デジタルカメラマガジン 本誌2007年6月号選考 結果発表

現在表示しているページ
トップ > マガジン > デジタルカメラマガジン > フォトコンテスト結果発表 > 2007年6月号選考

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di Ⅱ LD Aspherical[IF]MACRO レタッチ: Photoshop Elements 4.0でレベル補正、トリミング 撮影地: 広島県尾道市

優秀賞

「守り猫!?」


作者:
北井新将
都道府県:
群馬県
年齢:
31歳

広田 尾道の港町を背景に、ネコちゃん? がひょっこり顔をのぞかせています。意表をついた、視線を止める力の強い作品です。
担当 見ているとだんだん引き込まれるような楽しさとストーリーが感じられて、なにやらハッピーになってきますね。
広田 それは、キャラクターの個性もありますが、フォーカスアウトした背景の陽光にあることも見逃せません。そして見逃せないものがもうひとつ、坂道のザラザラした手すりです。歴史と地理的環境がここでも語られています。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: パナソニック LUMIX DMC-FZ7 撮影地: 兵庫県姫路市 姫路セントラルパーク フィルター: MCフィルター

準優秀

「すやすやzzz」


作者:
笠置真好
都道府県:
奈良県
年齢:
45歳

担当 あ~、カバさんだらけてますね~、とても気持ちよさそうです。
広田 人間にもいそうですね、こんな仲よさそうな夫婦が(笑)。
担当 野生ではこれほどのんきにしていられないでしょうね。
広田 人間も定年後ならできそう。そんな作者の願望が入った写真かな?

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D  レンズ: シグマ 18-50mm F2.8 EX DC レタッチ: RAW Image TaskにてRAW現像 撮影地: リトアニア

準優秀

「ステージへ」


作者:
keisha
都道府県:
リトアニア
年齢:
38歳

担当 コンサートの会場でしょうか?
広田 これからステージが始まるぞという予感がこの1枚から伝わってきます。テレビカメラに焦点を合わせて盛り上がりを表現したところに作者の個性と腕を感じます。時間よし、タイミングよし、会場の歓声も聞こえてくるようです。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D70s レンズ: シグマ APO 100-300mm F4 EX IF HSM レタッチ: Photoshopにてトリミング 撮影地: アメリカ ミシガン州

入選

「おうちに帰りたい…」


作者:
小川博子
都道府県:
外国
年齢:
35歳

担当 イヌの悲しそうな表情がいいですね。タイトルにも気持ちが出ています。
広田 静かな作品なので係留してあるのかと思ったら、カヌーが動いていますね。ラブラドールのへさき側の体に雪が付着しているところからも、動きと感情が読み取れます。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡN レンズ: シグマ 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL レタッチ: SILKYPIX Developer 3.0にて色温度など微調整、傾き補正、トリミング後、RAW現像 撮影地: 愛知県犬山市 明治村

入選

「女と男のいる瞬間」


作者:
草深寿雄
都道府県:
三重県
年齢:
38歳

担当 建物の雰囲気やモデルの表情が前髪で隠れているあたりも、ミステリアスでいいですね。
広田 背後の男性の存在をタイトルにも含めているわけですが、カメラアングルを工夫するなどモデルに情熱を傾けているのですから、タイトルもそこの部分を昇華してほしかったなぁ。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: コニカミノルタ α-7 DIGITAL レンズ: AFマクロ100mm F2.8(D) 撮影地: 岡山県真庭市

入選

「雪ぼうし」


作者:
池田裕之
都道府県:
岡山県
年齢:
32歳

担当 今年の春は天候が不順でしたね。
広田 しかし、写真的には思わぬ被写体にめぐり合える天候でもありました。枝の雪に朝の冷え込みを感じます。サクラのつぼみも戸惑ったことでしょう。チャンスは自らとらえてこそ価値があるのです。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: シグマ MACRO 50mm F2.8 EX レタッチ: Digital Photo Professionalにて明るさとホワイトバランスを微調整

入選

「たんぽぽの宇宙」


作者:
黒田博文
都道府県:
埼玉県
年齢:
40歳

担当 きれいな写真ですね、やわらかな感じが花嫁さんの衣装みたいで。
広田 白で構成する写真って、むずかしいのです。周囲を切ってよくここまで寄りました。克明な接写のなかに、夢と現実が感じられる作品に仕上がっています。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D  レンズ: EF500mm F4L IS USM レタッチ: Photoshop CS2 にてレベル補正、シャープ 撮影地: 石川県小松市

入選

「技」


作者:
小笠原秀征
都道府県:
岐阜県
年齢:
37歳

担当 両機は10mも離れていないのでは? すごい瞬間です。
広田 2機がすれ違うナイフエッジがもっともむずかしいシーンですが、この平行飛行も簡単ではありません。いいライティングのなかでみごと、的確な作品に仕上げています。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: EF70-200mm F2.8L IS USM+EXTENDER EF1.4x Ⅱ レタッチ: Digital Photo Professional にてRAW現像、レベル補正 撮影地: 神奈川県川崎市

佳作

「背番号10」


作者:
大石桐吾
都道府県:
神奈川県
年齢:
34歳

担当 緊張の一瞬ですね。
広田 空間を切り詰めた画面構成が、プロテクターを着けて窮屈なキャッチャーを表しているようでうまいと思いました。臨場感もなかなかで、少年野球の楽しさが伝わります。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: コニカミノルタ α-7 DIGITAL レンズ: シグマ 24-135mm F2.8-4.5 レタッチ: Photoshop CS にてレベル補正とトーンカーブ補正 撮影地: 茨城県 真壁トライアルランド

佳作

「真剣勝負」


作者:
黒木耕二
都道府県:
千葉県
年齢:
48歳

担当 すごいシャッターチャンス! というか危ない!
広田 おいおい!! 落ちたら命がなさそう。無事だったんでしょうね。緊迫感がビシビシ伝わってきます。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにて色調、シャープマスクを調整 撮影地: 北海道 美瑛 フィルター: C-PLフィルター

佳作

「かげり」


作者:
吉見 訓
都道府県:
神奈川県
年齢:
39歳

担当 樹は小さく写っているのに、大きな風景ですね。
広田 ダイナミックです。構成はいいのですが、露出を最低1段落とせば、よりよかったと思います。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: トキナー AT-X 107 DX FishEye 撮影地: 広島県福山市 蔵王公園

佳作

「姉妹」


作者:
Taka
都道府県:
広島県
年齢:
43歳

広田 魚眼レンズを積極的に使用した作品です。影を見れば分かると思いますが、かなり被写体に接近しないとこうはいきません。作者はそのあたりを十分心得たベテランです。
担当 姉妹も写真に撮られるおもしろさをわかっているようです。作者との信頼関係もみえていいですね。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: シグマ 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0にてRAW現像、トーンカーブ補正 撮影地: 長崎県長崎市

佳作

「春節を祝う」


作者:
富岡満隆
都道府県:
長崎県
年齢:
39歳

担当 ブタがたくさんこちらを向いています。大人気です。
広田 中華街でしょうか、狭苦しさからそう感じたのですが、魚眼レンズでシンメトリーを少しくずしたらどうなったでしょうか、興味を惹かれます。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス K100D レンズ: シグマ 18-125mm F3.5-5.6 DC レタッチ: Photoshop 2.0にてレベル補正、明るさ、コントラスト調整、アンシャープマスク

佳作

「明かり」


作者:
古里ひろし
都道府県:
鹿児島県
年齢:
44歳

広田 担当は勉強したほう?
担当 はい、一応。
広田 おぉ偉い。この兄妹も真面目そうでいい感じ。環境や性格がよくわかる秀作です。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF135mm F2L USM 撮影地: 福島県いわき市 小名浜港

佳作

「港景」


作者:
平木敏和
都道府県:
福島県
年齢:
51歳

広田 夕暮れの港、写真になりますね。独特の潮の香りもしてくるようです。
担当 人が写っていないのに生活感を感じる写真ですね。
広田 撮影時にもう少し自分の写真を意識すると、類型化から脱却できると思います。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AI AF Nikkor 20mm F2.8D 撮影地: ミラノ中央駅近辺

佳作

「ビートル」


作者:
篠原淳司
都道府県:
神奈川県
年齢:
36歳

広田 存在感がありますね、このワーゲンビートル。バンパーがないほうが美しいことがよくわかります。
担当 形もよりセクシーですね。夜見るとよけいに美しい。
広田 夜目遠目……女性と同じだと。
担当 ああっ、なるほど。勉強になります(笑)。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D80  レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC レタッチ: Capture NXでRAW現像、トーン、カラー調整後、Photoshopにて放射ぼかし 撮影地: 沖縄県 那覇空港

佳作

「STOP!」


作者:
蓮見浩明
都道府県:
埼玉県
年齢:
46歳

広田 テクニックわかりますか? 担当 う~ん。どう撮ったんでしょう?
広田 スローシャッターでねらっています。ジャンボをわずかに動かし、
しゃもじ? をストップさせて印象づけている。考えられた作品です。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC レタッチ: LightroomでRAW現像し、ホワイトバランスとコントラストを調整、トリミング 撮影地: 神奈川県横浜市 横浜ベイブリッジスカイウォーク

佳作

「出航」


作者:
盧青宇
都道府県:
神奈川県
年齢:
31歳

担当 ここ行ったことあります!
広田 女の子と? まぁそれはさておき、横浜ですね。薄暮のいいチャンスで、華やかな作品に仕上げています。やはり夕方って、しびれますよね。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: トキナー AT-X 107 DX Fisheye レタッチ: Photoshop CSにてレベル補正 撮影地: 埼玉県 東武動物公園

佳作

「お散歩」


作者:
岩佐智行
都道府県:
千葉県
年齢:
45歳

担当 これ魚眼レンズを用いているんですね。
広田 今月は4点も魚眼の作品が入りました。みなさん上手です。この作品は補助光線がキーになり、冬の光景に暖かさをプラスしています。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 10D レンズ: トキナー AT-X124PRO DX レタッチ: Photoshop Elements 2.0でトリミング、コントラスト調整 撮影地: 山口県光市 牛島

佳作

「昼下がり」


作者:
内山えいじ
都道府県:
山口県
年齢:
45歳

担当 ひとりひとりにリズムがあって楽しさが伝わってきますね。
広田 ちょっと変わった人物配置で印象的です。で、大事なのはなんでこういう配列の写真なのかということ。作者のハートが乗り移ったような空気感があれば最高なのですが。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D100 レンズ: AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G (IF) レタッチ: Nikon Capture 4にてRAW現像、トーンカーブ調整、コントラスト調整、アンシャープマスク 撮影地: 山形県 蔵王高原どっこ沼 フィルター: UVフィルター

佳作

「雪解けの頃」


作者:
まさ
都道府県:
山形県
年齢:
39歳

広田 どっしりとした構成に、なにを表現したいのかが明確に伝わってくるようす。
担当 写真のシャープさが凛として気持ちがいいですね。
広田 厳しい冬に耐えて何十年、立派に育った樹に作者は温かいまなざしを注いでいます。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF24-105mm F4L IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにてコントラスト調整、RAW現像 撮影地: 静岡県 猪之頭林道 フィルター: PLフィルター

佳作

「高く、もっと高く!」


作者:
篠原幹彦
都道府県:
埼玉県
年齢:
48歳

担当 気分いいでしょうね、こんなに高く舞い上がると。
広田 富士より高い、そう見せるテクニックがいいじゃないですか。構成上パラグライダーの位置が巧みです。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF17-40mm F4L USM レタッチ: SILKYPIXでRAW現像 撮影地: 栃木県下都賀郡 壬生町わんぱく公園

佳作

「見上げた枝垂れ桜」


作者:
粂川明弘
都道府県:
千葉県
年齢:
29歳

担当 サクラの写真なのに迫りくるスピード感を感じます。
広田 見上げた位置がよかったですね。なまじ説明的にしなかったぶん、印象的な作品になりました。前後のぼかし方も心得て作画しているので、安心して鑑賞できます。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop CSにて、トーン調整 撮影地: 神奈川県 江ノ島電鉄鎌倉高校前駅

佳作

「江の電昭光」


作者:
中村昌弘
都道府県:
神奈川県
年齢:
46歳

担当 あ、窓ガラスに江ノ島が映ってる!
広田 まさにそのとおりです。鎌倉高校前ですね。ここは「撮り鉄」の間では、有名撮影ポイントです。夕陽の使い方がうまい。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF70-200mm F4L USM レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0フリー版にてRAW現像後、露出補正、硬調、ナチュラルファインシャープ 撮影地: 群馬県利根郡 水上駅

佳作

「寒~い。」


作者:
木村一博
都道府県:
群馬県
年齢:
47歳

広田 SLファンだとなかなかここまで寄れません。 
担当 全体が大事で?
広田 そう。作者はハイキーにして寒さを誘いました。いいですね。よく寄りました。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D2Hs レンズ: AI AF Nikkor 50mm F1.4D レタッチ: Nikon Capture 4にてRAW現像 撮影地: 神奈川県横浜市 横浜大桟橋 フィルター: ND8フィルター

佳作

「光の船出」


作者:
jinjikojin
都道府県:
東京都
年齢:
43歳

担当 繊細な光が美しい。
広田 氷川丸の手前を遊覧船が抜けていきます。スローシャッター、計算どおりでしたか。ちょっと緊張するそんな瞬間が楽しいです。みなさんもトライしてみてください。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D  レンズ: EF17-40mm F4L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、トリミング 撮影地: 埼玉県ふじみ野市

佳作

「ちいさな恋の物語」


作者:
ダポン
都道府県:
埼玉県
年齢:
35歳

広田 いいですねぇ、ふたりとも新入学かな?
担当 初々しさがにじみ出ています。
広田 カメラ位置を低くとって、サクラが入りました。もうちょい低くてもよかったかな。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: シグマ 18-50mm F2.8 EX DC レタッチ: ImageFilterにてトーンカーブを微調整 撮影地: 東京都江東区 有明

佳作

「結合」


作者:
小林宏昭
都道府県:
東京都
年齢:
33歳

担当 工事中の建造物は、荒々しくて力強いですね。
広田 すこし説明的になりすぎたように思います。作業を終えた夜間の場合、説明より自分の気持ちを明確に表すほうに重点をおいてはどうでしょう。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AI AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF)+AI AF-S Teleconverter TC-14E Ⅱ レタッチ: Nikon Editorにてトーン補正 撮影地: 大阪府交野市

佳作

「きらめきの中で」


作者:
和田昌也
都道府県:
大阪府
年齢:
46歳

担当 この体勢、不思議。
広田 たいへんおもしろい構成です。L字型がユニークです。だいたい細長いものって写しにくいんですよね、割り箸とか旗竿1本なんて。バックも考慮して上手にまとめました。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: Photoshop Elements 2にてレベル補正、トリミング 撮影地: 大阪府堺市 大泉緑地

佳作

「ワ~ッ」


作者:
Tecaso
都道府県:
大阪府
年齢:
56歳

担当 こんな場面に居合わせたことはありますが、すごい慌てぶりです。こう見えるんですね。新鮮です。
広田 冬場のスズメらしい作品です。とっさの撮影でどう写ったか手ごたえがバシッとこなかったかもしれませんが、なにより動きがあるのがいいですね。よく縦位置で撮りました。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ LD Aspherical[IF] レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0にてRAW現像後カラー調整 撮影地: 兵庫県 加西フラワーセンター

佳作

「雨上がりの空」


作者:
松村直樹
都道府県:
大阪府
年齢:
36歳

担当 気持ちよい写真です。
広田 パッキリ原色の美しさにあふれています。この強烈な色彩は若さによるものでしょう。こうした感覚の写真、大歓迎です。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: シグマ 55-200mm F4-5.6 DC レタッチ: Photoshop Elementsにてヒストグラム調整 撮影地: 大阪市 ユニバーサルスタジオジャパン

佳作

「疾走」


作者:
秋津安芸人
都道府県:
広島県
年齢:
50歳

広田 印象的な作品です。
担当 なんで点光源が流れていないんでしょう?
広田 点滅した瞬間を撮ったのかもしれません。細かいライトが魅力をかもし出す役割をしています。全体の構成もいいです。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: トキナー AT-X10-17mm F3.5-4.5 DX Fisheye レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0にてRAW現像後PhotoShop 6.0にてレイヤー合成・色調補正 撮影地: 香川県 太古の森

佳作

「冬枯れの森」


作者:
飯間裕司
都道府県:
香川県
年齢:
34歳

担当 見上げて撮る写真、近ごろ多いですね。
広田 並行的な目線より新鮮な感じがするからでしょう、おおいに賛成です。冬ならではの天空ショーに感動です。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF28mm F1.8 USM レタッチ: Digital Photo Professional 2.1にてRAW現像 撮影地: 東京都港区 六本木ヒルズ

佳作

「イルミネーション」


作者:
伊藤武宏
都道府県:
愛知県
年齢:
36歳

担当 薄紫の印象的なトーンがキレイですね。
広田 魅力的なモデルを、素直に撮影して成功しています。落ち着いた色彩のなかで、セーターの淡いピンクが若々しさをかもし出し、ベテランらしい仕上がりに導いています。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ レンズ: シグマ APO 50-500mm F4-6.3 EX DG HSM レタッチ: Photoshopにて8枚の画像を合成。レベル補正、リサイズ、トリミング、アンシャープマスクを実行 撮影地: 千葉県

佳作

「ダイブ!」


作者:
小林一郎
都道府県:
千葉県
年齢:
55歳

担当 カワセミってキレイで、すばしっこいんですよね。
広田 そこを表現したかった作品です。撮影後のテクニックもみごとで、こうした作業もデジタルならではの楽しみでしょう。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: コニカミノルタ DiMAGE XT 撮影地: 滋賀県長浜市

佳作

「春の季節」


作者:
ジッパー
都道府県:
兵庫県
年齢:
21歳

担当 春がやってきた感じが素直に出ていてよいですね。
広田 そのまんまの状態を日陰で撮っている。そこに作品としての質が感じられます。今回の優秀賞もそうですが、日陰ってうまく扱うと作品にメリハリや深みが出てくるのです。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D2X レンズ: AF-S VR Nikkor ED 300mm F2.8G (IF) レタッチ: Capture NXにて現像。コントラスト、色かぶり補正 撮影地: 北海道 羅臼

佳作

「飛翔、尾白鷲」


作者:
大塚友記憲
都道府県:
北海道
年齢:
26歳

担当 くちばしが鋭い。さすがワシですね、北海道の羅臼だそうです。
広田 悠然と飛翔する姿をこれほどアップで見たのは初めてです。作者は鳥撮ファンでしょうか。姿、バックの環境描写、いずれもみごとです。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: フジフイルム FinePix S5 Pro レンズ: タムロン AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di Ⅱ LD Aspherical[IF]MACRO レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0でRAW現像時にモノクロへ 撮影地: 三重県

佳作

「瞳力」


作者:
西川 修
都道府県:
三重県
年齢:
25歳

担当 いくつくらいでしょう? 子どもでもときおり大人びた表情になりますね。
広田 顔をここまで隠されると見当つきませんが、作者のお子さんでしょう。ちょっとテレながらも信頼している様子が伝わってきて好感がもてます。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF) レタッチ: Capture NXでRAW現像、コントラスト調整。Photoshop CS2でごみ取り、JPEG変換 撮影地: 山梨県 八ヶ岳権現岳

佳作

「魅惑のブロッケン」


作者:
松田裕之
都道府県:
神奈川県
年齢:
38歳

広田 現象もさることながら、写真がいいですね。
担当 本当に、これほどはっきりと写っているの、初めて見ました。
広田 フィルムではここまでの美しさと迫力はなかったでしょう。

 

2007年6月号選考 一般投稿部門 選者:広田尚敬

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF24-105mm F4L IS USM 撮影地: 神奈川県横浜市 都筑区センター南 フィルター: スカイライト

佳作

「まつり」


作者:
鈴木好嗣
都道府県:
神奈川県
年齢:
40歳

担当 元気いっぱいで、かわいらしいなぁ~!
広田 いい被写体を見つけました。写真はまず被写体を見る目です。花も電車も個体が汚れていたりすると、だめ。祭りは華やかでいいですね。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200  レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) レタッチ: Photoshop CS 撮影地: 愛知県名古屋市 東山動物園 プリント: DPEショップにてプリント 用紙: フジフイルム EVERBEAUTY for LASER

優秀賞

「眼光」


作者:
時津伸一
都道府県:
愛知県

真っ赤と黒だけで構成された色彩と、題名にある眼光に迫力を感じます。フラミンゴといえば、群れて優雅に移動する姿を想像しがちですが、作者はファインダー越しに強い視線を感じたのでしょう。私も写真を通じて心の内を見透かされる思いがしました。眼光の鋭さからは生命の力強さを感じさせ、強烈な色彩と相まって存在感のある1枚に仕上がっています。銀塩プリントのため、濃い赤の鮮やかさがよく再現できていますが、色飽和を減少させて細部を再現するとさらに迫力が増すでしょう。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED18-70mm F3.5-4.5G レタッチ: Photoshop CS2にてRAW現像後、トーンカーブ、レベル補正、輪郭強調 撮影地: 奈良県吉野郡十津川村 プリント: エプソン PX-G900 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア〈高光沢〉

準優秀

「山里の春」


作者:
森川光章
都道府県:
奈良県
年齢:
50歳

なんと心なごむ春の景色でしょうか。私は山里で暮らした経験はないのですが、なぜか郷愁を感じ、見るものをやさしい気持ちにしてくれる写真です。小道を歩くハイカーを迎えてくれるのは、自然あふれる環境と菜の花以上に、おばあちゃんの笑顔ですね。背後の山々が地域の情緒を語り、道ばたの花が季節を語っています。おばあちゃんの存在そのものが、幸せと作者の笑顔を感じさせていますね。欲をいえばレタッチで色を調整するときに彩度を少し抑え、カラーバランスを使って黄色が強くなっている土の色の調整を行うとよいでしょう。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF180mm F3.5L マクロ USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像後、Photoshopにてレベル補正、トーンカーブ、アンシャープマスクなどを調整 撮影地: 奈良県 馬見丘陵公園 プリント: キヤノン PIXUS iP7500 用紙: 伊勢和紙Photo とのりこ色

入選

「和の趣」


作者:
前田康隆
都道府県:
奈良県
年齢:
58歳

和紙にプリントされたやわらかなツバキの写真は、題名のとおり、和の趣いっぱいで、まるで日本画のような侘び寂びを感じる作品です。咲き誇る花の姿より、ひっそりと咲くヤブツバキに魅力を感じる心は、まさに日本画の世界といえるでしょう。また、180mmマクロという長い焦点距離の単焦点レンズがもつやわらかな描写をみごとに活かした作風は、作者ならではの世界ができあがっています。アート用紙を使うだけで作品性がアップしたように勘違いする場合も多いのですが、この作品は適切に処理されており、用紙選択も成功しています。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF75-300mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Digital Photo Professionalにて補正 プリント: エプソン PX-G5000 用紙: ピクトリコ ハイグロスフィルム

入選

「朝光」


作者:
坂本忠俊
都道府県:
兵庫県
年齢:

暗く青い樹氷の森の闇に暖かい陽差しが差し込んだ、味わい深い1枚です。樹氷が厳しい環境のなかで暖かくやさしく表現され、見ていて穏やかな気持ちになります。細部描写や微細な細部表現がすばらしく、なによりも刻一刻と変化する朝の光を適切なタイミングでとらえられている点がこの写真のすべてといえます。あえていうならば、藍の世界と淡いオレンジの世界の面積比を撮影時に調整できたら、さらなる味わい深さが与えられたと思います。色彩調節もその後のプリントも適切にコントロールされています。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshopにてレベル補正、色相・彩度補正、トリミング、アンシャープマスク プリント: エプソン PM-3500C  用紙: エプソン 写真用紙

入選

「会場へ繰り込み」


作者:
山田忠男
都道府県:
愛知県
年齢:
73歳

撮影地:岐阜県海津市平田町今尾

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF Zoom Nikkor 70-300mm F4-5.6G レタッチ: Photoshop 5.0にてトーンカーブ、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 長野県 渋の地獄谷 プリント: キヤノン PIXUS Pro9000 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げPro

入選

「不安な気配」


作者:
田村 武
都道府県:
東京都
年齢:
66歳

濡れたニホンザルの毛が、まるでサボテンかハリセンボンのようです。鋭いというより別のなにかに注意を奪われているかのような目は、不安げな感じで妙に人間的で愛らしささえ感じます。地獄谷野猿公苑でのこのサルの生活を想像してしまいます。階調やシャープネスなどがみごとにコントールされたプリントは、サルの皮膚感がきれいに写し出されています。プリント時にどのようにトリミングされたかは不明ですが、少し中途半端ですね。もっと切り取るか少し画面下を広くするか、トライしてみるとよいでしょう。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200  レンズ: AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Capture NXにて調整 プリント: エプソン PM-940C  用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げPro

入選

「醍醐の春」


作者:
柴田直明
都道府県:
長野県
年齢:
57歳

撮影地:京都府京都市 醍醐寺霊宝館庭園

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: タムロン SP AF28-75mm F2.8 XR Di LD ASPHERICAL[IF]MACRO レタッチ: Photoshop 6.0にて調整 撮影地: 神奈川県横浜市 プリント: キヤノン LX 750 用紙: キヤノン プロフォトペーパー

佳作

「都会の女神」


作者:
川原 剛
都道府県:
神奈川県
年齢:
37歳

夕日のなかに立つ勝利の女神「ニケ」を思わす印象的な1枚です。シルエットだけですがコスチュームは活動的なジーンズのようですね。また、動的な前髪から風を感じることができます。背景が都会の港風景であることもふくめ、「ニケ」を連想させる形からくるイメージとの対比がもの語っています。作者は偶然といわれていますが、このカットを選んだ時点で作品には偶然も必然もないと私は思います。惜しいのは背景の空にハッキリしたトーンジャンプが多いことです。なめらかな階調と色彩がポイントとなる作品ですので、レタッチを工夫してみてください。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF) レタッチ: Photoshop CS2にてコントラスト調整 撮影地: 富山県氷見市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン 写真用紙〈絹目〉

佳作

「たゆたう」


作者:
金 雅彦
都道府県:
富山県
年齢:
48歳

けっして色彩が鮮やかなわけではなく、インパクトもないのですが、春の湖面にゆったりと流れる時間を共有したような安堵感を感じました。雲間から差し込む光が作る画面内のやわらかな階調と、微妙で豊富な色彩が、多くの情報を見るものに伝えているからでしょう。よい結果を生んだ要因は、おそらくレタッチを最小限にして、撮影したままに近い状態が幸いしたと思われます。色彩や形がもつ直感的インパクトではなく、長く見ていて飽きない日本画のような雰囲気をもった作品ですね。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF300mm F2.8L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像 撮影地: 愛知県岡崎市 プリント: エプソン PX-G930 用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

佳作

「卒業」


作者:
伊藤武宏
都道府県:
愛知県
年齢:
36歳

ご自身のお子さんなのでしょうか、卒業証書を手に微笑む姿は、定番とはいえ魅力ある作品に仕上がっています。望遠レンズによる背景の処理と、逆光での撮影テクニックなど、セオリーどおりの作品でも、高い力量を感じる1枚です。歓びに満ちたナチュラルな表情は、親戚知人に関係なく、見るものすべてに幸せを感じさせてくれます。非常に残念なのは、プリントの途中でインクがなくなったのか、画面の下で色が変わってしまっています。プリント投稿部門ですが、よい写真はよいという私の判断で佳作としました。しかし、プリントが万全ならばもっと上位に入賞したでしょう。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital レンズ: シグマ MACRO 105mm F2.8 EX DG レタッチ: Photoshop Elements 3.0にてRAW現像 撮影地: 宮城県名取市 高館山 プリント: エプソン PX-930 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア〈高光沢〉

佳作

「曲線美」


作者:
高野 修
都道府県:
宮城県
年齢:
35歳

長い焦点距離のマクロレンズによる背景省略と、緩やかなカーブを描くツタをうまく切り取りました。やわらかな背景の色彩と絶妙なバランス感覚がすばらしいと思います。おそらく現場では見落としてしまうひと枝を1枚の絵にしたところはすばらしいです。しかし、高感度撮影なのでしょうか、ノイズが少し目立ちますね。周囲の明るさや現場の状況は不明ですが、意図して粒状感を作ったようにも感じられません。ノイズのすべてが悪ではないのですが、本作品ではなめらかな階調が印象のやわらかさを強調し、味わいが増すはずです。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM レタッチ: Photoshopにて自動レベル補正 撮影地: 和歌山城公園 プリント: キヤノン MP960 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げPro

佳作

「映る」


作者:
悠々
都道府県:
和歌山県
年齢:
77歳

森のなかの池に映る木立と錦鯉が不思議な世界を作っています。このような作品では重なり合うふたつのイメージを、どこまで隠すか表すかで大きく印象が変化します。両者のバランスは、唯一具体的な被写体である鯉の相対的な大きさがもっとも大きな要素になります。両者をつなぐものは水面であり波紋でしょう。3者のバランスが作品になにをいわせるかを決めるといえます。以上のことをふまえた提案のひとつですが、全体に少しアップにして木のシルエットにより注意が向けられるよう、もう少し画面の上を広く入れて奥行きを感じるようにしてみてはどうでしょう。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: EF70-200mm F4 L IS USM レタッチ: Photoshop 7.0にてトーンカーブ、彩度調整 撮影地: 高知県高知市 プリント: エプソン PM-A890 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア〈高光沢〉

佳作

「よさこいを楽しむ」


作者:
髙橋弘義
都道府県:
兵庫県
年齢:
63歳

応募していただいた数点の「よさこい」の写真のなかから弾けるような1点を選びました。汗や表情、そして大胆なフレーミングがもつ若さの表現は、シンプルな画面構成ながら祭りの状況を十二分に語っています。若干のぶれや後ピンが気にならない、ありあまるエネルギーを感じます。なによりこの瞬間をとらえた作者の力量はすばらしいと思います。でもやはり、光る汗や若い肌の表現にはもう少しピントが合っていたほうがよいでしょう。激しい動きのなかで集中して多くの枚数を撮らないといけないと思いますが、その努力は十分に意義があります。

 

2007年6月号選考 カラープリント投稿部門 選者:小山壮二

SPEC

カメラ: ニコン D40  レンズ: シグマ APO 50-150mm F2.8 EX DC HSM レタッチ: Capture NXにてカラーコントロールポイントで花の明るさを調整 撮影地: 栃木県 あしかがフラワーパーク プリント: エプソン PM-3700C  用紙: TDK 写真用紙フォトグレード(光沢紙タイプ)

佳作

「美人花」


作者:
鈴木温史
都道府県:
埼玉県
年齢:
48歳

可憐なユキヤナギの白い花が、赤い花と思われるぼけた暗めの背景に映えています。色調も少しクールで鮮やかさを抑え、手描き友禅の文様のような印象ですね。フレーミングもあえて緊張感をもたせずざっくりと切り取ったところに好感がもてます。背景の赤さはよいのですが、チューリップらしき認識ができてしまいます。もう少しボケを強くして単なる色としてとらえたほうが、ユキヤナギに意識が集中してまとまりのよい写真に仕上がったと思います。少し広く撮影して枝の流れや、花の分布にリズム感を感じさせる工夫をすることで、さらに完成度が増すでしょう。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N  レンズ: EF-S18-55mm F3.5-5.6 Ⅱ USM  レタッチ: Photoshopにてトーンカーブ調整、レベル補正、モノクロ化 撮影地: 大阪府 プリント: エプソン PX-5500 用紙: エプソン フォトマット紙

優秀賞

「木々の間」


作者:
納 理香
都道府県:
大阪府
年齢:
30代

作者のコメントから、森林公園に遊びにいったときに見つけた風景とのことです。縦に流れる細い木々の線と、それを囲む上下左右の木々や草が、大きなフレームのなかに小さなフレームをたくさん作っています。横に流れる弧を描くような遊び場の線も、この作品の内容構成に力を添えています。シャドウ部分は、シルエットになりながらも階調がよく出ています。遊んでいる親子の姿が木々の間に絶妙なバランスでちりばめられて、まるで童話の小人の国に迷い込んだような気持ちになり、思わずその小さな姿をひとりひとりのぞき込んでしまいます。偶然の出合いを敏感にとらえ、大胆な構図のなかに繊細な表現力の感じられる作品です。マット紙を使ったプリントの階調性も、豊かで美しいものです。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコン D200  レンズ: AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF) レタッチ: Photoshop CS2にてRAW現像、チャンネルミキサーにてモノクロ化、コントラスト調整、トリミング 撮影地: 富山県高岡市 プリント: エプソン PX-5500  用紙: PCM竹尾 かきた

準優秀

「擬態する大根」


作者:
金 雅彦
都道府県:
富山県
年齢:
48歳

春になり、雪の下から大根が顔を出したところです。じっと見ているとメロンに見えたり、タコの足のように見えるので、このようなタイトルになったとのことです。たいへん美しいプリントです。残念ながら誌面ではわかりづらいかと思いますが、この大根のオリジナルプリントには、言葉では表現できない繊細で美しいニュアンスがあり、葉の一枚一枚、そして放射状に伸びる葉柄の部分のトーンが、厚手のファインアート紙を使って階調豊かに表現されています。主題が白い雪のなかにシンプルに表現されたことも、この作品の成功につながっています。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 30D レンズ: タムロン SP AF17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] レタッチ: Photoshopのチャンネルミキサーにてモノクロ化 撮影地: 静岡県浜松市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げPro

入選

「屋根上の怪人」


作者:
鈴木由雄
都道府県:
静岡県 55歳

屋根の上で私たち地球人をながめながら、怪人たちがなにやら行動を始めようとしています。この怪人たちは雲の浮かんでいる空からやってきたのでしょうか。よく見ると怪人の正体は工場の煙突ですが、それはどうでもよいこと。階調がなめらかで、切れ味のシャープなプリントです。鈴木さんはこのほかにも数点応募してくださいました。どの作品にも個性的な味がジワッと感じられ、1枚を選択するのに苦労しました。現代的な視点を感じさせるこの作品はとくに新鮮でした。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン PowerShot G7  レタッチ: Photoshopにてモノクロ化、トーンカーブ調整  撮影地: 静岡県島田市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: フジフイルム 画彩 写真仕上げPro 

入選

「桜坂」


作者:
鈴木 元
都道府県:
静岡県
年齢:
51歳

満開になった桜が雪のように散り、風が吹いて道路の隅や溝に吹き溜まります。春には桜の写真がたくさん発表されますが、この作品は道路やコンクリートの壁の作り出した抽象的な形と、小さな桜の花びらの優しさが競演した個性的で美しいものになっています。用紙については、光沢のないコットンのファインアート紙で表現してみるのもよいかもしれません。シャドウ部のトーンの魅力が引き出され、桜の花びらのやわらかい感触もより繊細に表現できるのではないかと思います。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: シグマ 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0にてモノクロ化 撮影地: 神奈川県茅ヶ崎市 プリント: エプソン PX-5500 用紙: 三菱製紙 GEKKOブルー・ラベル

入選

「そろい咲き」


作者:
はっし
都道府県:
神奈川県
年齢:
58歳

花を被写体にした作品は数が多く、雰囲気も似通ったものが多いので優劣をつけがたいのですが、この作品には見る人に有無をいわせない美しさが感じられます。咲きそろっているハナニラの美しさが、ぜいたくな表面仕上げの半光沢ペーパーからあふれ出ています。グレーの調子がプリントのダイナミックレンジいっぱいに表現されており、アンセル・アダムスの確立したゾーンシステムの手法による銀塩写真を彷彿とさせます。オーソドックスな被写体と構図でありながら、それを忘れさせる魅力をもった美しい作品です。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital  レンズ: タムロン SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO レタッチ: SILKYPIX Developer Studio 3.0にてモノクロ化 撮影地: 岐阜県恵那市 プリント: エプソン PX-G930  用紙: エプソン フォトマット紙

入選

「初恋の思い出」


作者:
宇佐美隆介
都道府県:
愛知県
年齢:
30歳

作者のコメントによると、被写体は大正時代の蓄音機で、モノクロにより懐かしさを表現したとありました。ご覧のとおり、その試みはとてもよい結果になりました。蓄音機のアームの曲がっている形が力強く、美しく表現されていて、それが見る人を画面に惹きつけます。このような写真を眺めていると、写真のもつ不思議な魅力を感じないわけにはいきません。被写体が発する微細な信号を、鋭い美的感覚でとらえた魅力ある作品です。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: シグマ 24-70mm F2.8 EX DG MACRO レタッチ: Photoshopにてモノクロ化 撮影地: 東京都港区 お台場 プリント: エプソン PX-G900 用紙: ピクトリコ ベルベッティ・ペーパー

入選

「午後の空を見上げれば」


作者:
アズマサトシ
都道府県:
埼玉県
年齢:
44歳

海のそばで、午後遅くに空を見上げたときに撮影された作品でしょうか。シルエットになっている照明灯と、空にある強調された雲が不気味な関係を作り出しています。複雑な現代社会のなかに生きる作者の気持ちが、抽象的に生々しく表現されている強さが感じられます。作者は、ほかにも光を巧みに扱った美しい女性ポートレートのプリントを応募してくださいましたが、この作品はとらえている視点がより個性的に感じられました。原画からこの最終的な調子を引き出すには少し無理があるようですので、撮影時から最終プリントをイメージした作品制作を心がけることをおすすめします。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: パナソニック LUMIX DMC-L1 レンズ: LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5 ASPH. MEGA O.I.S. レタッチ: カメラ側でモノクロ化 撮影地: 兵庫県神戸市西区 プリント: エプソン PX-G5100  用紙: エプソン 写真用紙クリスピア〈高光沢〉

佳作

「まちくたびれたイスたち」


作者:
小山卓司
都道府県:
兵庫県
年齢:
39歳

公園に並んだイスとベンチが、なにやら話しかけてくるような不思議な雰囲気のする写真です。このような心象風景を描写した写真は、写真のもつ記録性・写実性を強調するのか、絵画のような表現性を強調するのか、その内容によって制作の際に迷うところですが、応募された作品はその中間をとっています。表現したい内容に合ったプリントの調子を追求すると、さらに印象的な作品に仕上がると思います。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ニコンD200 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: デジカメde!!フォト工房PREMIUMにてモノクロ化 プリント: エプソン PX-5500  用紙: エプソン 写真用紙〈光沢〉

佳作

「水あそび」


作者:
大滝俊隆
都道府県:
千葉県
年齢:
66歳

手からはじける水しぶきの巧みな描写をとおして、水と戯れる子どもの心をみごとにとらえた動きのある作品です。夏の暑い日に撮影されたものでしょうか。背景に朝顔の植木鉢が見えます。画像調整とプリント制作にもうひと工夫すると、この魅力的な原画からさらにレベルの高い表現が引き出せるのではないかと感じます。用紙の選択も作品の印象に大きな影響を与えます。いろいろと試してみるのもよいでしょう。撮影後のプリント制作に時間をかけることにより、作品作りもさらに高度なものになります。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF35-350mm F3.5-5.6L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、Photoshopにてモノクロ化、トーンカーブ調整、焼き込み、覆い焼き、アンシャープマスク適用 撮影地: 千葉県松戸市 プリント: エプソン PX-G920 用紙: エプソン 写真用紙クリスピア〈高光沢〉

佳作

「記憶」


作者:
橋本昭秀
都道府県:
千葉県
年齢:
43歳

レトロなデザインが懐かしい雰囲気を発していた三輪車に、作者は思わず足を止めて撮ったそうです。その表現がみごとに成功しているこの作品は、見れば見るほど、感覚がじわじわとタイムスリップしていきます。ピントが甘い描写も、まさにその時代に撮られたものではないかと感じてしまうような不思議な雰囲気をもった作品です。背景のぼけた地面も雰囲気をかもしだしています。作者のもつ鋭い感性を感じさせる作品です。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ソニーα100 レンズ: コニカミノルタ AF 24-85/3.5-4.5 レタッチ: Photoshopにてトリミング、プリンタードライバでモノクロ化 撮影地: 岐阜県可児市 プリント: キヤノン PIXUS Pro9000 用紙: ピクトリコ ハイグロス・フォトペーパー

佳作

「卒業の日・最後につないだ手」


作者:
三宅孝秀
都道府県:
岐阜県 43歳

中学卒業のときの、恩師に向けての合唱のひとコマを撮影した作品です。ともに過ごした思い出深い中学時代に別れを告げ、これから大きく旅立っていこうとしている生徒たちの希望に満ちた姿が、新鮮な感動を呼びます。とくに、連なった顔のラインが望遠効果で圧縮され、リズミカルに表現されているのが雰囲気を盛り上げています。画面の中心で手をつないでいる様子がとらえられている点にも、作者の細やかな感性が感じられます。この写真は暗部の調子とハイライトの調子が対照的ですので、黒のよく締まるマット系のペーパーを使って、細部のやわらかい表現を保ちながら全体をきりっと引き締まった調子に仕上げると、訴求ポイントがより鮮明になると思います。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 20D レンズ: EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像、Photoshopにてトーンカーブ調整、アンシャープマスク適用。プリンタードライバにてモノクロ化 撮影地: 三重県 プリント: エプソン PX-5500 用紙: キヤノン ファインアートペーパー・フォトラグ

佳作

「晩夏」


作者:
山童賢洛
都道府県:
愛知県
年齢:
43歳

夏の夕立のあと、暗くなった漁港に山側から差してきた光をとらえた美しい作品です。蒸し暑い、夕暮れの漁港の空気感が伝わってきます。誌面ではわかりにくいかもしれませんが、プリントには山、海、そして手前の地面までの調子が、すばらしくなめらかな階調で表現されています。ハイライト部に紙の白をまったく出していない、全体的にローキーのプリントですが、薄暗い夕暮れの空気感がよく出ていて、気がつくと暗い景色を見ようと、しっかりのぞき込んでいます。叙情詩的な魅力をもつ作品です。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: キヤノン PowerShot Pro1 レタッチ: Photoshop CS2にてレベル補正、トーンカーブ調整、シャープネス補正。Easy-PhotoPrint Proにてモノクロ化 撮影地: 埼玉県川越市 プリント: キヤノン PIXUS Pro9000 用紙: キヤノン ファイン アートペーパー・プレミアム マット

佳作

「暮れるころ」


作者:
小江戸ジロウ
都道府県:
埼玉県
年齢:
65歳

一日の活動を終えた大根が、日が沈んだあとの美しい空に向かって深呼吸しています。空の階調が美しく表現されていて、大根を見ようと思いながらも思わず空に目がいきます。この作品は、大根と大自然との関係を、スピリチュアルに表現しています。大根の描写がほとんどシルエットになって単純化されていますが、美しいグレーの空の調子を保ちながらも、葉っぱの裏側の暗い細部まで見えるような描写に挑戦してみると、さらに味わい深い写真に仕上がるのではないかと思います。このような描写をするには撮影時の被写界深度、画像調整時のトーン調整を考慮した撮影時の露出決定など、奥の深い技術の課題もあります。

 

2007年6月号選考 モノクロプリント投稿部門 選者:春日広隆

SPEC

カメラ: ペンタックス *istD レンズ: smc PENTAX-FA Soft 28mm F2.8 レタッチ: Photoshop CS2にて色相・彩度、シャドウ、ハイライト調整、モノクロ化 プリント: エプソン PX-G5000 用紙: エレコム 絹目の最上級写真用紙

佳作

「早春」


作者:
つゆひかる
都道府県:
静岡県 58歳

夕暮れに野焼きを終えて帰る老人。遠くに見える森の向こうに家があるのでしょうか。手には杉の小枝と鎌が見えます。老人の後ろ姿には、長い間生きてきた人生のドラマが感じられます。ソフト効果の適用を撮影時に行って、時間の感覚を表現した絵画的な作品です。このような特殊効果による表現は、銀塩処理においては撮影時に行うことが多いのですが、デジタル処理の場合は撮影後に画像調整で行うことができます。このため、時間をかけていろいろな方法を試行錯誤でき、表現の幅が広がります。

 

2007年6月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: ペンタックス *ist DS レンズ: FAマクロ100mmF3.5 レタッチ: Photoshop 6.0にてレベル補正 撮影地: 神奈川県横浜市 三ツ池公園 プリンター: エプソン PM-G800 用紙: コニカミノルタ Photolike QP フォト光沢

優秀賞

「雨の藪」


作者:
山田益夫
都道府県:
神奈川県
年齢:
65歳

ひとつひとつの写真がきれいにまとまっています。被写体をよく見ているからこそ、こういった写真を撮ることができるのでしょう。1枚目の写真は、バッタの配置やフレーミングがみごとに決まっていますし、3枚とも背景のぼかし方がとてもいいです。組写真としても、昆虫なら昆虫で完結してしまう作品が多いなか、この作品はうまく変化をつけながら統一感をもたせることに成功しています。マクロレンズをのぞいて雨滴の美しさにびっくりした、というコメントがありましたが、そのハッとする感じを大事にして、レンズを向けてではなく、日常的に感じるように訓練していけば、このような作品をたくさん撮ることができるでしょう。3枚目の左側の枯れ草が気にはなりましたが、その減点分をカバーしてあまりあるすばらしさを感じさせます。

 

2007年6月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: 1枚目、3枚目 パナソニック LUMIX DMC-FZ50、2枚目 キヤノン PowerShot S2 IS レタッチ: 1枚目、3枚目 SILKYPIX Developer Studio 2.0SEにてRAW現像。3枚ともトーンカーブ、彩度補正、トリミング 撮影地: 1枚目、2枚目 長野県長野市 3枚目 長野県千曲市

準優秀

「フェイスマン」


作者:
増田 恵
都道府県:
長野県
年齢:
36歳

3枚目は一瞬スッポンかなにかの顔かと思ったんですが、木だったんですね。おもしろい被写体を見つけるセンスは抜群だと思います。そして、2枚の動物の写真と組み合わせることで、3枚目が活きている。これぞ組写真のおもしろさといえるでしょう。自然のおもしろさと動物のおもしろさがうまく組み合わさっています。2枚目のウシの顔をイメージ的にとらえていればもっとユーモアがあって、よりよかったかと思います。

 

2007年6月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一







SPEC

カメラ: 1枚目 ソニー Cyber-shot DSC-F707、2枚目、4枚目 オリンパス E-300、3枚目 コニカミノルタ DiMAGE A2 レンズ: 2枚目、4枚目 オリンパス ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 レタッチ:Photoshop Elements 5.0でモノクロ変換、アンシャープマスク    撮影地: 1枚目 北海道函館市 五稜郭公園、2枚目、3枚目、4枚目 北海道札幌市 西岡公園

入選

「樹~春夏秋冬」


作者:
長谷川和成
都道府県:
北海道
年齢:
36歳

1枚目のサクラの写真は、拍手喝采を送りたくなるほどすばらしいです。赤外効果による写真のような不思議なコントラストのモノクロ写真を見て、アマチュアからも学ぶことがある……と思いました。ただし、組写真として見ると、テーマにしている春夏秋冬を表現できているのかというと疑問で、それぞれの写真からは季節感を感じることができません。武器となる技術はもっているので、さらに磨きをかけて再チャレンジしてみてください。期待しています。

 

2007年6月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: キヤノン EOS 5D レンズ: EF35-350mm F3.5-5.6L USM レタッチ: Digital Photo ProfessionlにてRAW現像、Photoshop CSにてトーンカーブ、アンシャープマスク、トリミング 撮影地: 1枚目 東京都江戸川区、2枚目 千葉県千葉市、3枚目 千葉県市川市

入選

「生きるために」


作者:
橋本昭秀
都道府県:
千葉県
年齢:
46歳

迫力、バランス、光のとらえ方、そのすべてに強い個性が出ている作品です。瞬間をとらえた写真をこのようにまとめることができるというのは、自然に目をよく傾けて、自分のスタイルを築くことができている証ともいえるでしょう。こういった写真を100点くらいまとめて写真集にしたら、すごい作品になるかもしれません。ただし、もうひとつ決め手に欠けるようにも感じます。個性を大切にしながら、撮影する対象物を広げていけば、もっとよくなっていくでしょう。

 

2007年6月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: ニコン D80 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Photoshop CS2にてRAW現像、1枚目 トリミング 3枚ともホワイトバランス調整 撮影地: 大阪市 八幡屋公園

佳作

「日の沈む時…」


作者:
仲田隆司
都道府県:
大阪府
年齢:
36歳

全部通して見たときに感じるものがあるというのが、組写真では大事になってきます。その点この作品は優秀で、1枚ずつだとふつうの写真なんですが、これらを並べることでほのぼのとしたイメージを感じさせます。また、それぞれの写真のレンズの選択、色、構図もしっかりしています。トータルのバランスと変化のつけ方はうまいので、もうひとつ際立たせるなにかがあれば、もっと上位をねらうことができるでしょう。

 

2007年6月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) レタッチ: Nikon Capture 4にてRAW現像、Photoshop CS2にてレベル補正、トーンカーブ、スマートシャープ 撮影地: 青森県 十和田湖

佳作

「氷の造形」


作者:
菅原春彦
都道府県:
秋田県
年齢:
41歳

タイトルのとおり「氷の造形」をみごとに切り取った、たいへんきれいな作品です。きれいに撮る腕は確かなのですが、遠まきに見ていて、気持ちがもう一歩つっこんでいないためか、迫力に欠けます。もっと寄って見るなどすれば「え?こんなふうだったんだ」と思わせる、見過ごしているものが見えてくるでしょう。そういった写真を組み合わせれば、より輝きのある作品に仕上げることができます。

 

2007年6月号選考 組写真投稿部門 選者:野村誠一





SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital レンズ: タムロン AF28-300mm Ultra Zoom XR F/3.5-6.3 LD Aspherical(IF)MACRO レタッチ: Photoshop Elements 3.0 にてRAW現像 撮影地: 宮城県名取市 高館山

佳作

「冬の湖畔」


作者:
高野 修
都道府県:
宮城県
年齢:
35歳

対象物は異なるのですが、光、コントラストに統一感があり、また露出もバランスがとれているのでバラつくことなくきれいにまとまっています。一見モノトーンに見えるけれども微妙に色がある、というのもいいですね。ただ、まとまりすぎていて、見た瞬間のインパクトが弱いのが残念です。この作品に関しては、データよりプリントのほうが美しさを強調することができたかもしれません。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ N レンズ: EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM レタッチ: SILKYPIX JPEG Photography 3.0にて、ホワイトバランス、コントラスト、カラー調整、トリミング 撮影地: 宮崎県 新田原基地

優秀賞

「空へ」


作者:
zero
都道府県:
宮崎県
年齢:
35歳

大空を華麗に舞うブルーインパルスを、とてもよくとらえています。ブルーインパルスもさることながら、画面内に上手にスモークを入れ、シンプルな構図ながらも迫力ある作品となりました。ブルーインパルスの機体のシャープさと、スモークの弧を描いたような曲線のアンバランスさ、そして青空と白い機体とスモークをうまく配置して、画面上を青と白のシンプルな色構成にした点が、この作品をよりいっそう魅力的にした気がします。撮影後にホワイトバランスやコントラスト、カラーなどを調整したようですが、撮影の段階でピントや露出などが、きちんと適切に撮られているので、多分それほど後処理をしなくてもいい作品だったのではないかと思います。撮影の技術的なレベルも高い作者ですが、この作品を見る限りでは、写真の見せ方もたいへん上手な方だとお見受けします。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ソニー α100 レンズ: コニカミノルタ AFアポテレズーム70-200mm F2.8G(D) SSM レタッチ: Image Data Converter SR、Photoshop Elementsにてトリミング、彩度:+10、シャープネス:+10 撮影地: 茨城県つくば市 フィルター: C-PLフィルター

準優秀

「桜桃の囁き」


作者:
川端伸一
都道府県:
茨城県
年齢:
46歳

今月は季節柄、たくさんの花の作品が届きました。そのなかで、この作品がいちばん目を引く作品でした。タイトルが「桜桃の囁き」となっていますが、本当にこの花の囁きが聞こえてきそうな感じがします。夕方で太陽が雲隠れしてしまい、条件の悪いなかで撮影されたようですが、それがかえってよかったのかもしれません。この作品は花のもつやわらかさをどこまでもよく表現されていると思います。ソフトななかにもピントはきちんとシャープにきていますし、背景の処理もとてもていねいです。次回作も期待しています。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS D30  レンズ: EF70-300mm F4-5.6 IS USM レタッチ: Photoshop Elements 3にてコントラスト補正、トリミング 撮影地: 千葉県千葉市 千葉市動物公園

入選

「あ~ん!」


作者:
青木清子
都道府県:
千葉県
年齢:
47歳

カメラを向けて話しかけたら、大きな口を開けてポーズをとってくれたとのことですが、いいシャッターチャンスをとらえましたね。この鳥、私もよく知っています。千葉市動物公園にいるのですが、非常に個性的で愛きょうのある鳥ですよね。余計なものを入れずに、この鳥の顔をアップでとらえたことがよかったです。動物園の動物たちの写真は、引いた写真が多いなかで、この作品のようにアップでとらえると新鮮に感じます。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D70 レンズ: タムロン SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD ASPHERICAL [IF] Macro レタッチ: Nikon CaptureにてRAW現像、色調補正 撮影地: 植物園

入選

「かくれんぼ」


作者:
さち
都道府県:
愛知県
年齢:
21歳

かわいい甥っ子ですね。作者に甥っ子がとてもよくなついているのがわかります。作者が彼のことを「あまりにもかわいい!!」と思う気持ちと、彼の作者に対する愛情とが、この1枚には凝縮されている気がします。背景の処理もよく、モデルの甥っ子がとても引き立つ構図になっている点も評価しました。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D80  レンズ: AI AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D(IF) レタッチ: アップル iPhotoにてシャープネス、セピア補正

入選

「holy cat」


作者:
きっさごん
都道府県:
埼玉県
年齢:
34歳

不思議な感じのする作品です。うまいぐあいにネコにだけ光が当たり、幻想的な空間ができました。セピア調にしたこともこの作品の場合はよかったです。動物写真は、動物たちが言葉をしゃべれないぶん、目を中心とした表情が大切なのですが、このなにかを訴えかけるような悲哀な感じのする目が、この作品のいちばん魅力的なところです。作者は「木を切らないで……」といっているように感じたようですが、そんなネコの気持ちがよく表現されています。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ニコン D200 レンズ: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G (IF) レタッチ: トリミング 撮影地: 愛知県常滑市 中部国際空港

入選

「初離陸」


作者:
新海徳栄
都道府県:
愛知県
年齢:
61歳

なんてことはない離陸の瞬間ではあるのですが、この作品を見る限り、作者は相当ハイレベルな技術をお持ちの方だと思われます。レタッチなどはまったくされていないようですが、とにかく構図もピントも露出もすべてがパーフェクトに近いという気がします。最初に撮影に行かれた日が強風のため離陸できず、翌日に再度この機体の初離陸を撮りに行かれたようですが、そんな根気強さも賞賛に値します。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: パナソニック LUMIX DMC-FZ50  レタッチ: Photoshop Elementsにて色調調整、明るさ、コントラスト調整 撮影地: 奈良県宇陀市大宇陀区本郷

入選

「又兵衛と桃」


作者:
めぐ911
都道府県:
大阪府
年齢:
56歳

奈良の大和路にある樹齢300年の有名な又兵衛桜を撮られた作品です。背景には桃の花が咲き、この季節には大勢の観光客でにぎわうようです。作品はこの又兵衛桜をオーソドックスに撮られています。やはりこの桜に魅せられる部分は大きいですが、背景の色みが桜と桃のよさを引き出しています。余計なものを入れずにシンプルに撮られた点がよかったと思います。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ペンタックス K10D レンズ: シグマ 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO レタッチ: Photoshop 7にてソフト加工、コントラスト、レベル補正 撮影地: イギリス

佳作

「光と陰」


作者:
木村謙介
都道府県:
イギリス
年齢:
32歳

自宅近くの柳の木を撮影された作品ですが、撮影地がイギリスとのこと。とてもステキなところにお住まいで、うらやましい限りです。ヨーロッパで撮影していると、独特の空気を感じることがありますが、この作品にはそれがよく出ていますね。写真は光を読むことから入りますが、この作品もやわらかい太陽の光をじつによく表現されていると思います。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital N レンズ: トキナー AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5 レタッチ: ZoomBrowser EXにてRAW現像 撮影地: 沖縄県 辺戸岬

佳作

「でんでん・かり」


作者:
畔柳満久
都道府県:
愛知県
年齢:
38歳

沖縄の岬で見つけたカタツムリが、拾ってみたら足があり、カタツムリの殻を借りたヤドカリであることが判明。そのヤドカリを写した作品ですが、構図のすばらしさが目を引きました。背景の青空と緑。そして、この指が個性的な作品にしましたね。ヤドカリを普通に撮影していたら、つまらない作品になっていたと思います。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X  レンズ: EF55-200mm F4.5-5.6 Ⅱ USM レタッチ: Photoshop CS2にてトリミング 撮影地: 岡山県岡山市 半田山植物園

佳作

「春の訪れ~翔~」


作者:
かめっくす
都道府県:
岡山県
年齢:
36歳

春という季節を、桜とメジロを組み合わせて、うまく表現しています。シャッターのタイミングもとてもよく、撮影した瞬間に「やった!!」と思われたのでは? メジロの目が、とてもいきいきとしていますし、桜を入れたことで季節感のある作品になりました。作者は小鳥の撮影に夢中になっているそうですので、また小鳥と花を絡めた季節感のある作品を期待しています。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS Kiss Digital X レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM レタッチ: ZoomBrowser EXにて、コントラスト調整、アンシャープマスク処理 撮影地: 静岡県 日本平

佳作

「天を突く!」


作者:
石川拓実
都道府県:
愛知県
年齢:
39歳

「天を突く!」というタイトルがピッタリとマッチしていますね。この作品は、コントラスト調整とアンシャープマスクをうまく使っていると思います。それぞれの色みのコントラストを上げることによって、力強さが増していますし、雲もうまく配置されています。何気ない日々の風景も、表現のしかたひとつでおもしろくなりますね。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS 10D レンズ: EF20-35mm F3.5-4.5 USM レタッチ: Photoshop CSにてRAW現像、モノクロ化 撮影地: 東京都千代田区 日比谷公園

佳作

「帰り道」


作者:
トニー下谷
都道府県:
神奈川県
年齢:
27歳

日比谷公園を歩くサラリーマンをうまく表現しています。この写真は、モノクロ化したことがすべてですね。日本のサラリーマンを撮ると、こんな感じになるんでしょうね……。仕事が終わって帰る、疲れた感じのサラリーマンの哀愁がよく出ています。空間の使い方も上手です。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: ペンタックス K100D レンズ: DA 18-55mmF3.5-5.6AL レタッチ: LightroomにてRAW現像後、JPEG変換。彩度調整にてレッド、オレンジ、イエローを-100、アクア、ブルー、パープルを強調 撮影地: 東京都中央区 浜離宮恩賜庭園

佳作

「妖しく咲く」


作者:
ふみまろ
都道府県:
東京都
年齢:
36歳

撮った素材をそのまま応募したのであれば、きっとそれほどインパクトはなかったのでしょうが、この作品はとにかく、後処理のうまさを評価しました。魅せる技術がモノをいいましたね。デジタルならではの作品だと思います。初めてデジタル一眼レフで撮影した作品とのことですが、写真を見る目をもっていなければ、こういう魅せ方はなかなかできないはずです。

 

2007年6月号選考 入門投稿部門 選者:櫻井由美

SPEC

カメラ: キヤノン EOS-1D MarkⅡ N レンズ: EF70-200mm F2.8L IS USM レタッチ: Digital Photo ProfessionalにてRAW現像 撮影地: 北海道阿寒郡鶴居村 鶴居伊藤 サンクチュアリ

佳作

「朝日の中で」


作者:
川嶋和久
都道府県:
北海道
年齢:
49歳

北海道の大自然のなか、すばらしい作品が撮れましたね。タンチョウの配置といい、色みといい、作者のセンスのよさを感じます。作品のもつ雰囲気が独特で、とても惹きつけられるものがありました。今後も北海道がもつ壮大な空気感を感じられる作品を数多く撮り続けてください。期待しています。

 


デジタルカメラマガジン フォトコンテスト結果発表

デジカメエキスパート虎の巻