットとうまく組み合わせた、何か神聖な気持ちを誘う1枚です。フレーミングがうまいですね。モノクロのシンプルな表現がまた合っています。この時間帯だけのドラマです。

ベースはどこに?
カメラ:ソニー NEX-6  レンズ:ソニー E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS  レタッチ:Photoshopにてカラーバランス、レベル補正、彩度を調整、トリミング  撮影地:埼玉県さいたま市 三橋総合公園

佳作

ベースはどこに?
作者:Mkunさん (埼玉県)

【講評】太陽が注ぐ中、準備する野球少年3人が写っています。手前上部の木の葉をフレームとして見せている、程良い引きがとても心地良いです。撮影のタイミングも素晴らしく、7番の少年の格好がこの写真の主人公となっています。

黄昏浪漫
カメラ:富士フイルム FUJIFILM X100F  レンズ:N/A  撮影地:福岡県糸島市

佳作

黄昏浪漫
作者:カスタム命さん (福岡県・56歳)

【講評】遊ぶ子どもたちと手前のカップル、沈む夕日が幾何学的に配置された、非常にうまい海の情景です。右上に太陽、左下にカップルという構成もうまいですね。アンリ・カルティエ=ブレッソンの作品を連想しました。

peephole
カメラ:ソニー α7R  レンズ:シグマ 35mm F1.4 DG HSM | Art  レタッチ:Photoshop Lightroom 6にて180°回転  撮影地:島根県松江市

佳作

peephole
作者:nobotiさん (島根県・50歳)

【講評】水たまりが作った不思議な世界です。明かりのある住宅の反射を写していますが、何か幻想的です。明るいレンズの丸いボケ味がまたこの写真のトーンに合っています。天地を逆にした見せ方も良かったですね。より幻想的になりました。

美人のおばあさん
カメラ:ライカ ライカ M  レンズ:ライカ ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH.  レタッチ:Photoshop CS6にてトリミング  撮影地:ベトナム ホイアン

佳作

美人のおばあさん
作者:tadeenさん (東京都)

【講評】街中で見かけて興味を持ち、近付いて撮らせてもらった1枚だそうです。こちらをまっすぐ見るまなざしにストレートな写真が持つ静かな迫力があります。こちらの心の中までも見えているようで、そんな視線のやりとりが写真の力となっています。

マルチビジョン *2*
カメラ:キヤノン EOS M5  レンズ:キヤノン EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM  撮影地:東京都中央区 銀座

佳作

マルチビジョン *2*
作者:ふうたさん (茨城県・66歳)

【講評】ビルのガラスに映った歩行者天国の様子なのですが、窓の区切れがひとつひとつのフレームになり、路上の人々が面白く描かれています。反射を使うことで、現実をちょっとひねったいい写真になりました。タイトルもとてもしゃれています。

時空の間
カメラ:キヤノン EOS 7D Mark II  レンズ:キヤノン EF24-105mm F4L IS USM  レタッチ:Phtoshop 7.0にて明るさ、コントラストを調整  撮影地:京都府京都市 京都駅

佳作

時空の間
作者:yukaさん (大阪府・54歳)

【講評】プラットホームにはいろいろなドラマがあります。電車の動き、電車を待つ人々、そして出会いと別れ。作者の鬼塚さんは手前の電車のつなぎ目に一瞬見えたホームの男性を捉えました。電車の動きと人物描写が合わさって、駅ならではの写真を完成させました。

海辺の学校
カメラ:パナソニック LUMIX DMC-GM1  レンズ:パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.  撮影地:大阪府大阪市

佳作

海辺の学校
作者:ぺとらさん (大阪府)

【講評】何か特別なことが画面の中で起こっているわけではないのですが、風景写真を超えた静かなドラマを感じます。この街の風土、海、そして運動場で育っていくであろう若い世代。そんな人間性と海との関係を感じる、不思議な風景写真です。

交差
カメラ:キヤノン EOS 7D Mark II  レンズ:キヤノン EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM  レタッチ:Photoshop Lightroom 6 にて RAW現像、WB、露光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、黒レベル、自然な彩度、トーンカーブを調整  撮影地:山口県山口市

佳作

交差
作者:Y.Suenagaさん (山口県・27歳)

【講評】人と人ではなく、奥と手前の自転車同士という意外な組み合わせが新鮮です。自転車が醸し出す、何か地味な日常でありながら、ふとさみしげなシルエットが夕日の中にうまく収まって、静かだけれどドラマが息づいている写真です。

機材ランキング

コンテストの受賞作品に使用されている機材のランキングです。


↑ページの先頭へ