GANREF被写体別ワークショップ 吉田繁先生の初心者のためのPhotoshopゼミ【第6講】

現在表示しているページ
ホーム > GANREF被写体別ワークショップ > 吉田繁先生の初心者のためのPhotoshopゼミ【第6講】
受付は終了しました

GANREFメンバーの皆さん、こんにちは。来たる2017年11月4日(土)に、「GANREF被写体別ワークショップ 吉田繁先生の初心者のためのPhotoshopゼミ【第6講】」を開催します。

「吉田繁先生の初心者のためのPhotoshopゼミ【第6講】」の概要

日時 2017年11月4日(土)13時30分~17時30分
場所 epSITE(エプサイト・新宿)
» epSITEへのアクセス
講師 写真家・吉田繁先生
募集人数 12名(先着順) ※最少催行人数8名
受講料
(税込)
一般メンバー:9,799円
プレミアムサービス加入者:9,299円

※受付延長期間中は加入状況に関係なく一般メンバー価格となります

集合解散場所 現地
申し込み締切 2017年10月26日(木) 12時(正午)
※先着順で定員になり次第終了

プロ写真家から直接学べる写真を撮る人のためのPhotoshop講座

プロフェッショナルメンバー・吉田繁先生によるPhotoshop講座です。Photoshop初心者の方のために、基本的な操作をゆっくりとレクチャーします。全6回コースで、それぞれ1回づつ受講可能です。また、前回受けられた方もお見えになると思いますが、6-7割が同じ内容で、新たな作例などを用意しますので、繰り返しやることで、photoshopの基礎力をしっかりと身につけることができます。

講師 吉田繁先生からのメッセージ
基礎から最終的に上級者に至るまでのPhotoshop講座を6回に分けて行います。

「Photoshopを使えるようになることで、格段に表現領域が広がります」
・荒れた肌をきれいにする方法を知りたい
・レイヤーがわからない
・画面の一部分だけ色を変えたい
・必要な部分だけ切り抜きたい
・CAMERA RAWどこから触っていいのかわからない
・要らないものを、なかったように消したい
・気づかないように、動かしたい
・ばれないように合成したい
・文字を自由に載せたい
・保存の形式ややり方がいろいろあってわからない

どこから手をつけていいかわからない初心者を対象に、簡単なチップスを用意して、ゆっくりゆっくりやっていきます。 授業で使う画像はこちらで用意いたします。その画像を実際に補正作業をしながら学んでいきたいと思います。Photoshop CCが実際に入っているパソコンをお持ちの方は、お持ちになっても構いません。データーのやり取りができるようにUSBメモリーなどをお持ちください。

全体のカリキュラム

第1講(2017年6月11日(日) 13時30分~17時30分)
Adobe PhotoshopとAdobe Bridgeの基本
  • Bridgeの基本操作
  • Photoshopの基本操作
  • Adobe Camera Rawでできる簡単な補正方法
    • 閲覧、ランキング、選択、ソートの実際
    • プレビューの方法、数種類
    • コンタクトシートを作る
    • スライドショーをつくる
Photoshopを使った写真補正の基本操作
  • ファイルを開く
  • 「明るさ、コントラスト」を学ぶ
  • デジタルにおける数字の意味
  • 「色相/彩度」および「色彩の統一」
  • 選択範囲のカラー化(部分的にカラーに戻す)
  • ヒストリーブラシの実際
  • 「シャドウ/ハイライト」を使う
  • 「トーンカーブ」を使う
  • 「レベル補正」を使う
  • 「スマートフィルター」に変換する
  • JPG、TIFF、PSDに保存する時の差を学ぶ
  • 用紙によって変わる適正露出(光沢紙、コットン紙、和紙)
第2講(2017年7月8日(土) 13時30分~17時30分)
  • トーンカーブの意味を徹底的に学ぶ
  • 修復ブラシツールを学ぶ
  • 切り抜きと角度補正
  • 「コンテンツに応じる」塗りつぶしについて
  • 新機能 マッチフォント
  • レイヤーマスクで背景を出してくる
  • 白黒の調整レイヤー
  • 保存形式色々
  • 拡大、縮小、全体表示で補正したい場所を探す
  • Camera Rawを完璧にマスターしよう
    • 段階フィルター
    • ブラシツール
    • 円形フィルター
    • レンズ補正
    • 角度補正
    • 切り抜き
    • etc
第3講(2017年8月19日(土) 13時30分~17時30分)
「色合いの調整」と「色変換」を学ぶ
  • レンズフィルターを使ってみる
  • カラーバランスフィルターを使ってみる
  • RGBCMYの補色関係を色立体で学ぶ
  • トーンカーブでできる色調補正
  • CameraRawフィルターで補正を完了する
「肌の補正」をやりながらいろんな設定、ツールを学ぶ
  • 修復ブラシ(調整あり)で別レイヤーで補正を残す
  • ファンデーション効果の肌の補正
  • 歯や目の白いところを白くする
  • ポートレイトの要、キャッチライトを作る
  • ブラシの設定を工夫する サイズや固さの違い
  • ショートカット 「B」「I」などを使いこなす
  • ハイパスフィルターとぼかし(ガウス)で肌を補正する
新機能! ゆがみフィルターで顔の補正をする
Camera Rawフィルターで暗部のみハイライトのみ補正する
レンズ補正で歪みを直していく
広角補正で倍率の色収差をとことんなくす
第4講(2017年9月9日(土) 13時30分~17時30分)
色補正を正しく行うための環境づくり
  • モニターキャリブレーション
  • Photoshop側での設定
  • デスクトップ画面のおすすめ設定
選択範囲の作成を徹底的に覚えよう
  • パスを使って選択範囲を作る
    パスを描く動作・・・「A:直線を引く」「B:曲線を引く」「C:連続線を引く」「D:パスを閉じる」
    パスを修正する動作・・・「E:パスを選択する」「F:パスを削除する」「G:ポイントを追加する」「H:ポイントを消去する」
  • 選択範囲をもっと気楽に
    「クイックマスク」「クイック選択ツール」「焦点領域」
  • 新兵器、「調整とマスク」は万能かつ簡単な選択範囲の作成
    髪の毛だって綺麗に切り抜ける。
ブリーチバイパスで一味違った写真にする
第5講(予定:2017年10月14日(土) 13時30分~17時30分)
※以下は前回2017年2月19日開催時の講習内容です
  • モノクロ変換 7種類
    オススメは色を選んで濃度に変える。
  • 雰囲気のあるモノクロ写真を作る
  • ノイズを入れて粒状感を出す
    「ぼかし」がポイント
  • シズル感を出す、湯気のつくりかた
  • 桜の花を桜らしく、花を上手に選択する方法
  • 古いアンティーク紙の質感を写真に反映する
第6講(予定:2017年11月4日(土) 13時30分~17時30分)
※以下は前回2017年3月26日開催時の講習内容です
ペンタブレットの体験
機材を用意しますので、マウスではできない世界を体験していただきます。細かな、線を描くような作業はマウスでは決してできない作業。ぜひ一度体験してみてください。独自の設定方法などを紹介します。
今さら聞けないPhotoshop

髪の毛を切り抜く基礎的な方法を説明します。こちらは前半のペンタブレットにも関係あるのですが、ショートカットの紹介、タブレットへの割り当て、補正の基礎などをお話しします。
  • ショートカットの色々を覚える。
  • ジオラマ風 エフェクトの作り方
  • 銅箔でできたテキストエフェクトを作る
  • 本物そっくりの霧を作る
  • 水彩テクスチャからブラシを作る
  • 点画風のイラストを作る
※カリキュラムは現段階での予定であり、変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

吉田繁先生プロフィール
1958年、東京生まれ。日本大学経済学部卒。広告・PR誌・雑誌など撮影をするかたわら1990年頃から巨樹を中心に自然の写真を撮り続けている。近刊に「日本遺産 神宿る巨樹」(講談社刊)。そのほかに「地球遺産・最後の巨樹」「地球遺産・巨樹バオバブ」「一眼デジカメ虎の巻」(共に講談社刊)。社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。
» ポートフォリオを見る
» 吉田繁先生のホームページ

セミナーの模様
日時と場所
2017年11月4日(土)13時30分~17時30分 :epSITE(エプサイト・新宿)

※雨天決行です。ただし公共交通機関に影響がある天候の場合、または警報が発令された場合は中止することがあります。

定員
12名(先着順)

※お申し込みが最少催行人数(8名)に満たない場合は、開催を取りやめる場合があります。

受講料(税込)
一般メンバー:9,799円
プレミアムサービス加入者:9,299円

※受付延長期間中は加入状況に関係なく一般メンバー価格となります
※受講料は、「インプレス直販サービスサイト」でのお支払いとなります。
※お支払いは「クレジットカード」「コンビニ決済」のみとさせていただきます。
※参加時にかかる費用(集合解散場所までの交通費等)は各自で負担してください。
※申し込み後は、いかなる場合も受講料の返金はできません。ただし、開催が中止となった場合は返金いたします。

申し込み資格
GANREFクラブメンバーであること →GANREFクラブメンバー登録はこちら

※GANREFクラブメンバーを退会すると受講資格を失います。
※15歳以上の未成年の方が参加する場合は、親権者の同意書提出が必要です。
※15歳未満の方が参加する場合は、親権者の同意書提出に加えて保護者の同伴が必要です。
※未成年者が参加する場合の詳細は運営スタッフまでお問い合わせください。

申し込み締切
2017年10月26日(木) 12時(正午)

※先着順で定員になり次第終了

申し込み方法
このページの一番下にあるボタンをクリックすると表示されるページに必要事項をご入力の上、送信してください。その他の方法では申し込みいただけません。
参加者の決定、通知、受講料のご入金
参加が受理された申し込み者には、メールにて受付完了のお知らせをお送りします。受講料のお支払いについては、催行が決定した段階で改めてご連絡します。

※申し込みが完了しても、定員を超える申し込みがあった場合は参加いただけないことがあります。
※指定の期日までに受講料支払手続きとご入金が確認できない場合は、ワークショップに参加いただけません。
※「ganref.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。

持ち物について
  • Photoshop CCが実際に入っているノートパソコンをお持ちの方は持参願います。
  • メモ帳、筆記用具
  • データのお持ち帰りを希望される方はUSBメモリーをご用意ください。
ご注意
  • 申し込みされていないご家族、お知り合い等の同伴はお断りさせていただきます。
  • ワークショップの模様はGANREF等でレポート(写真・動画含む)が掲載されることがあります。
申し込み時にご入力いただく個人情報の取り扱いについて
申し込み時にご入力いただいた個人情報は、申し込み者への連絡以外の目的には使用いたしません。

GANREF被写体別ワークショップについて

「GANREF被写体別ワークショップ」とは、毎回、ある被写体/テーマに絞って、そのジャンルのプロ写真家を講師に招き、ワークショップ(体験型講座)形式で、被写体に関すること、機材選び、撮影方法、作品の仕上げ方などを学ぶ、GANREF主催のユーザー参加型企画です。
すでにその被写体/テーマに魅了されて作品作りに取り組んでいる方、その被写体/テーマに興味があっていつかやってみたいと思っている方、メインの被写体/テーマが決まらずまだ被写体探しをしている方、どんな方でも大歓迎です。
プロ写真家の案内で、気になる被写体/テーマの魅力的な世界を体験してみてください。

受付は終了しました


↑ページの先頭へ