GANREF写真白書 2009秋

現在表示しているページ
トップ > GANREF写真白書 2009秋

2009年9月10日

GANREFに投稿される写真で最も使用されているカメラは「EOS 40D」

GANREF写真白書 2009秋 ~ 16万枚超の投稿写真に基づく調査結果 ~

 GANREFでは、2009年3月のオープンから2009年8月上旬にかけてGANREFに投稿された16万枚を超える写真について、使用された機材やカテゴリーの調査を行いました。
 今回の調査では、カメラやレンズ、カメラとレンズの組み合わせなどの機材ごとの集計のほか、ISO感度、シャッタースピードなどの撮影情報、写真のカテゴリーやキーワードなどの被写体について集計を行いました。

 カメラのメーカー別集計では、キヤノンが40%、ニコンが29%と両社で約70%を占める結果となりました。機種ごとに見ると、キヤノン「EOS 40D」が首位、ニコン「D300」が2位で、発売から比較的時間の経っている機種が上位を占めました。
 レンズでは、キヤノン、ニコンの上位は変わりませんが、3位にシグマ、4位にタムロンが入り、サードパーティー製レンズがよく使われている状況が見えます。中でもタムロンの「SP AF90mm F/2.8 XR Di MACRO 1:1」は、全レンズの中でも2番目の使用数となっており、世間での評価の高さを裏付けていると言えるでしょう。

GANREF白書 調査結果(カメラ別) GANREF白書 調査結果(レンズ別)

より詳しい内容は、下記PDFファイルをご覧ください。

GANREF写真白書2009秋(PDFファイル、573KB)

 なお、以前に実施した「10万枚突破記念クイズ」の正解は、4番でした。正答率は約40%でした。

カスタム調査について

 GANREFでは、今回のような公開コンテンツに基づく調査のほかに、ニーズに合わせてより掘り下げた調査や、ユーザーへのアンケートなどに基づく個別調査も行っています。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム