デジタルカメラマガジン 2017年10月号選考〈デジタルフォト部門〉 デジタルフォト部門 選者:ハービー・山口 先生

現在表示しているページ
ホーム > フォトコンテスト > 結果発表済みコンテスト一覧 > デジタルカメラマガジン 2017年10月号選考〈デジタルフォト部門〉 > デジタルフォト部門
Bon festival dance
カメラ:ソニー α7  レンズ:フォクトレンダー NOKTON classic 35mm F1.4 M.C  レタッチ:Photoshop Lightroom CCにてコントラスト、彩度を調整  撮影地:千葉県柏市

優秀賞

Bon festival dance
作者:gretsch16さん

【講評】夏の風物詩、盆踊りを撮った1枚です。盆踊りというと、浴衣を着た若い女の子たちのポートレートを思い浮かべがちですが、こうした引きの写真はかえって新鮮に感じました。背後には、老朽化で取り壊されつつあるという団地が写っています。それを画面に背景として堂々と取り入れ、その手前の盆踊りの会場をシンメトリーにして構成しています。そのうまく冷静に盆踊りを見つめる視点に見飽きないものがあります。さらに、アパートの窓に人影を探すなどの楽しみもあり、こうした俯瞰により全体像を観察することの魅力を感じさせる1枚です。

<各入賞作品の選者からのアドバイスは本誌紙面をご参照ください>

ボクとキミの夏休み
カメラ:ニコン D7200  レンズ:トキナー AT-X 11-20 PRO DX  レタッチ:iPadにて上下反転。彩度、コントラストを調節  撮影地:岡山県

準優秀賞

ボクとキミの夏休み
作者:₥.ushさん (岡山県)

【講評】昔のゲームタイトルにあった「ぼくのなつやすみ」や、最近で言えば映画「君の名は。」を連想させるような、現実を写した物でありながら、とてもロマンチックかつ童話チックな作品です。水面に写る2人の影が、揺れによってイラストで描いたように仕上がっています。うまく登場人物と青空、雲などを取り込み、イラストのような写真を作った藤元さんの感性に感心しました。夏休みの雰囲気が伝わってきて、このタイトルも作品によく合っています。

滝雲躍動
カメラ:ニコン D800E  レンズ:ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED  レタッチ:Photoshop Lightroom 4にてRAW現像、Photoshop CS5にてトーンカーブ等調整  撮影地:新潟県魚沼市 枝折峠

準優秀賞

滝雲躍動
作者:新井 正次さん (東京都・60歳)

【講評】単に雲の動きを長秒で撮ったのでは収まらない、気流や地形に沿って空気や雲が流れる様子。天体と地表が見せる素晴らしいドラマを撮っています。この場所を撮り続ける作者も今まで見たことがない光景だとのことですが、おそらく千載一遇のシーンに出合ったのでしょう。谷からの風に逆流して滝雲が発生したというこのシーンからは、風景を専門にしていない私にもその迫力が十分伝わってきました。これが現実にあったことに非常に感動した1枚です。

焦らずに
カメラ:オリンパス OLYMPUS PEN Lite E-PL6  レンズ:オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8  撮影地:大阪府

入選

焦らずに
作者:**さん (大阪府)

【講評】「徐行」と書かれた看板の持つリアリティーと、鏡に映り込んだ光に溶け込むふたりの後ろ姿を合わせ、ミステリアスな雰囲気を作っている素敵な作品です。着目点がとても良いですね。一瞬鏡の中だと分かりませんでした。見た人にいろいろなストーリーが発想させる、鏡の中の世界をうまく使ったこの作品に魅了されます。

Mystic Inclination
カメラ:キヤノン EOS 6D  レンズ:キヤノン EF70-200mm F2.8L IS II USM  レタッチ:Photoshop Elements 13にて彩度、コントラストを調整  撮影地:滋賀県愛知郡

入選

Mystic Inclination
作者:KOSHIN+さん

【講評】おびただしい数の岩から、地球の不思議さが感じられます。カメラを傾斜と並行に傾けたことで人がありえない角度で立っているという、ちょっとした工夫もあって非常にミステリアスな作品になっています。傘の赤のアクセントもうまいですね。荒々しい岩の質感と、そこに立つ女性という組み合わせも、この写真の魅力です。

新宿流し撮り3
カメラ:キヤノン EOS 7D Mark II  レンズ:シグマ 17-50mm F2.8 EX DC HSM  レタッチ:Digital Photo Professionalにて明るさ、コントラスト、彩度を調整  撮影地:東京都新宿区

入選

新宿流し撮り3
作者:ryouさん (埼玉県)

【講評】横断歩道を渡る人の速度がまちまちなので、自分のカメラの振り方で止まる人もいればぶれる人もいます。背景はカメラを振った分だけ動き、静と動が得られる良い方法ですね。昔の絵画にはない、カメラが表すぶれには妙な現実感があります。都市の煩雑さや人の息づかいが、ブレでうまく表現されている作品です。

眠れる人魚
カメラ:ソニー α99  レンズ:ソニー Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM  レタッチ:多重露出合成  撮影地:東京都江東区

入選

眠れる人魚
作者:スパゲティニフロイラインさん (東京都)

【講評】作者のコメントによると、モデルさんとペンギンたちの多重合成とのことです。ブルーの色合いや揺れる髪の毛が、海を漂う人魚のようでもあり、新しい写真のアプローチだと思いました。よく見ると特殊な写真を合成しているわけではないのですが、2枚の合成の要素が良く、シュールなポートレートに仕上がっています。

土砂降り浜ちゃん
カメラ:オリンパス オリンパス・ペン E-P1  レンズ:オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6  レタッチ:OLYMPUS Viewer 2にてRAW現像、クロスプロセス使用  撮影地:東京都台東区

入選

土砂降り浜ちゃん
作者:DAICHIさん (神奈川県)

【講評】局地的な豪雨が日常となりつつありますが、作者のDAICHIさんも撮影中に豪雨にあったということです。豪雨と夜の街を組み合わせると、映画の「ブレードランナー」を思い出させるようなフォトジェニックな光景になりますが、そうした場面に敏感に反応して豪雨の街と人々の様子をよく捉えています。タクシーや道路の反射する光など要素の多い場面を広角レンズでうまくまとめました。

「練習帰り」
カメラ:キヤノン EOS-1D X  レンズ:キヤノン EF50mm F1.4 USM  撮影地:東京都江戸川区

佳作

「練習帰り」
作者:中川 隆志さん (東京都・47歳)

【講評】中学2年生だという作者の息子さんを、サッカーの練習帰りに撮った1枚です。ストレートなアプローチによるポートレートが逆に目立ちました。このように人物と向かい合って撮る写真は力強くて貴重です。

Subway
カメラ:富士フイルム FUJIFILM X-E2  レンズ:富士フイルム XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS  レタッチ:SILKYPIX Developer Studio 6にてRAW現像  撮影地:大阪府大阪市

佳作

Subway
作者:れんげの父さんさん (大阪府・63歳)

【講評】地下鉄ならではの暗い背景と、明るい車内がガラスに反射する様子を利用して、線路と車内の両方を写し込むという良いアングルで撮られています。所在なげに座る乗客と、スピード感ある線路の描写がとても小気味良い1枚です。

夏休み
カメラ:ライカ ライカMモノクローム(Typ246)  レンズ:ライカ ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH.  レタッチ:Photoshop LightroomにてRAW現像、SEP2にて明るさ、コントラスト、ストラクチャーを調整  撮影地:大分県

佳作

夏休み
作者:めるちゃん1さん (大分県・61歳)

【講評】釣りをする少年の姿が、逆光の中でシルエットとして浮かび上がり、ポエジーあふれる写真になっています。魚が釣れた瞬間なのでしょうか。シンプルで美しい画面が、見る者に少年の心を想像させてくれます。

鏡の中
カメラ:ニコン D800E  レンズ:コシナ ZEISS Planar T * 1.4/50  レタッチ:Apertureにて彩度、コントラストを調整  撮影地:佐賀県佐賀市

佳作

鏡の中
作者:tanouetohruさん (熊本県・46歳)

【講評】バルーンフェスティバルでの1枚とのことです。水面に写るバルーンが、お盆の灯籠流しのようにも見えます。夕日のアンバーな色味ともマッチして、不ax思議で静かな揺らぎを持つ、独特の雰囲気の作品になっています。バルーンの丸い形が揺らぎにマッチして、優しい気持ちを抱かせてくれます。

空間
カメラ:SX730HS  レンズ:N/A  レタッチ:Photoshop 7.0にてレベル補正  撮影地:神奈川県横浜市

佳作

空間
作者:フォト自由人さん (神奈川県・75歳)

【講評】手前のザックと背景にあるビルを巧みに組み合わせて、まるで高層ビル群のようようにまとめている構図のうまさに感心しました。フレーミング次第で街の光景がこのように撮れるのは、まさに写真家冥利に尽きる1枚です。

金網もなかなかいいもんだ♪
カメラ:富士フイルム FUJIFILM X-T1  レンズ:富士フイルム XF10-24mmF4 R OIS  レタッチ:Photoshop CCにてモノクロ化  撮影地:兵庫県神戸市

佳作

金網もなかなかいいもんだ♪
作者:風花さん

【講評】ヤギの表情としぐさに思わず心なごむものがあります。動物のポートレートとしては秀逸なのではないでしょうか。目が笑っているように見えるところも素晴らしいですね。絶妙のタイミングを捉えた良い動物ポートレートです。

お待たせ
カメラ:パナソニック LUMIX DMC-GM1  レンズ:パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.  撮影地:大阪府大阪市

佳作

お待たせ
作者:ぺとらさん (大阪府)

【講評】ふとした日常の中の光景なのですが、スクーターとその男女を小さく取り入れ、上方に車を取り入れるという、引きであってもここに流れるささやかな男女の物語が写されていて、感心しました。2人の表情も良いですね。

ビアガーデン
カメラ:リコー GR  レンズ:N/A  レタッチ:Photoshop CCにて彩度、コントラストを調整  撮影地:大阪府大阪市

佳作

ビアガーデン
作者:芦田寛治さん (大阪府・78歳)

【講評】最初この丸い小さなものが何だか分からず、しかしそれが発するビジュアルの面白さでこの写真に目を引かれました。実はビールの立ち飲みテーブルだそうです。面白いと思ったものにカメラを向けたことの成果が写真に現れています。

“嬉し恥ずかしモデルデビュー”
カメラ:リコー GR  レンズ:N/A  撮影地:佐賀県唐津市

佳作

“嬉し恥ずかしモデルデビュー”
作者:カスタム命さん (福岡県・56歳)

【講評】大変心温まるおばあちゃんのポートレートです。旅先でこういう方に出会うととても旅が充実してきます。お声がけをして良い表情を引き出す野口さんの写真家としてのスタンスがとても素晴らしいと思います。

オールド・ハバナの夜明け
カメラ:ライカ ライカ M  レンズ:ライカ ライカ ズミルックスM f1.4/35mm ASPH.  レタッチ:Photoshopにて彩度、明るさを調整  撮影地:キューバ共和国

佳作

オールド・ハバナの夜明け
作者:tadeenさん (東京都)

【講評】火力発電所から立ち上る黒い煙と手前の倉庫群が、なにか物寂しく朝日と共に闇の中から浮かび上がる、素晴らしい風景です。なによりも主題である黒い煙の立ち上り方に生命力があふれ、その場面の魅力が十分に伝わる1枚です。

舞う落ち葉
カメラ:ライカ ライカ M  レンズ:フォクトレンダー NOKTON classic 35mm F1.4 S.C  撮影地:埼玉県三郷市

佳作

舞う落ち葉
作者:nmotchさん (埼玉県・34歳)

【講評】息子さんが自分に落ち葉を投げているシーンだとのことですが、この質感から特殊なレンズを使っていることが伝わります。手前の葉にピントが合い、息子さんの顔にピントが来ていないところがまた一種の浮遊感を表現するのに役立っています。レンズの描く世界を十分に生かした1枚です。

おとぎ列車
カメラ:ニコン D810  レンズ:タムロン 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD  レタッチ:Photoshop CCにてRAW現像、明るさ、コントラストを調整、トーン補正、トリミング  撮影地:滋賀県高島市

佳作

おとぎ列車
作者:wakowakoさん (滋賀県)

【講評】見た瞬間、「藤城清治」の影絵を思い出しました。列車というのは我々をどこか夢の世界に連れて行ってくれるイメージがあります。カメラを傾けることにより、遊園地を走る遊具を、魔法の列車に仕立て上げた角田さんの手腕に感心しました。

そこに君がいるだけで、
カメラ:ソニー α7RII  レンズ:ソニー FE 85mm F1.4 GM  撮影地:東京都台東区

佳作

そこに君がいるだけで、
作者:Kazun(マクロ菌魚)さん (東京都・1歳)

【講評】明るいレンズ独特の浅い被写界深度を利用して、夜の街に佇む猫の姿をとてもキレイに撮っています。レンズ特性を十分に理解して、魅力的な夜景の中に猫の存在をぽっかりと浮かび上がらせた手腕は見事。構図的にもバランスが良いです。

カメラマン
カメラ:キヤノン EOS 5D Mark III  レンズ:キヤノン EF24-105mm F4L IS USM  レタッチ:Potomatix Pro5.1にてHDR処理、Digital Photo Professionalにてコントラスト、彩度を調整、トリミング  撮影地:兵庫県神戸市

佳作

カメラマン
作者:光mandaraさん (大阪府)

【講評】ガラスに自分が映り込んでいますが、さらに背景の人々や光景がうまく重なっていて、まるで多重露光のような効果が出ています。この不思議感が素晴らしい1枚です。特に後ろの女性がカメラのフレームにも写ってるのが面白いですね。

躍動毛状巻雲
カメラ:ニコン D800  レンズ:ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED  レタッチ:Photoshop CCにてノイズ処理、シャープネス調整、HDR Efex ProにてHDR加工、Capture NX 2+Nik Color Efex Pro 3.0にてコントラスト、明るさ、D-ライティング、グラマーグロウフィルター、クラシカルソフトフォーカス、カラーコントロールポイント、トーンカーブ、インクフィルター、アンシャープマスクを調整  撮影地:静岡県浜松市

佳作

躍動毛状巻雲
作者:sakuraさん (静岡県・38歳)

【講評】電柱を見上げたことで、思わぬ人工物と大自然の組み合わせによる絵が生まれました。HDRによる雲の質感があってこその画面でしょう。電柱も常識的には絵にならない邪魔者として扱われますが、こうして画面の中に取り込むことで、電柱の姿と空の掛け合いによるドラマをうまく成立させています。電線が空間を分割する意思ある線に見えてきますね。

機材ランキング

コンテストの受賞作品に使用されている機材のランキングです。


↑ページの先頭へ